スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウンド・ドッグ・テイラーのデビュー・アルバム「Hound Dog Taylor and the Houserockers」

荒々しく、とことんダーティなスライドを豪快に弾き放つ、エルモア・ジェイムスもビックリのハウンド・ドッグ・テイラーです。
このブログ2枚目となるのが、ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズの、

Hound Dog Taylor and the Houserockers

Hound Dog Taylor and the Houserockers1971年発表のデビュー・アルバムですね。
もちろん、この人のためにできたという、アリゲーター・レーベルからのリリースです。
中古の輸入盤(イギリスの再発盤)を手にしました。

何とも特徴的な2人のギターにドラムスという変則トリオ編成で、ハードなブギをガンガンやってます。
基本的にはセカンド・ギターのブリュワー・フィリップスがベース・ラインも弾いてます。

収録曲では、A面1曲目のハードに突き進むワンコード・ブギの「She's Gone」。
B面1曲目の、エルモアの曲だけど、よりワイルドな「Wild About You Baby」等々、聴きごたえ充分。
「It Hurts Me Too」(B面3曲目)なんかもこの人のスタイルでやってます。なので渋くはないです(笑)

中でもB面5曲目の「Give Me Back My Wig」は2人のギターの絡みもスリリングで、ドラムも激しく、スピード感があって、このバンドの真骨頂ではないでしょうかね。

また、この人のシャウト気味のヴォーカルがサウンドに抜群にあってるんですよね。

リード・ギターがスライドではない曲が2曲あり、これはブリュワー・フィリップスのギターのようなのですが、これまた攻撃的で荒々しいです。

ハウンド・ドッグ・テイラーのスライドは、不協和音のようだと、よく言われますが、全くその通りです(笑)
ただ、それがどうすればこんなに強烈にカッコ良くなるのだろうか…。

この人のスライドは一度聴いたらやみ付です。

生前に残されたスタジオ録音は前回ブログで登場した「Natural Boogie」とこのアルバムの2枚のみのようですね。
ライブ盤リリース前の1975年に他界してます。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。


◆iTunes StoreでHound Dog Taylor and The HouseRockers - Hound Dog Taylor & The HouseRockersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ Hound Dog Taylor

モージョ・ハンド/ライトニン・ホプキンス

このジャケットをレコード店で見つけたときは鳥肌ものでした。
ブルースを追いかけていれば、嫌でも目に焼き付いてしまうジャケットですよね。

グレート・テキサス・ブルースマン、ライトニン・ホプキンスの、

モージョ・ハンド」(Mojo Hand

モージョ・ハンド元は1960年録音の名盤中の名盤ですね。
手にしたのは、この有名なジャケットのファイア盤をPヴァインが国内で1983年に再発したものです。

この再発盤発売のニュースは、当時はファンの間でビッグ・ニュースとして大歓迎されたようです。
当時の私は、それがどれだけ待ちに待ったことなのかは良く分かってはいなかったのですが、おかげでブルースを聴きだして間もないのにすぐに手にすることができたのはラッキーでしたね。

それにしてもこのジャケットは強烈ですね。
そして、このジャケットに負けず劣らず、迫力の内容です。

レコーディングはニューヨークで行われ、基本的には、ベースとドラムをバックにアコースティック・ギターを弾くバンド・スタイルです。

1曲目の「Mojo Hand」からダーティなヴォーカルにかき鳴らすアコースティック・ギターにと、ライトニン節が炸裂していますね。
途中の「ヘッヘッヘッ」という、にやけた笑い声が最高ですね(笑)

B面1曲目の「Glory Bee」なんかもスローなブルースが生々しいです。

A面4曲目の「Black Mare Trot」のような、軽快なギターを聴かせるインストなんかも面白いですね。

結局、どの曲もライトニン節を堪能できて、文句無しです。
それにしても、歌はもちろんですが、本当にギターが鋭く力強くカッコいいですよね。

1946年のレコード・デビューから人気も確固たるものとなっていたのにも関わらず、1950年代中頃から一旦、このようなスタイルのブルース需要の減少から録音の機会がなくなるという憂き目にもあっていたようです。
ただ、1959年にサム・チャーターズによって、いわゆる“再発見”されてからの活躍は、このアルバムを含めてこれまた凄いものですよね。

