スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーティ・ワーク/ローリング・ストーンズ

前回まで、ストーンズの初期のアルバムについて続けていましたが、その流れでストーンズをもう1枚。

ダーティ・ワーク」(Dirty Work

ダーティ・ワーク1986年発表。この時期ですと新譜で購入してます。
前作「アンダーカバー」(1983年)からは、ちょっと間が空いていますね。

写真のジャケットが赤いのは、外側を覆っている赤いビニールが今もそのままなんです。
ちなみにステッカー付でした。2枚程使ってます(笑)

ミックの初のソロアルバム「シーズ・ザ・ボス」(1985年)の後になるわけですが、それもあってかキースとミックの仲が相当悪くなっていたようですね。
それだけに、このアルバムに対する期待と不安というものがあったと記憶しています。

ダーティ・ワークimgフロント2人の対立とか、この時代のサウンドを意識した音作りとか、時期的には難しい時期だったようですね。

ただ、キースとロニーのギター・ワークは相変わらずご機嫌ですし、ロック・スピリット溢れる演奏は健在で、内輪のゴタゴタや周囲の評価は分かりませんが、ストーンズここにありと、改めて存在感を示していたと思います。

怒りとか緊張感とかはストーンズにとってはパワーに変わってしまうんではないでしょうかね。

「ハーレム・シャッフル」がシングルでヒットしていましたね。
MTVなんかでもよく流れていて、やっぱりカッコよかったです。

1曲目の「ワン・ヒット」のギターは…、ジミー・ペイジなんですね。ハードだと思いました。

「エモーショナル・レスキュー」あたりからでしょうか、時々キースのリード・ボーカルがアルバムの最後の曲になっていますが、その最後の曲の後に、イアン・スチュアートによる「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」(Key To The Highway)が流れてアルバムは終わってます。

「6人目のストーンズ」イアン・スチュアートが1985年12月12日に47歳で死去してるんですよね。
残念です。

当時としては、とにもかくにも、待ちに待っているストーンズのアルバムですからね。
細かい事より、ミックのヴォーカルとキースのギターを始めとするストーンズの演奏をただただ楽しむだけでしたね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDirty Work - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ ダーティ・ワーク Dirty Work

アフターマス/ローリング・ストーンズ

ストーンズの初期のアルバムで、持っているものをまとめてつぶやいていますが、ひとまず最終回です。
今回で5枚目で、初期のアルバムで持っているのはこのくらいです。

以前、このブログの記事中にも書きましたが、ストーンズのアルバムとして初めて聴いたのが、中学生の時に同級生が貸してくれた「アフターマス」でした。
いやいや、本当にその同級生は渋い趣味ですよね。
ただ、それをいつものカセット・テープで聴いていたもので、アルバムは持っていなかったんです。

発売時期から言うと、順番としては前回の前に登場するべきアルバムなんですが、手に入れた経路等の事情がちょっと違うので、後回しにしました。

アフターマス」(Aftermath

アフターマス1966発表ですね。
実はこれは学生の頃、イギリスに留学していた友人が帰国した時にお土産として買ってきてくれたものなんです。

しかもなんと、フランス盤。
その友人はイギリスに留学していたはずなのに…。
もちろん中古盤で、とりあえずキズだらけですね(笑)

当然、詳細等はまったく分かりません。内容はフランス語ですから(って、英語でも分からないんですけどね)。
ジャケットも見た事のないものでした。

なので、お土産としてもらった時も、初めて見るそのジャケットに、いったいどんな内容のものなのだろうかと思ったのですが、ジャケットの文字と中の収録曲をよく見てみると、
あ~「アフターマス」だと、やっと理解しました。

お土産でもらって本当に嬉しかったです。ストーンズのアルバムとして初めて聴いた、個人的にも思い出深いアルバムですからね。
確かに収録曲は「アフターマス」ですしね(当然ですが)。

それで「アフターマス」についてですが、ここでもまたUS盤とUK盤に内容の違いがあります。
更にこれはフランス盤という、輪をかけて訳の分からない状況ですね。

ちなみにこのフランス盤は収録曲を見ると、基本はUK盤仕様のようですが、2曲少ないようです。
(「邪魔をするなよ」(Doncha Bother Me)と「シンク」(Think)がないようです)
まったく、ややこしくて困ったものです。

