スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rock 'N' Roll Gumbo/プロフェッサー・ロングヘア

早速、前回のドクター・ジョンつながりで手にしました。
プロフェッサー・ロングヘアです。

ドクター・ジョンのニューオーリンズのご機嫌な音楽を聴くと、その関連と言うか、本家本元と言うかを聴きたくなりました。
購入の時期は覚えてないのですが、前回のドクター・ジョンの「ガンボ」にもその名前が出てきたプロフェッサー・ロングヘアのアルバムを見つけて、これはと思って買ったものです。

Rock 'N' Roll Gumbo

Rock 'N' Roll Gumbo輸入盤なので、詳細は分かりません。
手にしたアルバムは1980年の発売のもののようですが、オリジナルは1974年発表のようです。 

前回のドクター・ジョンの「ガンボ」にも入っている、「Junco Partner」「Tipitina」「Stag-O-Lee」「Mess Around」が聴くことができ、比べて聴いてみるのも楽しいですね。

当然ですが、やはりピアノが素晴らしく楽しいですね。弾むリズムにウキウキしてきます。
それに、この人のヴォーカル、味がありますね~。
時々、声がひっくり返りそうな、すっとんきょうな声になるのが、これまた楽しさを増します。

時折入るトリッキーでご機嫌なギターは、どうやらゲイトマウス・ブラウンのようで、これまたカッコいい。何だか、バッチリ雰囲気に合ってますよね。
こんなところで、ゲイトマウス・ブラウンのギターを聴くことが出来たのも、ちょっと得した気分です。

とても独特な音楽ですが、ニューオーリンズ・ブルースというジャンルなのでしょうかね。
ニューオーリンズR&Bとも言われるようですが、どちらでも良いですね。最高ですね、ニューオーリンズ・ピアノは。

これまで、ブルースはギター中心に聴いていたのですが、このジャンルに関してはやっぱりピアノですかね。
いや~、ニューオーリンズですよ(笑)。

(1980年1月30日、満61歳没)

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでRock 'n' Roll Gumbo - Professor Longhairをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : プロフェッサー・ロングヘア Rock 'N' Roll Gumbo ニューオーリンズ

ガンボ/ドクター・ジョン

初めてドクター・ジョンの名前を耳にして、その演奏を聴いたのは(観たのは)ザ・バンドのラストワルツでだったと思います。

最初は特別ニューオーリンズの音楽に興味を持っていたわけでもないのですが、鼻が詰まったようなダミ声とやけに雰囲気のあるサウンドがやはり気になっていました。
で、国内盤を見つけて買いました、

ガンボ」(Dr. John's Gumbo

ガンボ1972年発表のドクター・ジョン5作目の名盤ですね。
「アイコ・アイコ 」から始まる、ニューオーリンズ・ルーツ・ミュージック満載の滅茶苦茶楽しいアルバムです。

ほとんどが、ニューオーリンズの関連のカバー曲なんですね。
本当にご機嫌です。
「ビッグ・チーフ」「レット・ザ・グッド・タイムズ・ロール」「スタッカ・リー」「ティピティーナ」「ゾーズ・ロンリー・ロンリー・ナイト」等、気になる曲ばかりです。

やはり味のあるダミ声が何とも人懐っこくて陽気で、時にしんみりとしてで、印象に残りますよね。
ニューオーリンズのリズムというものも初めてちゃんと聴いたのですが、これは独特で忘れられないです。
特にニューオーリンズ・ピアノはいいですね。

それにしてもこのドクター・ジョンという人、何だか気になるんですよね。

ピアノの他にギターも弾くし、加えて味のあるこのヴォーカル。けど、派手さはまったくない…。
とんでもない数のセッションに参加しているようで、実はあちこちで知らないうちにも耳にしているんでしょうね。
ニューオーリンズ・ミュージックと併せて、この後、とても興味を引かれるようになってしまいました。

このアルバムで名前の出てくるミュージシャン、プロフェッサー・ロングヘア、アール・キング、ヒューイ・スミスらも気になりますね。
何枚かはその後聴くことが出来ましたが、それはまた今度。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDr. John's Gumbo - Dr.Johnをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ドクター・ジョン ガンボ ニューオーリンズ Dr.John