いやぁ、それにしてもこのアルバムは、ライトニン・ホプキンスのディープな世界が詰まった、聴きごたえのあるアルバムです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMojo Hand - The Complete Session - Lightnin Hopkinsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ライトニン・ホプキンス モージョ・ハンド Mojo Hand

Okie/J.J.ケイル

極渋のいぶし銀ミュージシャン、J.J.ケイルです。今回は、

オーキー」(Okie

オーキー1974年にシェルターから出された3rdアルバムですね。

購入したのは、1979年の国内再発盤の更に中古です。
「リオン・ラッセルと彼をとりまくサムライたち」という凄い名前のシリーズで出されたうちの1枚です。
レオンでなくリオンと表記されてますね。

まぁ、相変わらず情報が少なく、詳しい事は知らないんですが、この“Okie”というタイトルについてはライナー・ノーツにも触れられていて、そもそもの意味はオクラホマ州の人のことを示すらしいのですが、あまり良い使い方をされる言葉ではなく、同時に不況の時代(特に大恐慌時)のオクラホマ州出身の移動農業労働者のことも指しているそうです。

本人がオクラホマ出身なので、一時はカリフォルニアで活動していたりしたものの、結局、オクラホマ州タルサに戻ってきた自身のことを、自ら皮肉っているところもあるのでしょうかね。

アルバムの内容ですが、相変わらず、渋く、土臭く、男の哀愁を漂わせるつぶやくようなヴォーカルですが、はっきり言って、地味すぎです(笑)
別にこの人に派手さを求めるつもりは毛頭ないですが、このアルバムは特にですね。

「ケイジャン・ムーン」(Cajun Moon)や「アイ・ゴット・ザ・セイム・オールド・ブルース」(I Got The Same Old Blues)等は、味わい深いJ.J.ケイル節を楽しめますが、全体として楽曲としての印象がちょっと薄いでしょうかね。

その原因にもなっているかもしれませんが、どの曲も短い…。
ほとんどが2~3分で、まるで途中でフェイド・アウトしてしまっているような曲もあるんですよね。

つぶやくヴォーカルに派手さの全くないギターとそのサウンドは、いくら渋いとかいぶし銀と言えども、退屈だったりどれも同じように聴こえてしまったりと、人によってはいまいちと思うだろう事はやむを得ないかもしれないですね。

ただ、私は淡々としたこの世界に引き込まれてしまって、抜け出せません(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOkie - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル オーキー J.J.Cale Okie

エリック・クラプトンの初のソロ「Eric Clapton」

ロックを聴きだした頃から真っ先に熱心に聴いていたクラプトンですが、そうそうレコードを買うことができなかった少年の頃は、カセット・テープにできる限り様々なアルバムを録音して聴いたものです。

ただ、そうすると反対に、いざレコードを購入するという時に、なかなかクラプトンのアルバムに手が出ないんですよね。
後回しになるといった感じなんです。

これも、そんな訳で、結構後になってから手に入れました。クラプトンの、

Eric Clapton

Eric Clapton1970年8月発表の初のソロ・アルバムですね。

中古の国内盤を手にしました。
余談ですが、この中古盤にはライナー・ノーツが何故か2枚入ってます???

時期的にはブラインド・フェイス解散(1969年)後で、デレク・アンド・ザ・ドミノスの名作「レイラ」(1970年)の前ですかね。

そのブラインド・フェイス解散後の1969年末にデラニー&ボニーのツアーに参加して、その音楽性に相当の刺激を受けたというのは有名ですよね。
(この時のライブのアルバムが「On Tour/Delaney & Bonnie &Friends with Eric Clapton」)
そして、このアルバムではデラニー・ブラムレットをプロデューサーに起用して、そのサウンドにも大きく反映されています。

