スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライド天国/ライ・クーダー

ダイアー・ストレイツの記事で出てきました、ライ・クーダーですが(その時の記事はこちら)、その時はライ・クーダーのことは、どんな音楽なのかもまったく知りませんでした。

色んな曲を聴きたくて、新しいミュージシャンにアンテナを張っていたいた時のこと、CMで流れていたやけに渋くカッコいい歌とギター。
それが、ライ・クーダーでした。

CMはパイオニアの「ロンサム・カウボーイ」で、曲は「アクロス・ザ・ボーダー・ライン」と「ビッグ・シティ」。
両曲共に良い曲ですが、特に、アコースティック1本の伴奏による「ビッグ・シティ」は耳に残りました。

で、早速その曲が入っているアルバムを買いに行きました、

スライド天国

スライド天国1982年発売で、国内盤は上記2曲を追加収録した特別編集です。
(ということは原盤というか輸入盤を買うと、その2曲は入ってなかったの?それでは困ります)

ライ・クーダーという人は様々なルーツ・ミュージックを吸収・消化して、それを自分の音として表現していく、音楽家としての才能がすごいのでしょうが、やはり、当時初めて耳にして、自由自在のそのスライド・ギターの素晴らしさにまず驚きましたね。
(それまで耳にしていた、いわゆるブルースのスライド・ギターとは、まるで違っていたので)
何と言ってもアルバム・タイトルの原題が「THE SLIDE AREA」ですからね。

アルバム通して、曲もギターも聴きごたえがありますが、ミディアム・テンポの各曲が秀逸ですね。
「愛とはいつもこんなもの」とかは、改めて聴くとしみますねぇ。

ライ・クーダーはこの時点で、既にソロ.アルバムを何枚も出していたので、改めて時代をさかのぼりながら、それらのアルバムを聴くことになりました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、輸入盤には記事中のCM曲は入ってないと思うので注意してください。

◆iTunes StoreでThe Slide Area - ライ・クーダーをチェックする。


※う〜ん、iTunes Storeのほうにも記事中のCM曲は入ってないようですね〜

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ライ・クーダー スライド天国 スライド・ギター

悪い星の下に/アルバート・キング

前回の記事で書きましたが、クラプトンの「マネー・アンド・シガレッツ」に入っていた、「クロス・カット・ソウ」のアルバート・キングのバージョンが聴きたくて、探していたということもあったのですが、それ以前にこのアルバムはアルバート・キング名盤中の名盤なので、聴かない訳にはいきませんよね。

すると、何とタイミングの良いことか、ほとんど探すことなく見つけることが出来ました。
その前年にも出ていたんですよね(本当にたまたまなんです)、

悪い星の下に

悪い星の下にオリジナルは1967年の録音で、買ったのは1982年発売の国内盤です。
「悪い星の下に」に「クロス・カット・ソウ」、「ラーンドロマット・ブルース」に「アズ・ジ・イヤーズ・ゴー・バッシング・バイ」等々、名曲と呼ばれるものが並び、たまりません。
(当然、名曲だと知ったのは後になってからですが)

荒々しく叫ぶ訳でもなければ(どちらかと言うとこもっている声)、ギターを弾きまくる訳でもない。
しかし、もの凄い迫力。
ギターの音色自体はクリーンですが、鋭く、時には切り裂くようで、チョーキングが決まるとゾクッときますね。
言葉では言い表せません。
「クロス・カット・ソウ」もクラプトンより、こちらの方がすぐに好きになりました。

どっしりとしたブルース感満載なんですが、歌を聴いているとソウルフルとも言えるのでしょうか。
それに、スローテンポであろうと、ファンキーとも言えますよね。

バックはブッカー・T&ザ・MG'sにメンフィス・ホーンズによるスタックスのサウンドですから間違いなくかっこいいです。
(といっても、当時はブッカー・T&ザ・MG'sは知らなかったのですが…)

これは最高です。名盤です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorn Under a Bad Sign - Albert Kingをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : アルバート・キング 悪い星の下に クロス・カット・ソウ