収録曲がジャガー/リチャーズのオリジナル曲のみですが、そのように作られたのはこれが最初の作品のようです。
ただ2人の存在感が増していった分、ブライアンのカッコいいギターというのが、ちょっと影を潜めているでしょうか。
ブライアンのシタールやダルシマーなんかの演奏が見事にハマっている分、かえって個人的には寂しいですね。
ちょっと残念ですが、この辺りから脱退に向かっているんですかね。

収録曲では何と言っても、ライブの定番「アンダー・マイ・サム」ですかね。
それに、「レディ・ジェーン」「ゴーイン・ホーム」「アウト・オブ・タイム」「テイク・イット・オア・リーヴ・イット」等々、きりがないですね。

アルバム全体通して、派手さはないですが、勢いだけではない、素晴らしい楽曲が揃っています。

久しぶりに聴いて、懐かしくも、これが初期のストーンズの集大成で、以後のサウンドの方向性を示した作品なんだろうなぁ、と思ったりもしました。
(と、勝手に解釈しているだけで、実際の歴史的な評価は知らないんですがね)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。って、持っているのがフランス盤ですからね(笑)
ちなみに、右のCDはUK盤仕様ですね。私が中学生の時に聴いたのもUK盤仕様です。


◆iTunes StoreでAftermath (UK) - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ アフターマス Aftermath

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! /ストーンズ

ストーンズの初期のアルバムで、持っているものをまとめてつぶやいています。
今回は4枚目ですね。

ストーンズのアルバムを手にしようとした時に、やはりライブ盤は気になりますよね。
これは聴いておかないと、って思ってしまいます。

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!
Got Live If You Want It!

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!前出の45回転12インチシングルと同タイトルですが、こちらが一般的に知られているライブ・アルバムですね。

1966年発表の一応ストーンズの最初のライブ・アルバムですが、アメリカでのみで発売されたものですね。

手にしたのは、ロンドン・レコードとの契約が25年を迎えたキング・レコードが企画したシリーズで、1976年に発売されていますが、もちろん購入したのは後になってからです。
ちなみに1,500円です(笑)

アルバムの発表時期は「アフターマス」「ビッグ・ヒッツ」の後ですね。
「ビッグ・ヒッツ」に収録されている曲が多いので、それらをライブ・ヴァージョンで聴く事ができたという楽しさもありました。

この、ライブ・アルバムですが、ほとんどのヴォーカルを取り直し等でいじっているらしく、「恋をしすぎた」「フォーチュン・テラー」の2曲はスタジオ録音へ歓声をオーヴァーダブした、擬似ライブだそうですね。
確かに、違和感のある箇所が、かしこにあるにはありますね。

そのせいか、評判が悪かったりもするようですが、それでもストーンズのライブなんです。

熱狂の中の演奏自体はエネルギッシュでワイルドでスピード感があり、素晴らしいのではないでしょうか。
テンポも早くて、勢いありすぎて、走ってる走ってる(笑)

こういうものは、録音状態についてどうのこうのいうのは野暮ですね。
「アンダー・マイ・サム」から「サティスファクション」まで、生々しさ抜群の、この時代のストーンズのライブを純粋に楽しむのが一番かと思います。

正直言うと、同じタイトルでも12インチシングル盤のライブの方が好きなんですけどね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでGot Live If You Want It! - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! Got Live If You Want It!

ビッグ・ヒッツ/ローリング・ストーンズ

ストーンズの初期のアルバムで、持っているものをまとめてつぶやいています。
今回は3枚目ですね。

ビッグ・ヒッツさすがにストーンズの全アルバムに手をだす程お金の余裕はないので、過去のアルバムを聴きたいと思った時は悩みどころでした。
結局、初期の曲を聴きたいと思い、手を出したのがベスト・アルバムですね。

ビッグ・ヒッツ[ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス]
Big Hits [High Tide and Green Grass]