イート・ア・ピーチ/オールマン・ブラザーズ・バンド 

出ました、このブログ初登場。
サザン・ロックの雄、オールマン・ブラザーズ・バンドです。

サザン・ロックといえば、このブログでは先にレーナード・スキナードが登場していて、実際そちらの方を最初は熱心に聴いていたのですが、当然、こちらもはずせません。

本当は、まずは「フィルモア・イースト・ライブ」を聴け~!
という所なのでしょうが、そちらは随分カセット・テープで聴いていたので、違うアルバムに手を出しました。

イート・ア・ピーチ」(Eat A Peach

イート・ア・ピーチ1972年発表の2枚組ですね。
購入したのは輸入盤です。

メンバーのこととか細かいことは、ここで説明するまでもないでしょうが、4枚目となるこのアルバムのレコーディング途中にデュアン・オールマンがオートバイでの事故で他界という悲劇の中で完成させたアルバムですよね。
それだけでも、かなり気になります。

そういう状況のため、ライヴとスタジオ録音によるアルバム構成となっていますが、「メリサ」「ワン・ウェイ・アウト」「ブルー・スカイ」「リトル・マーサ」等、デュアンのスライドが聴くことが出来る曲、デュアン不在の曲、どの曲も皆いい曲ですよね。

そして名演として名高い「マウンテン・ジャム」はアナログではSIDE TWOとSIDE FOURに分かれていますが、とにかく豪快、壮快。
デュアンの最後となってしまったスライドが、とにかくカッコいいです。
それにディッキー・ベッツのギターもかなり好きです。

デュアンの追悼盤という形で、何とも意味深く悲しいアルバムですが、デュアンの最後の名演とデュアン亡き後のオールマンを伺うことの出来る素晴らしいアルバムではないでしょうか。

やっぱりオールマンは良いですよね。
やっぱり聴きだしました、この後。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

何だか、色々追加されているCDが出ているんですね…。
勉強不足も甚だしいです。
アナログおじさんもちょっとはその後を聴かないと…。

◆iTunes StoreでEat a Peach (Deluxe Edition) - オールマン・ブラザーズ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : オールマン・ブラザーズ・バンド イート・ア・ピーチ マウンテン・ジャム Eat A Peach

ブギー・チレン/ジョン・リー・フッカー

前回に続いて、ジョン・リー・フッカーのアルバムです。
購入時期は覚えてなく、前回のアルバム「ORIGINAL FOLK BLUES JOHN LEE HOOKER」と続けて買ったわけでもありません。
ただ、こちらは有名なアルバム(というかジャケット)ですね。

ブギー・チレン

ブギー・チレン購入した国内盤は、エルモア・ジェイムスの購入したアルバム「ダスト・マイ・ブルース」と同じシリーズ(記事はこちら)、中村とうよう氏と日暮泰文氏の監修による「ROCKIN' WITH THE BLUES」(クラウン/ケント原盤LPを元にしたシリーズ)によるもので、1977年発売のものです。

ライナー・ノーツによると、
このアルバムは“The Blues/John Lee Hooker”(CROWN5157)として発売された、ジョン・リーのアルバムの中で最も古いもので、日本でもかつて“ベスト・オブ・ジョン・リー・フッカー”のタイトルで出されていたそうです。
この頃は、もちろん最初からアルバムを作るわけではないので、初期の録音からのベスト盤ですね。
時期は1948~52年のもののようです。

初めて手にした「ジョン・リー・フッカー/シングス」(記事はこちら)と曲の録音時期は同じですが、レーベルが違いますし収録曲はかぶってはいないようです。
この頃は変名を使ってあちこちのレーベルに大量の録音を残したそうですが、本当にあちこちに録音していたんですね。

ただし、前回登場したアルバム「ORIGINAL FOLK BLUES JOHN LEE HOOKER」のA面6曲が全てこのアルバムに入ってました。
「サリー・メイ」「ブギー・チレン」等です。
こういうのって、結構がっかりするんですが、こちらの国内盤がどうしても欲しかったんですよね。
ライナー・ノーツもありますし、内容が分かるのでね。