参加メンバーも、デラニー&ボニーのツアーの時のメンバーが中心で、レオン・ラッセルらの名前があります。
曲もデラニー・ブラムレットとクラプトンの共作が多いですね。

そのサウンドは、スワンプ・ロック系で、南部の香りプンプンで、加えて非常にリラックスしていて楽しそうに演奏しているのが伝わってきます。

いい曲が揃ってます。
「ブルース・パワー」(Blues Power)、「レッド・ワイン」(Bottle of Red Wine)、「家から遠く」(Lonesome and a Long Way from Home)等々、結局どれも好きですね。

J.J.ケイルの「アフター・ミッドナイト」(After Midnight)もこのアルバムで取り上げられています。かなりアップテンポなのに驚きましたが、いいですね。

もちろん初のソロ・アルバムですからヴォーカルもとってますが、既に充分枯れてて甘くていい感じです。

決してギター・アルバムではなく、この頃のクラプトンが、こういう音楽をやりたかったんだ~、というのが伝わってきます。
ただ、「レット・イット・レイン」(Let It Rain)の最後のギターはやはり最高ですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEric Clapton - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エリック・クラプトン 初のソロ Eric Clapton アフター・ミッドナイト レット・イット・レイン

激しい雨/ボブ・ディラン

ボブ・ディランについては毎回言ってるんですが、アルバム枚数が多くて、ちょっと聴いてみようという感じでは、追いかけきれないんですよね。
各時代での影響力も大きすぎて、コアなファンも多いでしょうから、あまりいい加減なことも言えませんしね(笑)

結局、気になる所をつまんで聴くことになってしまうんですよね。
で、今回は、ライブ・アルバムです。ディランの、

激しい雨」(Hard Rain

激しい雨1976年発表のライブです。中古の国内盤を手にしました。
時期としては、スタジオ盤「欲望」(1976年)の後になります。

ライブ自体も1976年5月に行われたもので、ディランを中心に行われたローリング・サンダー・レヴューの第2期の時のものですね。

1曲目の「マギーズ・ファーム」(Maggie's Farm)から、勢いのある歌とサウンドは素晴らしい演奏です。

で、ライナー・ノーツを読んでいくと、どの曲も原曲とのアレンジの対比で紹介してして、よりハードに生々しく演奏されているものが多いとのこと。

あれ? ということは、原曲を知らないと、その違いが分からないんですよね。
これはちょっと失敗でした。
収録曲を見てみると、残念ながらほとんどの原曲を知りませんでした。今でも原曲を知らない曲があります。
つまんで聴いていたので、やむを得ないですが、ちょっと残念ですね。

それでも、このライブ・アルバムを聴くと、原曲云々を置いておいても、ディランの歌とバックの演奏がパワーに満ち溢れていて、ライブの臨場感もビシバシ伝わってきて聴きごたえがあります。

それにしても、最後の10分を越える「愚かな風」(Idiot Wind)が特に壮大で圧巻ですね。

このライブでは、テレビ用の収録もされて、全米で放映されたようで、更にその後、日本でも放送されたようですが、残念ながらそれは知りませんでした。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBob Dylanをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ボブ・ディラン 激しい雨 Hard Rain ライブ

訃報/キャンディーズのスーちゃん

すいません、急遽、臨時のつぶやきです。

いきなり入って来た訃報です。
キャンディーズのスーちゃんこと田中好子さんが昨夜(4月21日夜)乳がんのため東京都内の病院で死去とのこと。
まだ、55歳ですよ。若すぎます。
それにしても全然知りませんでした。残念です。

私が子供の頃、何もいきなりロックを聴きだしたわけではありません。
歌謡曲や歌謡音楽番組にももちろん夢中になっていました。
中でも、キャンディーズは大好きで、歌はもちろんバラエティ番組なんかも楽しかったですよね。

途中から、ピンク・レディーが出て来て、そちらに人気がどんどん傾いていって悔しい思いをしたものです。

更に悔しかったのは札幌で行われた、解散時の全国縦断ファイナルコンサート「ありがとうカーニバル」を観に行けなかった事。
だだこねた事を思い出します。

キャンディーズ・ファイナルカーニバル・プラスワン今回の訃報を聞いて、アルバムを引っ張りだしてきました。
1978年4月4日後楽園球場での最後のライブを収めた、

「キャンディーズ・ファイナルカーニバル・プラスワン」

大歓声の中、ヒット曲を織り交ぜた、涙もののアルバムです。
EW&Fの曲なんかを歌っていたりもするんですよね。(3枚組で3枚目はスタジオ録音盤ですね)
観に行けなかった分、何度も何度も聴いたものです。懐かしいです。

