スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーライン/ライ・クーダー

スライド・ギターの名手。アメリカをはじめルーツ・ミュージックを見事に取り込んだボーダーレスの音楽性。
とにかく、この人の音楽は懐が深いです(って、前回も言ってましたね。ボキャブラリー不足です…)。

ライ・クーダーです。今回のアルバムは、

ボーダーライン」(Borderline

ボーダーライン1980年発表。
これまでこのブログに出てきた「バップ・ドロップ・デラックス」(1979年)と「スライド天国」(1982年)の間に出されたアルバムですね。
手にしたのは中古の輸入盤です。

アルバム全体を聴いてみると、どちらかというとロックというかリズム&ブルースよりの音作りともいえますが、テックス・メックス等のルーツ・ミュージックの要素もやはり取り入れられてますね。
ゴスペル調のコーラスが相変わらず入ってきていて、これもこの人の特徴ですよね。

1曲目の「634-5789」から、歯切れのよいリズムとギターがご機嫌ですが、このアルバムのギターは特に渋くて、ペキペキした音質で、控えめながらも見事にサウンドを支えている感じでしょうか。
スライドは当然として、ギターは相変わらず巧みで、自由自在でカッコいいですよねぇ。

A面4曲目の「Down In The Boondocks」のような、この人のミディアム・テンポでリズムの効いた曲は本当にたまりません。
ジム・ケルトナーのドラムも効いてますよね。

それに、先の2枚でもそうなんですが、B面1曲目の「The Way We Make A Broken Heart」のようなしみじみとした曲は、豊潤で本当に心にしみてくるんですよね。大好きです。

レコード盤を見ると、B面4曲目の「Borderline」以外は他の人の作品のようです。輸入盤で原曲の事は良く分からないのですが、カバーだとしても、どの曲もきっと見事にアレンジがされてるんでしょうね。

ライ・クーダーのアルバムは全て聴いているわけではないですが(共作やサウンドトラックも多いですしね)、個人的な音楽の好みもあって、この頃のアルバムは特に気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorderline - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ライ・クーダー ボーダーライン Ry Cooder

Southern Accents/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

前も書きましたが、ニュー・ウェイブ系のように扱われた初期の頃のイメージが良くないんですよね。
けど、実際はそんな事は無く、今やアメリカを代表するロック・ミュージシャンで、その音楽性は懐が深いですよね。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズです。手にしたアルバムは、

Southern Accents

Southern Accents1985年発表のアルバムです。輸入盤を購入しました。

トム・ペティで最初に手にしたのは、1986年発表の「Pack Up The Plantation - Live!」ですが(記事はこちら)、そもそもトム・ペティの音楽が最初に気になり出したのは、このアルバムからの曲でした。

「Rebels」とか「Don't Come Around Here No More」、「Make It Better (Forget About Me)」等、どの曲もよく耳にしていましたし、ライブ・アルバムを聴いて更に気に入ってしまって、追っかけでこのアルバムを手にした訳です。

基本的にはストレートなロック・ナンバー主体ではあるのですが、いいんですよね、この人。
このアルバムに関してはバラエティに富んでいるとも言えますが、南部の音はもちろん、それらをベースにした様々なロックの創世記の音をリスペクトした音作りのように聴こえてくるんですよね。

相変わらず、鼻が詰まったような甲高い、ちょっと甘ったるい声でシャウトしてるんですが、やっぱりそれも含めていいですね。
この声質ゆえ、敬遠されるところもあるのでしょうが…。

アルバムの中では特に「Southern Accents」が大のお気に入りです。渋いです。
しみじみ聴いてしまうんですよね。

なんか、音楽に対する誠実さが感じられるとでも言うんでしょうか、それがバンドの音として出てきていて、こちらも惹き付けられるんですよね。
(それがかえってかっちりした印象にとられるところもあるようですが)
おっと、マイク・キャンベルをはじめとするハートブレイカーズの演奏も忘れてはいけませんね。

それにしても、トム・ペティはリッケンバッカーが似合ってるんですよね~。
結構、憧れてしまいました(笑)

実は、トム・ペティはこの後もかなりハマりました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSouthern Accents - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ Southern Accents トム・ペティ

Chain Gang Songs/ジョッシュ・ホワイト

ほとんど前情報無しで買ってしまいました。
時々やってしまうんですよね。内容を確認もせず、何となく「きっとこれは~!」って手を出してしまう…。

かろうじて、書籍「ブルースの歴史」で名前を目にしていたくらいでしょうか。
というか、この人がその人なのかも良く分からないくらいですね。

それが、ジョッシュ・ホワイトJosh White)の、

Chain Gang Songs

Chain Gang Songs中古の輸入盤ですが、アルバムについては今でも全然分かりません。

ジャケットはこのようなタイトルになっていますが、よく見ると、A面がChain Gang Songsで、B面がSpirituals and Bluesと分かれています。裏ジャケットのタイトルも「Chain Gang Songs,Spirituals and Blues」となってますね。