新譜で買う喜び〜マネー・アンド・シガレッツ/エリック・クラプトン

高校生の頃、ブルースや昔のロック等、気に入った音楽がたまたま古いだけで、何も新譜を避けていた訳ではありません。

ですから、前回の記事のストーンズのように、お気に入りのミュージシャンの新譜が出て、それを購入できるときの喜びは相当なものです。
たとえ、それが以前のスタイルとは変わっていてもです。

「あ~、あのミュージシャンの新譜なんだ~」

と、憧れて聴いていたミュージシャンとの間で途切れていた時間の流れが、ようやくつながった気がして、と、ほとんど自己満足なんですが…。

そんな1枚が、エリック・クラプトンの1983年発売の、

マネー・アンド・シガレッツ

マネー・アンド・シガレッツクラプトンのそれ以前のアルバムは既に結構聴いていましたし、アルバムも数枚入手していたのですが、新譜でレコードを手にしたのはこれが確か初めてです。

アルバムの評価自体はあまり耳にしないので、そう評価はされていないのでしょうが、前述の通り、クラプトンと自分との間で途切れていた時間の流れをつないでくれて、同時代にしてくれたアルバムですから(笑)、評価云々よりも、うれしい方が勝っていました。

確かに渋さが減って、全体的に軽くポップな感じが占めていますね。そこら辺が評価が分かれる原因でしょうか?

とはいえ、どの曲もリラックスしたクラプトンのギターと歌を十分楽しめ、当時は結構あちこちで流れていたと思います。
「メイク・ア・チェンジ」とか「ロックン・ロール・ハート」とか。
(何と言ってもクラプトンの新譜ですからね、人気はあるでしょう)

個人的には、アルバート・キングの演奏で有名な「クロス・カット・ソウ」が好きで、それならばと、アルバート・キングのレコードを探しにいったものです。
ゲストでライ・クーダーが参加しています。

それと、バック・バンドでペキペキとしたギターが印象的なアルバート・リーの名前をこのアルバムで覚えました。
こういうギタリストも気になってしまうんですよね。そのうちにこのブログにも出てくる予定です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMoney and Cigarettes - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エリック・クラプトン マネー・アンド・シガレッツ アルバート・リー

アンダーカバー/ローリング・ストーンズ〜ようやく手にしたストーンズのアルバム

で、前回話にましたが、ようやくローリング・ストーンズです。
やはり、ストーンズは避けて通れなかったですね、ロックを聴いていくにもバンドをやるにも。

初めてストーンズを聴いたのは、前回にも書きましたが、中学生のときです。            
中でもアルバムとしてきちんと聴いたのは、同級生がおもむろに貸してくれた「アフター・マス」でした。
今、考えると、結構渋い。
ただ、当時はバンドとしてのストーンズの格好良さがまだ分からず、夢中になるまでには至りませんでした。

その後、やはり自分がバンドをやるようになってからです、ストーンズに夢中になったのは。

「エモーショナル・レスキュー」、「刺青の男」と続けてアルバムを出していた頃で、それも聴く事が出来て好きだったのですが、一番衝撃を受けたのが、バンドの友人が貸してくれた(と思う)、その頃、1982年に出されたばかりのライブ・アルバム「スティル・ライフ」。

これは、かっこ良かった~!

アルバム自体の評価は分かりませんが、当時、ストーンズを本格的に聴きだした少年にとっては、名曲が並ぶこのライブ・アルバムは衝撃を受けるには十分過ぎる内容でした。
(この後、当分、ストーンズがライブ活動を休止するのですからなおさらです。当然、映画「Let's Spend the Night Together」は観て、その大規模・大迫力には度肝を抜かれました)

実は、そうやって色々聴かせてもらっていたもので、ストーンズのレコードは最初あまり手が出なかったんですよね。
実際、この「スティル・ライフ」もレコードは持っていません。


アンダーカバーたぶん、最初に買ったストーンズのレコードは、その後に新譜として買った、「アンダーカバー」(1983年)です。

内容について、ここで細かいことは省きますが、それまでのスタイルとはちょっと変わっているように感じられます。

ただ、新譜で買うというのは、うれしいものです。伝説のバンドの新譜なんですから。

つまり私にとってのストーンズは、このアルバム以前が「伝説のロックバンド」で、これ以降が「現在最高のロックバンド」というイメージになっています。

ちなみに私がメンバーの中で一番好きなのは、ロン・ウッドなんですよね。
ソロアルバムなんかも結構聴きましたので、そのうちに、つぶやきたいと思います。

その前に、ストーンズのアルバムがまだありますね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeでチェックする。
Still Life (American Concert 1981) [Remastered] - ザ・ローリング・ストーンズ