1966年発表ですが、これもまた、US盤とUK盤があるようですね。

ちなみに手に入れたのは、恐らく1981年にロンドンレコードから出された国内再発盤で、内容はUK盤仕様です。

ビッグ・ヒッツ表初期のストーンズのアルバムはややこしいですね。
同名タイトルでもUS盤とUK盤で発売時期がズレていて、収録曲もかなり違いがありますね。

このアルバムだと、US盤が3月でUK盤が11月で、その発表の間に「アフターマス」が発表されてるのかな?
とはいっても、「アフターマス」の内容もUS盤とUK盤とでは違うようですし。難しい…。

ジャケット写真も違っていて、UK盤はUS盤の表ジャケットを裏ジャケットに使用していますね。

ビッグ・ヒッツ裏右の写真の上が持っているUK盤の表で、下が裏ですね。
US盤のアルバムはさすがに持ってません。

収録曲は、基本的にはUKでシングルで発表されたものを集めたものですね。
元々、UK盤のアルバムにはシングル曲は収録されてなかったようで、それをまとめて聴く事のできるヒット曲集ですね、このアルバムは。

当然、「カム・オン」「サティスファクション」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」等々、初期の名曲目白押しです。
ジャガー/リチャードのオリジナル曲も多くなってますね。

やっぱりとにかくカッコいいですね。理屈抜きです。
個人的には、何と言っても「リトル・レッド・ルースター」がカッコいい!

ひとまず、初期の有名曲、代表曲は聴く事ができました。

それでも、現在進行形で聴きだしたのは「女たち」「エモーショナル・レスキュー」辺りからだったので、まだまだそれ以前の作品は数多くあったんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

紹介している右のCDはUS盤ですが、CDはUS盤のみしか出てないのかな?

◆iTunes StoreでBig Hits (High Tide and Green Grass) - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ ビッグ・ヒッツ(ハイ・タイド・アンド・グリーン・グ ベスト・アルバム

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! (45回転)/ストーンズ

ストーンズの初期のアルバムで、持っているものをまとめてつぶやいています。
今回はその2枚目ですね。

これは、手にした経緯はさっぱり思い出せないのですが、内容も良く分かってないのに手を出したと思います。

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!
Got Live If You Want It!

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! (45回転)1965年発表のライブ・アルバムです。
といっても、同タイトルの1966年発表のアメリカ盤ライブ・アルバムではなく、これは45回転12インチ盤、いわゆる12インチシングル盤の方です。(この頃のストーンズはアルバム・タイトルとか、その内容とかが紛らわしいですね)

元々はイギリスでのみでリリースされたEP盤という事がどこかで書いてありましたが、EPというと7インチで33回転のものを言うのではなかったかな?
(日本では45回転7インチ盤の“シングルレコード”もEPと呼ぶことがありますね)
というとこれは復刻版なのかな?
良く分からないのですが、一応 Decca の輸入盤です。

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! (イメージ)珍しく収録曲を記しておきます。

〈Side One〉
We Want The Stones(観客がこのフレーズを叫んでいるのみです)
Everybody Needs Somebody To Love(サビのみですぐ次曲へ)
Pain In My Heart
Route 66
〈Side Two〉
I'm Moving On
I'm Alright   となっています。

とにかく、ライブの熱気が凄くて、演奏にも勢いがありカッコいいですね。
観客が熱狂している空気がびしばし伝わってきて、臨場感抜群です(録音はいじってないと思うんですが)。

一番気に入っているのは、「I'm Moving On」。
特にスライドがカッコいいです。ブライアン・ジョーンズですよね、最高です。
ミックは当然素晴らしいですが、結構、ビル・ワイマンのベースがぶいぶい鳴っていて効いてますね。

やはり、デビュー当時からライブは素晴らしかったんですよね。
その真骨頂を聴かせてくれる(ミニ)アルバムでした。


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。って、12インチシングル盤ですからね。

◆iTunes StoreでThe Rolling Stonesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! 12インチシングル

ローリング・ストーンズのファースト

ストーンズは大好きですし、よく聴いていましたが、マニアではないので、それこそマニアックな事までは知りません。
その辺りは、これだけの偉大なバンドですから、書籍やらネット上でも詳しい事があちこちにあると思いますので、ここではいつものようにレコードを手にして、分かる範囲で感想等を、と思います。