いや~、さっぱり分からないですね。ここまで分からないのも困ったものです。
ジョッシュ・ホワイトという人を「ブルースの歴史」で調べてみると、

子供の頃から、盲目の歌手が街角で歌ったりする際に、彼らの「眼」となって彼らの手を引いて歩いていたそうで(11年以上もの間とのことです)、その中には、ブラインド・レモン・ジェファーソンやブラインド・ブレイクらもいたそうです。
そうこうしているうちに、自分でもギターが弾けるようになり、歌うようにもなったそうです。
(参考:「ブルースの歴史」/ポール・オリヴァー著)

その後の活動はやはり良く分からないのですが、1950年代終盤から60年代初頭のフォーク・リヴァイヴァル・ブームの中、黒人民謡を白人聴衆向けに歌い、人気を博したようですね。

で、今回のアルバムを聴いてみると、その頃の演奏でしょうか。
全編通して、艶やかなヴォーカルとブルージーというかジャジーなアコースティック・ギターを弾いていて、そのオシャレなバンドによるサウンドはかなり洗練されています。

真っ先に思い浮かんだのが、ライ・クーダーですね。そっくりです。
ライ・クーダーも影響を受けているのでしょうか。

聴いた感想はそれとして、結局、このジョッシュ・ホワイトという人の事は定かでないですね。勉強不足です。
もし、間違っていたら、どなたかに教えてもらいたいくらいです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。ていうか、AmazonにCDがあってビックリしました。

◆iTunes StoreでJosh Whiteをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョッシュ・ホワイト Josh White Chain Gang Songs

Ishman Bracey(1928-30)/イシュマン・ブレイシー

戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

当時は戦前ブルースマンの予備知識はほとんどなく、当然その音も聴いた事がないのですが、ジャケットに記載されている、その年代を目にするとどうしても手が出てしまうんですよね。
是非、聴いてみたい、これを逃すともうお目にかかる事ができないかもしれないと…。

ということで手を出したのが、かろうじて名前だけ聞いた事のあったイシュマン・ブレイシーの、

Ishman Bracey(1928-30)

Ishman Bracey(1928-30)チョビヒゲの顔がなかなか強烈ですね(すいません)。
中古の輸入盤ですが、裏ジャケットにはポール・オリヴァーの文章が…。ただ、英語が良く分からない…(情けない…)。

イシュマン・ブレイシーはミシシッピでもデルタではなくジャクスンで活動したブルースマンですね。
ジャクスンのブルースではトミー・ジョンソンが有名ですが、彼と交流のあったこのイシュマン・ブレイシーもまたジャクスンのブルース・シーンを代表する存在のようです。

そのブルースはデルタ系程の重々しさはないですね。個人的には牧歌的な感じさえもします。
ちょっと潰れたような、細かいヴィブラートがかかったヴォーカルは、力強くなかなか味わい深いです。

A面では、勉強不足でよく知らないのですがチャーリー・マッコイという人のギターの伴奏がつく曲が特に聴きごたえがあります。
(イシュマン・ブレイシーはギタリストとしては、特に傑出していたわけではないようです)
その他の弾き語りの曲も含めて、力強いヴォーカルが素晴らしく、良いですね。

B面はニューオーリンズ・ニハイ・ボーイズ名義でクラリネットとピアノが加わった曲が多く収録されていて、モダンな感じが面白い作品ですが、ちょっと散漫な印象もしてしまいます。というか、ヴォーカルがあまり表に出てこないので残念。ただ、曲は楽しいですね。

その後、イシュマン・ブレイシーは歌は捨てて、説教師になっちゃったそうです。
1960年代に「再発見」されてもブルースは歌わず、1970年に他界しています。

数回にわたって続けていた戦前ブルースのつぶやきは、一旦ここで終わりにします。
またそのうちに。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでIshman Braceyをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : イシュマン・ブレイシー Ishman Bracey(1928-30) ジャクスン・ブルース

Papa Charlie Jackson 1925-1928/パパ・チャーリー・ジャクソン

戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

他にまだまだ先に聴いた方がよいブルースの名盤があるのは分かっているのですが…。
手にした当時は、自分でもちょっとマニアックだったかな~、と思いました(笑)
でも、せっかく出会ったんですからね、このアルバムと。