Undercover (Remastered 2009) - ザ・ローリング・ストーンズ


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ アンダーカバー スティル・ライフ

友人のレコード

そもそも、中学~高校生の当時はレコードのライナーノーツやラジオ等だけで、一人でそんなに情報が得られる訳ではなかったです。

高校生の時にバンドを組んでいたのですが、その中の友人がもの凄い数のレコードを持っていて、随分と色々聴かせてもらったのです。(正直うらやましかったなぁ~)
洋楽邦楽、新旧様々。ロックの名盤、R&Rにハードロックにプログレ(さすがにブルースはなかったかな)、日本のロックもRCサクセション等々。
今思うと本当に影響を受けたと思いますが、それ以上に感謝しないといけないですね。何と言っても、その友人が所有していたレコードを聴きまくらせてもらったのですから。

だからこそ、予備知識をある程度持った上で、次のレコードを探すことができました。
そして、手にしたレコードから、更に自分の好みの方向性を見つけていくという感じでした。

そのうち、ここでもレコードを紹介したいと思いますが、その友人から借りて聴かせてもらった中でもやはり、一番ハマったのはストーンズでしょうか。ストーンズを初めて聴いたのは中学生のときですが(この話は次回にでも)、本格的に聴きだしたのは、バンドを始めた高校生の頃ですね。

そして次に印象深いのが、オールマンを始めとするサザンロックですね。
なかでも、レイナード・スキナードは衝撃を受け、バンドでも演奏して(高校生としては、かなり渋い選曲ですが)、ここからサザンロックの世界も広がっていきました(ここら辺もそのうちに出てきます)。

その友人とはすっかり疎遠となってしまいましたが、元気だろうか。

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

ライブ・イン・ヨーロッパ/CCR

高校生の当時、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)はそのバンド名と「プラウド・メアリー」くらいしか知りませんでした。

ただ、雑誌やラジオで情報を得ていくと、どうにも聴かなくてはいけないバンドのひとつと感じていて、またしても、何だかロックを聴いて行く上では避けては通れないという、義務感というか、使命感に燃えてしまっていました。

そんな時に、偶然にも手に入ったのが、

ライブ・イン・ヨーロッパ」(Live In Europe

ライブ・イン・ヨーロッパ実は、このアルバムは買ったのではなく、何と従兄のお兄さんがくれたものです。
何とタイミングの良かったことか!

1971年のヨーロッパ公演を収録したCCR初のライブ・アルバムですが、解散後の1973年に発売されたものですね。
トム・フォガティ脱退後の3人の演奏によるものです。

当然、CCRの曲は「プラウド・メアリー」以外初めて聞いた訳ですが、ヒット曲のオンパレードなので、さしあたっては、CCRの曲というものを色々知ることが出来たのが何と言っても良かったです。

やはり、ジョン・フォガティが凄いですよね。
どの曲も泥臭くもストレートでシンプルで、時にブルージーでありながら、時にキャッチーで。
これは、カッコいい!と単純に思いました。
世界的にセールス的にも大成功を収めているのですから、凄いですよね。

ただ、このアルバムは3人によるライブということで、若干、音が薄めで、迫力不足は否めず、録音状態もあまり良いとは言えないです。
それでも、CCRの魅力を感じるには、十分でしたので、随分と聴き込んだものです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLive In Europe (Remastered) - クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : CCR ライブ・イン・ヨーロッパ ジョン・フォガティ

アイランド/ザ・バンド

以前にも書きましたが、映画「ラスト・ワルツ」を観て、ザ・バンドを本格的に聴き始めたのですが、デビュー・アルバム「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」を買った後に、手を伸ばしたのが、実はこのアルバムなんです。