さすがにストーンズの全アルバムを持っているわけではないので、今回は初期のアルバムで持っているものを引っ張り出してきて、数枚まとめてつぶやきたいと思います。

このブログでは初めて出てくる、ブライアン・ジョーンズ在籍時のストーンズですね。
まずはこれ。タイトルそのままの、

ザ・ローリング・ストーンズ
The Rolling Stones

ザ・ローリング・ストーンズ1964年発表のストーンズの記念すべきファースト・アルバムですね。
ですが、もちろんオリジナルではありません。国内再発盤です。

UK スタジオ・アルバムのオリジナル・ジャケットは右上のマークはもちろんDeccaですが、このジャケットの右上はロンドンレコードのマークです。
そして、それ以外の表記がまったくないという、シンプルで黒っぽいイメージを感じさせるものですね。

同タイトルで、収録曲がちょっと違うアメリカ盤がありますが、この国内盤はUK盤仕様のようですね。

ダーティ路線でデビューしたといっても、改めて聴くと、若々しく、瑞々しいですね。
サウンドは時代が時代ですし、まだまだ荒削りですが、ブルース、R&B、R&R等、黒人音楽に対するリスペクトが感じられ、愛情溢れる演奏ですね。
それに何と言っても勢いがあります。

この頃は、まだカバーがほとんどで、オリジナルは3曲でしょうか(たぶん)。
デビュー当時、メンバー5人による共作の時に使われていた、ナンカー・フェルジ (Nanker Phelge)名義の曲が1曲。
ナンカー・フェルジとフィル・スペクターの共作が1曲。
おなじみのジャガー/リチャーズ(当時はリチャードかな?)名義で「Tell Me」が入っています。
(ちなみにアルバム・プロデュースの際に使用するのが、グリマー・ツインズ(The Glimmer Twins)ですね)

この当時としては、もの凄いインパクトだったのでしょうね。
改めて聴いてみると、ブライアンのギターとかはもちろんカッコいいのですが、ミックの存在感が際立っていて、ヴォーカルが本当に素晴らしいです。
ちゃんと故イアン・スチュアートも数曲で参加してますね。

本国イギリスで、12週連続No.1だったそうですからやはり凄い。
ちなみにこの時のビートルズは「With The Beatles」だったそうです。

この時代から第一線で活躍しているんですから、本当にとてつもないですね。
間違いなく、ストーンズの第一歩がここに流れていました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

※ちなみに右のCDはアメリカ盤仕様で、「England's Newest Hit Makers」のタイトルですね。
私が持っているUK盤仕様は、アメリカ盤1曲目の「ノット・フェイド・アウェイ」がなく、変わりに「モナ」がA面4曲目に収録されてます。UK盤1曲目は「ルート66」から始まります。
UK盤は再発されてないのかな?


◆iTunes StoreでThe Rolling Stones (UK) - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ The Rolling Stones ファースト・アルバム

Outlaws/アウトローズ

元々は、サザン・ロックと思って聴きだしたのではなく、高校の時のバンドの友人が何故か持っていたんですよね。
それを聴かせてもらって、すっかり気に入ってしまったという訳です。
それがアウトローズ。手にしたアルバムはタイトルがそのままの、

Outlaws

Outlaws1975年発表のデビュー・アルバムですね。
購入したのは中古の輸入盤です。ちなみに邦題は「戦慄のアウトローズ」(凄い邦題)。

ギターがかなり気持ちいいです。ギターの音色はペキペキ系にサスティーンが効いた感じで、弾きまくってますね。
何たってトリプル・ギターです。

加えて特徴的なのが、ヴォーカルとコーラスが実に美しいこと。

サザン・ロックというにはかなり爽やかですかね。
そういう点では、オールマンのような土臭さやブルース・フィーリングを求めると肩すかしを食らうかもしれません。
レーナード・スキナードほど、ガツンともきません。

トリプル・ギターという事もあってか、同じサザン・ロックとしては、どちらかというとレーナード・スキナードに近いかもしれません。
(どちらかというと、ですがね)
フロリダ州出身というのも関係あるのかな(レーナード・スキナードもですよね)。
ただ、メンバーの事とかは良く分かっていません。情報が少ないんですよね。