スーちゃんのその後の女優としての活躍は素敵でしたよね。
個人的には「ちゅらさん」のお母さん役が可愛くて印象に残ってます。

こんなことでキャンディーズのアルバムを紹介するとは…。

スーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : キャンディーズ ファイナルカーニバル

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのファースト

ちょっと鼻にかかった甘ったるい声が好みの分かれる所ですが、ポップなセンスも持ち合わせたストレートなロックが魅力のトム・ペティです。
今回はこのブログ3枚目ですが、このアルバムを、

Tom Petty & The Heartbreakers

Tom Petty & The Heartbreakers1976年発表のシェルター・レーベルからリリースされたトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのデビュー作ですね。
中古の輸入盤を手にしました。

トム・ペティの顔が映るジャケットを見たら、少なくともこのアルバムからアメリカン・ルーツ・ミュージックが香るとは思わないですよね。
その通りに、最初はニュー・ウェイブ系(もしくはパンク系)の扱いで、随分苦戦したようです。

ジャケットのトム・ペティを見ると、サラサラの金髪にちょっと引きつらした唇にこちらを見据える目…、不適にも、もの寂しくも見えるその表情ですが、いったい何を思うか…。1950年生まれなんで、この時まだ20代半ばですからね。

実際、このアルバムではまだまだシンプルなバンド・サウンド主体で、味わい深いとか、渋いとかとは距離のある音です。
ただ、そのサウンドはその後のトム・ペティが繰り出していくアメリカン・ロックの音を既に成していて、シンプルな分、単純でカッコいいです。

アルバムはA面1曲目の「Rockin' Around With You」からシャープな演奏が流れてきますね。
その後のライブで、観客が大合唱する「Breakdown」やお馴染みの「American Girl」を既にこのデビュー・アルバムで聴く事ができるんですよね。

デビュー・アルバムにして、トム・ペティのソングライターとしての力量を改めて感じます。いい曲です。

加えて、ハートブレイカーズの演奏が本当にハマってます。
フロントにトム・ペティがいるものの、演奏に一体感があり勢いがあるのもこのバンドの魅力ですね。
個人的にはマイク・キャンベルのギターが特に効いてるように思っています。

トム・ペティはフロリダ州ゲインズビルという南部出身とのことですが、やはりその後に、音楽性豊かに南部色を強めていく、そのサウンドのベースとなっているんですかね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTom Petty & The Heartbreakers - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ファースト Tom Petty & The Heartbreakers

フェスティバル/サンタナ

ギター少年時代には気になるギタリストの一人でしたね、カルロス・サンタナ
で、バンドのサンタナが大ヒットアルバム「アミーゴ」の次に出した、真っ赤なバラをあしらったジャケットが印象的な、

フェスティバル」(Festival

フェスティバル1976発表ですね。国内盤の中古を手に入れました。

元々バンドのメンバーの入れ替わりがかなり激しいようですが、コアなファンはきっと、デビュー時のパーカッショニスト、チェピート・アリアスがこのアルバムで復帰しているのを喜ばしいニュースとして楽しみにしたのでしょうね。

ただ、私は残念ながらそこまでは追いきれていません。
正直言いますと、やはり、カルロス・サンタナのギター中心に聴いてしまってます。

アルバムは、ホイッスルが高らかに鳴り響いて始まる「Carnaval」からメドレーとなっているアルバム冒頭の3曲が、ラテン・パーカッションが躍動し、カルロス・サンタナのギターも白熱して、聴きごたえありますね。

「哀愁のヨーロッパ」の続編のようなB面1曲目の「哀愁のボレロ」(Revelations)は、ベタではありますが、泣きのギターがやっぱりいいですね。日本人が好きそうですもんね。