アイランド

アイランドその他の名盤ではなくて、このアルバムを選んだのは、ザ・バンド最後のスタジオ・アルバムということで興味があったのと、「ラスト・ワルツ」コンサートの後に出たということで、ならば全部知らない曲が入っているということで、買ってしまいました。

解散コンサートと思っていた1976年の「ラスト・ワルツ」コンサート後の1977年発売ということですが、当時はいったいどういうことなのか、解散したのでないのか、それともライブ活動をやめて、レコーディング活動を続けているのか、さっぱり分かりませんでした。

「ラスト・ワルツ」のアルバムをリリースする為に必要だったとか、契約上の問題だったとか…、私は今もよく分かってないんですが…。

確かなのは、結局この後、解散したということ。

「ラスト・ワルツ」コンサートのリハーサルの合間をぬってレコーディングされたようで、メンバーもあまりいい印象を持っていないというような話をどこかで目にしました。

ファンの間でも評判は悪かったそうですが、まだ、全てのアルバムを聴き込んでいる訳ではなかった当時の私には、それまでのような深いサウンドでなくても、間違いなくザ・バンドのメンバーによるこのサウンドが心地よくて、実際、好んで聴いていました。

確かに、泥臭さが減り、ポップな感じさえしますがね。

コアなファンには受け入れられないのかもしれないですが、単純に「今宵はクリスマス」なんかは、素朴で素敵なクリスマス・ソングだと思いますし、名曲「わが心のジョージア」は味わい深いですし、アルバム通して楽しむことが出来ると思うんですが。

しか~し!
やっぱり、その他の名盤をきちんと聴かなければダメですよね、ザ・バンドを知るには。
結局その後は、それらのアルバムを追いかけることになるんですけど。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでIslands - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド アイランド 解散

ジョン・リー・フッカー「シングス」

そもそもこの偉大なブルースマンの名前を最初はどこで聞いたのかは、今となっては思い出せません。
雑誌かラジオか、それとも誰かのレコードの解説か。
しかし、とにかく買ってしまったのです、

ジョン・リー・フッカーシングス

ジョン・リー・フッカー/シングス原盤は1961年頃(録音自体はもっと前で48~51年頃らしいです)ですが、購入したものは1983年に出された国内盤で、新譜を速攻購入。
初めて購入したジョン・リー・フッカーのアルバムがこの名盤とされているものでした。

唯一無二の強烈なスタイルと個性ですよね。
ワンコードで進められる、独特で躍動的なブギのリズム。
引き込まれて行く、「ウ、ウ~ン」「イエ~」と唸りのようなつぶやくような深い深い声。
カタカタとリズムをとる足音。
とにかく圧倒的な存在感で生々しくて、濃いです。

今思えばちょっと背伸びしすぎたかもしれませんが、ジョン・リー・フッカーの世界にどっぷりとつかることの出来たアルバムであったのは間違いないです。

レーベルをまたいで、様々な名前で録音していたのは有名な話で、テキサス・スリムなんかはまだ分かりますが、ジョン・リー・ブッカーと聞いた時には、それで変名になるのかとも思いましたが、とにかく逞しいですよね。

ちなみに、アルバムのライナーノーツが折り目でジャケットを挟んでいる状態になっているのですが、何と両面印刷で、裏面は同シリーズのリトル・ウィーリー・ジョン/フィーバー(すいません、私は聴いたことがありません)のライナーになっているという、今では考えられない状態になっています。

A面、B面それぞれ最後の2曲(計4曲)はアール・フッカーのもので、インストの曲ですが、なかなかご機嫌な洗練されたギターが聴くことが出来、おまけみたいな扱いですが、結構いい感じです。

それにしても、その後のジョン・リー・フッカーの活躍には驚くばかりで、CDの時代になっても続くんですからね。
(2001年没)

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆Amazonでジョン・リー・フッカーをチェックする。

◆iTunes StoreでJohn Lee Hookerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ジョン・リー・フッカー シングス ブギ アール・フッカー

ついに、エルモア・ジェイムス〜「ダスト・マイ・ブルース」

個人的に思い出がある、ブルース・レコードです。

少しずつ、ブルースの情報で頭でっかちになってきて、黒人ブルースマンの名前もちょっとずつ覚えてくると、もっと昔のブルースを聴いてみたいという欲求に駆られ出しました。