それが、前回のビッグ・ビル・ブルーンジーの話でも出ました、彼にギターを教えたというパパ・チャーリー・ジャクソンの、

Papa Charlie Jackson 1925-1928

Papa Charlie Jackson 1925-1928当然、中古の輸入盤で、このアルバム自体は1972年に発売されたもののようです。

1920年代からのベッシー・スミスら女性歌手による、クラシック・ブルース全盛の頃、なかなか男性ブルース・ミュージシャンが注目されることがなかったようなのですが、きっかけになったのが、このパパ・チャーリー・ジャクソンだったそうです。

ブルース以前の伝承的なスタイルも聴かれるその音楽は、プリ・ブルースと呼ばれるようですね。

使っているのはギターではなく、6弦バンジョーなんですが、これが何とも曲調にハマってるんですよね。
当時の大衆音楽というのはこんな感じだったのでしょうかねぇ。

ソングスターといわれる、当時の黒人大衆音楽や伝統音楽を歌い、演奏するスタイルと、ブルースという音楽が形作られていった時期の、ちょうど過渡期に活躍していたミュージシャンということなので、民間伝承的なレパートリーの中にもブルースの香りが漂っている、という感じでしょうか。

ブルース前史を語るのに欠かせないミュージシャンということですね。
それにしても、レコードのパチパチというノイズの向こうは、1920年代に録音された音楽なんですからね。当時に思いを馳せてしまいます。

ただ、改めて聴くと、そんな事抜きでも充分楽しめる音楽、そしてアルバムでした。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでPapa Charlie Jacksonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : パパ・チャーリー・ジャクソン Papa Charlie Jackson 1925-1928 プリ・ブルース

Big Bill Broonzy 1935-1941/ビッグ・ビル・ブルーンジー

戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

今回もまた、先に登場済みの「THE STORY OF THE BLUES」(記事はこちら)と「The Country Blues」(記事はこちら)とで一曲ずつ耳にしたブルースマンのアルバムです。

購入時期は忘れましたが、いつものように名前を目にして、何はともあれ、とにもかくにも、手にしました。
ビッグ・ビル・ブルーンジーの、

Big Bill Broonzy 1935-1941

Big Bill Broonzy 1935-1941中古の輸入盤ですが、詳細はさっぱりわかりません。どうやらオーストリア盤のようです。
有名なアルバムは他にもあるようですが、そう都合良く見つける事はできませんからね。

戦前ブルースというくくりでいうなら、後期になりますね。
この人はレコーディングを大量に残しているようですが、このアルバムの時期が全盛期のようです。

ここでも「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」が収録されているのですが、どうしてもこの曲に耳がいってしまうのは、やむを得ないですね。
ただ、このアルバムにはグループ名義の作品が多く収録されていて、ちょっとメインの作品群ではないのかな?

ビッグ・ビルはミシシッピ生まれですが、アーカンソーに移り、後にシカゴに移った頃から本格的にブルースを“勉強”していったようです。そのせいか、彼のブルースにデルタ系の香りはほとんどしませんね。

前回のリロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェルに続く、シティ・ブルースなのでしょうが、そのサウンドは既に後のシカゴ・ブルースの原型ともいえるスタイルでしょうか、バンド形式の演奏が聴く事ができます。
その中でのギターがまた良いですよね。

ちなみに彼にギターを教えたのは、パパ・チャーリー・ジャクソンというミュージシャンだそうで、また新しい名前が出てきてしまいましたが、まあ、こうやって、色々とミュージシャンの名前を覚えていくんですよね。

1950年代にはヨーロッパを広範囲にわたってツアーし、白人の観衆たちの前でソロでのフォーク・ブルースを演奏していたそうです(それを求められたという事のようです)が、1958年に亡くなってます。

ブルースの歴史上、偉大なブルースマンですね。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。ジャケットは同じですが、所有のものは1935-1941で、こちらは1935-1947と収録年の範囲が広く、収録曲も多いようです

◆iTunes StoreでBig Bill Broonzyをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ビッグ・ビル・ブルーンジー Big Bill Broonzy 1935-1941 戦前ブルース

Naptown Blues 1929-1934/リロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェル

戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

いつものようにレコード店を巡っていて、「この名前は確か!」って感じで、この頃はまずは古いブルースのレコードに優先して手を出していました。
何と言っても、戦前ブルースのレコードは地方ではなかなか手に入りませんでしたから。

今回も先に登場済みの「THE STORY OF THE BLUES」(記事はこちら)で一曲だけ耳にしたブルースマンのアルバムです。
そうそう、「The Country Blues」(記事はこちら)でも一曲収録されていました。