このアルバムと合わせて、これまで出てきたジョン・リー・フッカーのアルバム3枚はどれも初期の録音のものですが、弾き語りによるブギーは本当に強烈で、インパクト強すぎです。
じ~っと聴いていると、この人の世界に引きずり込まれてしまいますね。

その他、1951年録音で大ヒットしたという「アイム・イン・ザ・ムード」も入っています。

このジャケットはクラウン原盤のものだそうですが、このジャケットで24曲収録されたベスト盤CDが出ているんですね。
まぁ、そちらの方が、本当は色々聴くことが出来るんですが…。
(今回、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでそのCDを紹介しています)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJohn Lee Hookerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョン・リー・フッカー ブギー・チレン

ORIGINAL FOLK BLUES/ジョン・リー・フッカー

クリスマスの翌日にこの人のアルバムというのも何なんですが…。

孤高のブルースマン、ジョン・リー・フッカーです。
この人の2枚目の登場となるのが、

ORIGINAL FOLK BLUES JOHN LEE HOOKER

ORIGINAL FOLK BLUESKENTの輸入盤を購入したのですが、まったくもって内容が分かりません。
発売年度も書いてません…。
ちょっと調べてみたものの、出てこないんですよね、このアルバムについて。

元々、この人のアルバムはかなり出ているようですが、このアルバムの収録曲は、初期の作品のようで、A面には「Boogie Chillen」「Queen Bee」「Sally Mae」など、初期の有名な曲が収録されています。

相変わらず、ギターに歌に唸りに足音に…、生々しいです。
やはり、ギター1本による、ワンコードのブギの曲が独特で強烈ですね。

B面には、バックの演奏が付いている曲も収録されています。

ということで、状況の分からないアルバムでしたが、初めて手にした「ジョン・リー・フッカー/シングス」(記事はこちら)とは曲もかぶってなく、十分、ジョン・リー節を堪能できました。

ミシシッピ生まれですが、デトロイトに移って、そこで音楽活動を本格的に始めていることから、“デトロイト・ブルース”なんて呼ばれることもあるようですが、この人の場合、ほとんど意味ないですよね。
このスタイルはこの人独特ですからね。

ちなみに、Amazonに同じジャケットのCD発見。
曲目はこのアルバム+6曲ですので、基本的には同じものですね。
あるにはあるんですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJohn Lee Hookerをチェックする


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョン・リー・フッカー ORIGINAL FOLK BLUES

ONE WAY OUT/エルモア・ジェイムス

強烈なボトルネック・ギターが一度聴いたら忘れられないエルモア・ジェイムス
初めて手にした「ダスト・マイ・ブルース」(記事はこちら)の次に手にしたエルモア・ジェイムスのアルバムが、

ONE WAY OUT

ONE WAY OUTジャケットに1981年と記載されている輸入盤ですが、当然ベスト盤です。

ただ、まったく、本当にまったくアルバムの詳細が分かりません。
何だか、裏ジャケットには、Printed in Italy の文字が…。
イタリア…?

まあ、正直何も気にせずに、エルモア・ジェイムスの曲が一杯聴くことが出来ると思って飛びついた感じですね。

エルモア・ジェイムスの曲をそんなに詳しく知っている訳ではないのですが、恐らく有名な曲がある程度収録されているのではないでしょうか。
A面B面各8曲、計16曲が収録されていて、エルモア・ジェイムスのブルースをたっぷり楽しむことが出来ます。

各曲の収録年度までは分からないのですが、「ブルーム調」のボトルネック・ギターがバリバリの曲から、スローな曲まで幅広く網羅されているのではないでしょうか。
(曲順はバラバラのようですが)

クラプトンがアルバム「461 オーシャン・ブールヴァード」でカバーした、「Talk To Me Baby (I Can't Hold Out)」から始まり、「Shake Your Moneymaker」「It Hurts Me Too」「The Sky Is Crying」「Standing At The Crossroads」「Rollin' And Tumblin'」等々。
そして、最後の「Dust My Broom」まで(何だか、あちこちで聴いたことのある曲ばかりですね)、どの曲もエルモア・ジェイムスのブルースがカッコいいです。