曲調はカントリー色も相まって、ウェスト・コースト・ロックの香りが強く漂ってきます。
いきなり、イーグルスか?と思う程、爽やかなコーラスになったりしますから。

収録曲では、A面1曲目の「There Goes Another Love Song」からギターにコーラスにとご機嫌なサウンドを聴かせてくれます。スカッとしますよ。

B面1曲目の「Waterhole」なんかは、カントリー・フレイバーたっぷりのツウィン・ソロで聴かせるギター・インストで、短い曲ながら無茶苦茶楽しいです。

アルバム最後の「Green Grass & High Tides」は、曲の展開も弾きまくるギターもいかにもサザン・ロックという感じで、カッチョイイっす。

アルバム通して聴いていて実に気持ちよくて、ご機嫌なサウンドを聴かせてくれているのですが、そこから一歩抜きん出るものがなかったのでしょか、残念ながら日本では知名度が今いちのようです(本国ではどうかは知らないんですが…)。

私は今も気に入ってるんですが。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Outlawsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : アウトローズ Outlaws 戦慄のアウトローズ サザン・ロック

American Hero/マイク・ブルームフィールド

白人ブルース・ギター・ヒーローのマイク・ブルームフィールドです。
とはいえ、この人のアルバム、特に1970年代以降のものはなかなか手にする事ができませんでした。

このアルバムも、どのような経緯のものかはよく分からないのですが、レコード店で目にしてとにかく手を出しました。

American Hero

American Hero1984発表の輸入盤を手にしましたが、アルバム詳細はまったく分かりません。
イギリス盤です。

1965年からのバターフィールド・ブルース・バンド、そしてエレクトリック・フラッグ、その後のスーパー・セッション。
1973年のジョン・ハモンドとDr.ジョンとの「三頭政治(Triumvirate)」。
ここら辺までは、ソロ・アルバムもはさんで、活躍していたようですが、その後はソロ・アルバムを出しているものの薬物の問題もあり目立った活躍が少ないようで、情報も極端に少なくなってしまうんですよね。

「Junko Partner」(1982年)というアルバムがありますね。
そちらは持ってないので、はっきりとは分からないですが、ジャケットがほぼ同じで、収録曲も同じなのではないでしょうか。
すると、どういう繋がりなのだろうか?さっぱり分かりません(苦笑)

ちなみにジャケットはアコースティック・ギターを持っているイラストですが、アコースティックの曲はありませんね。

で、このアルバムの内容ですが、ブルースと言っても、様々なスタイルのブルースを、かなりリラックスして演奏しています。
演奏自体は、録音状態も含めて結構ラフなんですが、それがかえって本当に楽しそうな雰囲気をかもし出していて、何ともいい感じです。
恐らくボーカルは本人のようですね。上手くはないですが、気持ちよさそ~に歌ってます。

たっぷりとブルース・ギターを聴かせてくれる曲はもちろんご機嫌ですが、数曲収録されているニューオーリンズ風の曲がいい味出してます。
A面5曲目の「Junko Partner」はドクター・ジョンの「ガンボ」(記事はこちら)にも入っている曲ではないでしょうか。
(プロフェッサー・ロングヘアもやってますね)

内容詳細が分からなくても、何たってマイク・ブルームフィールドのギターですからね。
充分楽しめました。

それにしても、37歳没(1981年2月15日)ですか…。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAmerican Hero - マイク・ブルームフィールドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マイク・ブルームフィールド アメリカン・ヒーロー American Hero

Really/J.J.ケイル

さてさて、なかなか情報が得にくいこの人、J.J.ケイルです。大ファンです。
これまで、ベスト・アルバム「スペシャル・エディション」とデビュー・アルバム「ナチュラリー」をここで紹介しました。

すっかり、このいぶし銀の世界に魅了されてしまった訳ですが、購入時期も思い出せないので、ここは、順番に「ナチュラリー」に続く2ndアルバムについてです。

リアリー」(Really

リアリー1972年(73年?)発売。
シェルターから出されたJ.J.ケイルの2ndです。

購入は国内盤の「ロック・スーパー・コレクション」というシリーズで、1978年に1,500円で再発されたものですね。

ダルそうなハスキーなヴォーカルと控えめで渋いギターは相変わらずです。
収録曲について何曲か紹介すると、

1曲目の「ライズ」(Lies)がちょっとだけヒットしたようです。この曲はホーン・セクションが効果的に使われていて(他曲では使ってないですね)、ギターも渋くて良い曲ですね。