手に入れたアルバムは、リロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェルの、

Naptown Blues 1929-1934

Naptown Blues 1929-1934中古の輸入盤で、Yazooからのものです。このレーベルにも随分とお世話になりましたねぇ。

何と言っても、名シンガーでありピアニストであるリロイ・カーです。
「メランコリック」、「甘酸っぱい美しさ」なんて言葉をよく目にします。

相棒の名ギタリスト、スクラッパー・ブラックウェルとのデュエットで都会的で洗練されたスタイル、シティ・ブルースを確立した歴史的にも偉大なブルースマンですよね。

その洗練されたブルースは戦前ブルースと言っても、やはりカントリー・ブルース系とはまったく趣が違いますね。
アルバム・タイトルにもあるように、1929-1934の録音ですが、この時代にこの音楽性ですからね。凄いです。
何だか、ちょっとシャレたブルースです。

ステディなピアノの伴奏の上に、ギターが絡んでくるというこのスタイル、そしてそのブルースは歴史的にもかなり重要で、明らかに後のバンド・サウンドに大きな影響を与えているような演奏ですよね。
また、当時の様々なブルースマン、例えばロバート・ジョンソンなんかにもかなりの影響を与えているそうです。

それと、どうしてもギターに耳がいってしまうんですが、歌やピアノに絡んでくるスクラッパー・ブラックウェルのギターは素晴らしいですね。その後のブルース・ギターの伴奏そのものですよね。
チョーキングなんかも使ってます。

リロイ・カーのアルバムとしては「Blues Before Sunrise」が有名ですが、残念ながら、持っているのはこの1枚のみです。
が、今回改めて聴いて、やっぱりいいですね。もうちょっと聴きたくなりました。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでLeroy Carrをチェックする。

◆iTunes StoreでLeroy Carr & Scrapper Blackwellをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : リロイ・カー スクラッパー・ブラックウェル Naptown Blues シティ・ブルース

Leadbelly/レッドベリー

先日の「THE STORY OF THE BLUES」に収録されていたブルースマンのレコードはいつも気にして探していたのですが、やはり当時は地方ではほとんど見かける事はできなかったですね。

しかし、ある時、その中の一人の名前をレコード店で発見してしまいました。
本当は他の有名なロック・アルバムを買いたいところでしたが、これを逃しては次は無いかもしれないと、「THE STORY OF THE BLUES」で一曲しか聴いた事の無いその人のアルバムに手を出しました。
それがレッドベリーの、

Leadbelly
(Includes Legendary Performances Never Before Released)

Leadbellyうろ覚えでいい加減なことを書いてしまったら申し訳ないのですが、分かる範囲でちょっと調べてつぶやきます。

この人、経歴がもの凄すぎて、ただでさえ昔の話なのに追いかけきれませんからね。
数回投獄されていて(顔もかなり厳つくて、怖いですね)、そこで黒人音楽家として「発見」されているようで、黒人音楽紹介のために国会図書館用にかなりの録音を残しているようですね。

この人の場合、ブルースマンというより、当時の様々な黒人大衆音楽や伝統音楽を歌い、演奏していた「ソングスター」と呼ばれるようで、それをレコードに残し後世に伝えた重要なミュージシャンですね。
フォークソングのスタンダードも数多く残しているようです。
だからこそ、ブルースだけではなく、当時の黒人音楽の様子をより一層うかがう事ができますよね。

ブラインド・レモン・ジェファーソンとも一緒に行動していて、ブルースについては影響も受けているようです。

購入したアルバムは輸入盤で、やっぱり内容詳細は残念ながら良く分からないのですが、どうやら音楽学者のジョン・A・ロマックスとアラン・ロマックスの親子によって1936年に収録されたもののようで、やはりブルースという範囲だけではなく、フォーク・ソングともいえる素朴な曲も聴かせてくれています。

12弦ギターを使用していますが、そのテクニッックは素晴らしいですね。見事な演奏です。
スライドも弾いていて、収録曲の「C.C.Rider」は非常にいい感じです。
武骨に、時に朗々と歌い上げるそのヴォーカルも、また味がありますよね。

この人のレコードを聴いて、ブルースに限らない黒人音楽という世界がちょっとだけ広がったような気がしました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLeadbellyをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : レッドベリー Leadbelly ソングスター

The Country Blues

高校生の頃から、じわりじわりとハマっていった戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

2回続けて名前が出てきたポール・オリヴァーと並んでブルースについての様々な著書を出している、サミュエル・チャーターズ(Samuel B.Charters)。
中でも有名な彼の著書「The Country Blues」(1959年)は残念ながら、読んだ事はないのですが、今回引っ張り出してきたのは、これと同じタイトルのオムニバス盤、