とにかくどの曲もシャウト気味のヴォーカルが魅力たっぷりで、ギターがパワフルで、聴きごたえがあります。

まったく、素性の分からないアルバムですが、エルモア・ジェイムスをより知ることになった大切なアルバムです。


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆Amazonでエルモア・ジェイムスをチェックする。

◆iTunes StoreでElmore Jamesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルモア・ジェイムス ONE WAY OUT

ジョプリン・イン・コンサート/ジャニス・ジョプリン

でました、ジャニスです。
やはり聴きますよね、ジャニスは。
初めてジャニス・ジョプリンを耳にしたのは、ラジオで流れていた「ジャニスの祈り(Move Over)」でしたが、一度聴いたら耳から離れませんよね、この人の歌声は。

初めて、ジャニス・ジョプリンのアルバムで手にしたのは、やはりと言うか、いつものごとくと言うか、ライブ・アルバムでした。

ジョプリン・イン・コンサート
Joplin In Concert

ジョプリン・イン・コンサートジャニスの死後、1972年に出された2枚組のライブ編集盤ですが、買ったのは「ミュージック・ライフ選定、ロック・ベスト100」といシリーズで、1976年(たぶん)に国内盤で再発されたもののようです。
(出ました「ミュージック・ライフ」。懐かしい)

1曲目の「ダウン・オン・ミー」から、無茶苦茶カッコいいです。

A面はビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー時代の1968年と70年に行われたライヴからの編集で、B面はフル・ティルト・ブギー・バンドとの1970年のライブからです。

ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーの方は演奏がちょっと辛いですね。
あまりバンドに恵まれていないという印象は元々あったのですが…。
対してフル・ティルトの方はやはり良い演奏を聴かせてくれています。
まあ、そういう演奏のことは気にならない程のジャニスの圧倒的な迫力と存在感ですが。

最後の収録曲「ボール・アンド・チェイン」まで、心の叫びといったら陳腐ですが、迫り来る、魂の歌声ですね(ってやっぱり陳腐ですね。表現力が乏しい…)。 
とにかく感動ものです。

曲の合間にはジャニスの楽しそうなMCも結構入ってまして、歌の凄さと相まって、何だか切なくなってもきます。
チャーミングなジャケット写真も…。

一応、書き留めておきますが、1970年10月4日、満27歳没。
悲しく、そして残念です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJoplin In Concert - ジャニス・ジョプリンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジャニス・ジョプリン ジョプリン・イン・コンサート ライブ

ファンキー・ナイト/ジョニー・ギター・ワトソン

いきなり何故この人?という感じで、唐突感はありますが、実際、買った本人も唐突な感じがしていました…。
ジョニー・ギター・ワトソンです。

よくやっちゃうんですよね。
他にまずは聴いた方が良いとされる名盤はたくさんあるのに、何故か名前を聞いたこともないミュージシャンのレコードを、“ひょっとして発見かも”と手を出してしまうことが。
何せ、当時はそれを調べる手だてと言うか、情報自体があまりに少なかったですからね。

新譜で発売されていたのですが、ブルース・アルバムと思った訳ではないですが、買ってしまいました…。

何たって、名前に“ギター”が入ってましたから(笑)。浅はか…。
ジョニー・ギター・ワトソンで、

ファンキー・ナイト」(That's What Time It Is

ファンキー・ナイト発売は1982年でしょうか。
実際、内容は当時流行っていたと思われる、ブラック・コンテンポラリーというかファンクというか…。

ジャケットの通り、クールでオシャレな音楽でした。
これはこれで、曲もペキペキのギターもカッコよくて、結構聴いたのですが、少なくとも当時の私が求めていたアルバムではなかったのも事実です。
レコード・ラックの中でもかなり浮いています(笑)。

ただし、
この人、ただの流行のファンキーなおじさんではなかったんですね。

1950年代から活躍する、ゲイトマウス・ブラウンの流れを汲むとも言われる、当初はバリバリのブルース・マンだったんですね。

そのころのアルバムも聴いてみたくなりました。
数多くのレコードを残しながら、時代と共にサウンドを変化させていったんですね。それも凄いです。

新譜ではなくて、昔のアルバムを手に出来ていれば、とも思ったりしましたが…。
こういうこともあります。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでJohnny "Guitar" Watsonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョニー・ギター・ワトソン ファンキー・ナイト ブラック・コンテンポラリー