B面2曲目の「ゴーイング・ダウン」(Going Down)はドン・ニックス作のようですが、この曲はジェフ・ベックなんかもやっていて有名ですが、J.J.ケイルのアレンジはまさにこの人ならではのダルさで演奏されていて、これがまた魅力です。

B面5曲目の「モージョ」(MoJo)はマディの有名な曲ですが、ここでも緊迫感とか迫力とかとは違う、しかし渋~い演奏をさらっとやってますね。

上記の2曲以外は本人の作品ですが、どの曲も楽曲は良くできていますし、ギターは実にツボにはまっていて、特に凝っているわけではないシンプルなアレンジもこの人の演奏にピッタリハマっています。
そして、決して声を張り上げる事なく、ルーズとも言えるその歌声は、男の哀愁が漂ってるな~。

ブルース、R&B、カントリーや南部の香り等、様々なエッセンスを感じ取れますが、結局は味わい深いこの人の世界。
この世界にハマると何だか抜け出せないんですよね。

まぁ、大ファンですから良い事しか言わないんですが、人によってはこのルーズさやラフさ加減を受け付けない人もいるだろうことは否定できませんね。

クラプトンが憧れ、影響を受けたというJ.J.ケイル。
何ものにも惑わされる事のない、我が道を行く、その音楽に対するスタンスがカッコいいです。

レイドバックという言葉は曖昧ですが、それでも、これぞ“レイドバック”なのかなぁ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでReally - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル リアリー J.J.Cale Really

ボーン・イン・ザ・U.S.A./ブルース・スプリングスティーン

「ボス」の登場です。
間違いなく“アメリカ”を代表するロッカーですね。
ブルース・スプリングスティーンです。

ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born In The U.S.A.

ボーン・イン・ザ・U.S.A.1984年発表の7枚目のアルバムで、言わずとしれた大ヒット作です。

その人気を決定づけた、誰もが認める世界的スターへと押し上げたアルバムですね。
実は、弟がハマりまして、これは弟所有のアルバムで、便乗して聴かせてもらいました。

前作はアコースティック・ギターとハーモニカによるアルバムだったため、バック・バンドであるEストリートバンドを従えては、3年9ヶ月ぶり(かな?)のアルバムです。

正直言いますと、サウンドやメッセージ性の高さを含めてストレート過ぎて、聴いていてちょっと気恥ずかしいところがあったんですよね。

ただ、そのロックン・ロールに対する純粋な姿勢、演奏、魂のこもった激しく叫ぶヴォーカル等、迫力あり、説得力があります。
デビュー以来バックを務める、Eストリートバンドの演奏もそれらを見事にサポートしていますね。
(Eストリートバンドは1988年に発展的解散)

タイトル曲の「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born in the U.S.A.)や「ダンシン・イン・ザ・ダーク」(Dancing In The Dark)等、ノリの良い曲も渋い曲も、どの曲も印象的で、実際、半分以上がシングルカットされていて、どの曲もヒットしたのではないでしょうか。

そのタイトル曲の「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」の歌詞の内容を見るとベトナム戦争後の苦悩を扱っていますが、そのサビのフレーズの勢いのせいで、愛国歌というように捉えられて、政治にも利用されそうになっていたようですね(レーガン大統領のキャンペーンでしたか)。

日本でも、メディアはアメリカの代弁者として、どちらかというとアメリカの愛国歌みたいに扱っていたようにも思います。

そう考えると、私自身がそのメディアが植え付けたイメージをモロに受けてしまった気がします。
情けなく、お恥ずかしい話ですが、そうとなれば、過去のアルバムもきちんと聴かないとダメですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorn In the U.S.A. - ブルース・スプリングスティーンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ブルース・スプリングスティーン ボーン・イン・ザ・U.S.A. Bruce Springsteen

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。