The Country Blues

The Country Blues輸入盤で詳細がほとんど分からないのですが、ジャケットにはサミュエル・チャーターズ編集のアルバムとなっていますので、恐らく前回の「THE STORY OF THE BLUES」と同様のタイアップのアルバムでしょうか。

中の英語の解説にも名前がありますが、英語が苦手で、詳細が…。残念。(どこかに情報があるだろうか)

RBF Recordsから1966年に出されているようです。
とにもかくにも、深い深いブルースの源流、戦前カントリー・ブルースがそこに流れているんですよね。

初めて聴くロニー・ジョンソンの洗練されたブルースには興味がひかれました。
憂歌団もやっていた、メンフィス・ジャグ・バンドの「スティーリン、スティーリン」を聴く事ができます。
ジャグ・バンドは賑やかで楽しいですよね。ギター中心のデルタ系やシティー系の他、そっち方面も気になりました。

ビッグ・ビルの名曲「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」はやはりいいですねぇ。
その他、ブラインド・レモン・ジェファーソン、スリーピー・ジョン・エスティス、ロバート・ジョンソンやブッカ・ホワイト等々、それぞれ一曲ずつの収録ですが、全14曲で聴きごたえがあります。

この頃は、戦前ブルースマン単独のアルバムを見つけることは、地方では至難の業でした。
なので、このようなオムニバス盤を手にできた事は、戦前ブルースを知るのに本当にラッキーだったと思います。

ただ、なかなか続けて手に入らなかったんですよねぇ。
もどかしかったです。

それにしても何ででしょうかね、詩の内容も分からず、歴史的背景もさほど知らず、なのにこれだけ惹かれるのは。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : The Country Blues サミュエル・チャーターズ 戦前カントリー・ブルース

THE STORY OF THE BLUES

前回の内容を受けて、戦前ブルースのレコードについて、何枚か続けてつぶやきたいと思っています。

その前回登場した書籍、ポール・オリヴァーの「ブルースの歴史」(記事はこちら)。
先にこの本を読んでいたのですが、この本に刺激を受けて、より一層ブルースを深く知りたくなっていたところで見つけたのが、今回登場するアルバムです。

見つけたときはかなり興奮しましたね。そのドキドキ感は分かる方には分かってもらえると思うのですが。
何と言ってもその本とタイアップしているアルバムですから。

THE STORY OF THE BLUES

THE STORY OF THE BLUES輸入盤で、発売年度等はちょっと分からないのですが、2枚組で、当然、ほとんど初めて聴く曲ばかりでしたが、戦前ブルースを中心にディープな世界が展開されています。

各面はそれぞれテーマによって分けられています。

A面は「ブルースの起源」
いきなり、ガーナのフラ・フラ族による歌から始まるA面には、大御所チャーリー・パットン、ブラインド・レモン・ジェファーソンらのカントリー・ブルースの名演が収録されています。

THE STORY OF THE BLUES裏B面は「ブルースとエンターテイメント」
テーマの通り、ベッシー・スミスやジャグ・バンド等のバンド演奏を聴く事ができます。

C面は「30年代、都市と田舎のブルース」
当時のシティ・ブルースとデルタ・ブルースですね。
シティ・ブルースではリロイ・カー、デルタ・ブルースではロバート・ジョンソンやブッカ・ホワイトらが収録されてます。

D面は「第二次世界大戦と戦後」
ビッグ・ビル・ブルーンジーらを聴く事ができますが、さすがに戦後となるとそうそうカヴァーできないですよね。とりあえずエルモア・ジェイムスらが収録されています。

パチパチとしたノイズとややこもった音の向こうにブルースの歴史が流れていて、その時代の音に触れる事のできた感動は強かったですね。

ヴォーカルにギターにと、普通の言い方ですが上手いんですよね。その技術の高さにまず聴き入ってしまいます。
これは、本当に深くてとんでもない世界に足を踏み入れた感じです。
しかも、当時は取り憑かれてしまったんですよね、この世界に。

各ブルースマンは一曲ずつの収録ですから、その特長が分かるとまではいきませんが、これをもとに自分なりに気になったブルースマンを改めて追いかけたものです。
といっても、当時はそのようなアナログ・レコードはそう簡単に見つけられるものでもなかったですが…。

ちなみに国内盤はジャケット違いで出されているようですね。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
後半の曲がレコードと違い、曲もかなり追加されているようですが、元は同じ物と思うのですが…。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : THE STORY OF BLUES 戦前ブルース ポール・オリヴァー

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。