エリック・クラプトン&ヤードバーズ

ジェフ・ベック在籍時のヤードバーズを1枚手にしていたものの(記事はこちら)、元々はクラプトン在籍時のヤードバーズを聴いてみたいと思っていたのですが、思いっきりクラプトンの名前が出ているアルバムを見つけて、手に入れました。
ただ、どうやら企画ものというかベスト・アルバムというかで、タイトルが、

エリック・クラプトン&ヤードバーズ
The Yardbirds featuring Eric Clapton

エリック・クラプトン&ヤードバーズ国内盤の「スーパー・ロック・ヒーローズ('63~'69)」というシリーズで、(恐らく)1980年に発売されたものです。
そもそも、クラプトン在籍時には、スタジオ・アルバムは作られていないんですね。

アルバムの内容は、A面がシングル用に録音されたものからで、B面はライブ盤「FIVE LIVE YARDBIRDS」(ファースト・アルバムなのにライブ盤ですね)からの選曲になっています。
曲の録音自体は全て1964年とのこと。
ちなみに、このアルバムのジャケットは、「FIVE LIVE YARDBIRDS」のジャケット写真をイラスト化したものになっています。

ヤードバーズはライブでは人気があったのに、レコードのセールスはさっぱりだったとよくいわれていますが、確かに曲がカバー曲ばかりで、ソングライターがいなかったんですね。

ただ、確かに演奏はエネルギッシュで、B面のライブは臨場感が伝わってきます。1964年ですからね。
改めて聴くとキース・レルフのハープもかっこいいです。

まだクラプトンはバリバリ弾いている訳ではないですが、その一端を垣間みることが出来、当初の、クラプトン在籍時のヤードバーズを聴きたいという目的は達成されました。
クラプトンがやめるきっかけになったと言われる「For Your Love」も聴くことが出来ましたしね。

この頃はブルースのカバー中心で、ジェフ・ベックになってからのヤードバーズとは随分と違いますね。
まぁ、だからこそというか、クラプトンは脱退したんでしょうけど、その変遷が何ともいえないですね、このヤードバーズというバンドは。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが見つけられず、ただ、MP3アルバムでありました。

◆iTunes StoreでThe Yardbirds (feat. Eric Clapton) - ヤードバーズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ヤードバーズ エリック・クラプトン エリック・クラプトン&ヤードバーズ The Yardbirds featuring Eric Clapton

バップ・ドロップ・デラックス/ライ・クーダー

どうしても趣向的に、ブルースをベースにした音楽、ギター中心のロック等を追いかけていた中にあって、ある特定のジャンルにとらわれないとでもいうか、音楽性が豊かで、どうも他のミュージシャンと趣が異なります、ライ・クーダー

この人のアルバムで2枚目に手にしたのが、

バップ・ドロップ・デラックス
Bop Till You Drop

バップ・ドロップ・デラックス1979年の発表で、輸入盤を手に入れました。
ジャケットがカッコいいですよね(ちょっとキメ過ぎかな…)。
確か、当時の音楽番組「ベストヒットUSA」(今もやってますが)のジャケットが次々と現れるオープニングの中に、このジャケットも出てきてたのではないでしょうか。
何だか印象に残っているんですよね。

このアルバムは、様々なルーツ・ミュージックを取り入れているこの人のアルバムの中でも、R&B等の黒人音楽の色合いが強い方ではないかと感じていた所、そっち系のカバーが多くを占めているんですね。
チャカ・カーンが参加したりしてますし。

輸入盤になると、アルバムの内容詳細がさっぱり分からなくなってしまうんですよね(調べろっていう話ですが…)。
出来れば、その原曲を知りたい所ですが、分かりません。

曲調がそういうこともあって、ややポップではありますが、ライ・クーダーのアルバムの中では、かなり好きな方です。

クリアでテクニカルだけど心にしみるギター。決して上手いとは言えないけど、味のあるヴォーカル。
A面最後の「ワーク・アウト・ファイン」(I Think It's Going To Work Out Fine)はインストですが、スライドがいいですね。しみじみ聴いてしまいます。グッときますね。

この人は、とにかく懐が深いですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBop Till You Drop - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ライ・クーダー バップ・ドロップ・デラックス Bop Till You Drop

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。