といっても、そのようなブルースを専門に扱っているレコード店を当時は知らなかったので、基本的には選ぶ余地はありませんでした。
運良く、どこかのレーベルがシリーズ物で出してくれて、それが一般のレコード店に並び、更にそれが店から無くなる前に、そして廃盤になる前に、購入するしかありません。

そして、初のディープなブルース・アルバムとしてやっと見つけたのが、

ダスト・マイ・ブルース」/エルモア・ジェイムス

ダスト・マイ・ブルースこれは、中村とうよう氏と日暮泰文氏の監修による「ROCKIN' WITH THE BLUES」なる、クラウン/ケント原盤LPを元にしたシリーズとして発売されたもののうちの1枚で、1977年発売のものです。
(ちなみに、ジャケットには「blues after hours」とタイトルがついているので、実際の原盤からの流れまでは分かりませんが、このエルモア・ジェイムスのアルバムの元の国内盤は1970年に発売されているらしいです)

まずは、何と言っても、このジャケットが雰囲気あります。
これを手にするだけで、既にブルースのディープな世界に入り込んだような気になってしまいます。

で、曲の方ですが、1曲目の「アイ・ビリーヴ」から、とにかく、あのリフが格好良くて、録音は1950年代前半のもので、「ブルーム調」ともいわれるスタイルがパワー全開で、ボトルネック・ギターがあちこちで炸裂していて鳥肌ものです。
彼のバンド「ブルームダスターズ」の演奏も強力です。

アルバム・タイトル曲は、「ダスト・マイ・ブルーム」のタイトルが一般的で超有名曲ですが、数回録音されているようです。

正直、当時の私がこのアルバムを聴いて大満足して、「ブルースっていいな~」とまで入れ込んだかどうかは疑問です(自分のことですが…)。
本格的なブルースを聴いているという、そのシチュエーションに対する自己満足だったかもしれません。

ただ、レコードから流れてくる、時代を感じさせるもパワフルな音、間違いなく本物のブルースだと感じた、迫力のギターとボーカルに圧倒されたのは間違いありませんでした。
ブルースの世界へようこそ、という感じでしたね。

(エルモア・ジェイムスは1963年に他界しています)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElmore Jamesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルモア・ジェイムス ダスト・マイ・ブルーム Elmore James

ダイアー・ストレイツのデビュー・アルバム

中学生の頃は、当時、皆がそうであったようにラジオが非常に重要な情報源でした。
ある時耳にした、聞いたことのないバンド名に、聴いたことのない曲。それが妙に格好良くて耳に残っていました。

そのバンドが「ダイアー・ストレイツ」、曲はもちろん「悲しきサルタン」。

しかも、このバンドがデビューしたばかりということを知り、それまでは、有名ギタリストやバンドの過去の名盤を必死に追いかけて聴いていたので、初めてバンドのデビューアルバムを新譜のタイミングで購入することになったのが、この、

ダイアー・ストレイツ

ダイアー・ストレイツ 発売は1978年。
ただし、買ったアルバムは、今野雄二さんのライナーノーツによると、元々「ショック!」という邦題で出されていたものを即刻廃盤にして、1979年にオリジナル・タイトルで発売し直したものだそうです。

ロンドンで結成されていますが、音は実にアメリカ的に聴こえ、シンプルなバンド・サウンドと声を張り上げない味のある気だるいボーカル、そして何よりマーク・ノップラーの指弾きによる独特なクリアで鋭いギターがものすごく格好よくて、すぐに気に入ってしまいました。

「悲しきサルタン」だけではなく、どの曲もバンドとマーク・ノップラーの魅力たっぷりですよね。

今野雄二さんのライナーノーツには、J.J.ケイルやライ・クーダーと比較される……、と書かれていて、この時はまだ二人ともよく知らなかったのですが、後になって、なるほどと思う所が結構あります。

J.J.ケイルとライ・クーダーもその後よく聴きましたので、そのうちに。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDire Straits (Remastered) - ダイアー・ストレイツをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ダイアー・ストレイツ マーク・ノップラー 悲しきサルタン

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。