アルバム最後の「情熱のマリア」(Maria Caracoles)はホーンも入り、陽気なラテン・サウンドを聴かせてくれてアルバムを締めくくっています。

それにしても、ヴォーカル入りの曲があまりにもメローで、他の情熱的なラテン・ロック・サウンドとかけ離れているのがちょっと気になる所ではあります。
更に、ダンサンブルなファンキー系の曲ありと、ちょっと散漫な感じもしてしまいます。

心躍るラテン・ロックを求めてしまうのは、こちらのサンタナに対するイメージが固まりすぎているかもしれないんですがね。
ただ、こればかりはどうしてもそうなってしまいます。

かなり余談になりますが、B面2曲目あたりは曲といいギターといい、ほとんど高中正義の基本形ですね(笑)
もちろん、言うまでもなくこちらが元ですが。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFestival - サンタナをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : サンタナ フェスティバル

マーシャル・タッカー・バンドのファースト

学生の時にサザン・ロックやウェスト・コースト系を中心としたアメリカン・ロックにとてつもなく詳しい後輩がいて、その彼から教えてもらったバンドのひとつです。

南部のサウスカロライナ出身のサザン・ロック・バンド、マーシャル・タッカー・バンド
所有しているアルバムの購入時期は忘れましたので、まずはこのアルバムから、

「The Marshall Tucker Band
(邦題:キャロライナの朝焼け

キャロライナの朝焼け1973年発表のデビュー作です。
国内盤の中古を入手しました。

既に人気グループとなっていたオールマン・ブラザーズ・バンドと同じキャプリコーン・レーベルから、オールマンの弟分として、第2のオールマンと期待されて、1973年にこのアルバムでデビューしています。
実際、このファースト・アルバムをはじめ、かなりの人気を博することになりますね。

ちなみにバンド名はマーシャル・タッカーという人がいるわけではなく、故郷の練習場の古いビルにちなんでいるそうです。(ライナーノーツより)

サザン・ロックではあるのですが、カントリー・ロックと言った趣も強く、時に素朴で牧歌的なおおらかさがありますね。
バンドの中心人物である、トイ・コールドウェルのギターが何といっても気持ちよく、この人のギターがサウンドを引っ張っています。

そして、このバンドの特徴でもあるのが、ロックでは珍しいフルート。
結構、スケール感の大きい曲にはアクセントを与えているのではないでしょうか。

収録曲では、A面1曲目2曲目と続く「Take The Highway」と「Can't You See」がやはり素晴らしい出来で人気もありますね。
「Hillbilly Band」から始まるB面はよりカントリー・フレイバー漂う楽しい曲が揃ってます。

オールマンのような南部色の強い迫力あるサウンドではないですが、気負いのない爽快感がかなり魅力的です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Marshall Tucker Band - The Marshall Tucker Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : マーシャル・タッカー・バンド キャロライナの朝焼け サザン・ロック

エルヴィン・ビショップ・グループ

このブログでは3枚目となる、エルヴィン・ビショップです。
バターフィールド・ブルース・バンドでそのギターを初めて聴いてから、マイク・ブルームフィールドと同じくらい、いやそれ以上気になってしまい、その後も追いかけました。

今回はソロに転向してから(グループ名義ですが)最初のアルバムです。

The Elvin Bishop Group

エルヴィン・ビショップ・グループ1969年発表。中古の輸入盤を手にしました。
バターフィールド・ブルース・バンドを1968年に脱退し、自身のバンドを組んで初となるアルバムですね。
ビル・グレアムのフィルモア・レーベルからリリースされています。

正直言いますと、エルヴィン・ビショップの初期のアルバムはかなり探したんですよね。

既にブログに登場した2枚のアルバム「ホームタウン・ボーイ」「ホッグ・ヘヴン」は比較的すぐに手にできたのですが、このアルバムを含めてそれ以外は、結構苦労しました。
なので、思い入れあります(笑)

A面1曲目の名曲「The Things That I Used to Do」から南部の香りバッチリで、ギターも気持ち良さそうに弾いています。
A面はブルース色が出ていますが、B面はその後の南部に根ざしながらもポップな要素を取り入れたサウンドを既に聴く事ができますね。

バターフィールド・ブルース・バンドを脱退したばかりなので、まだまだブルース色が強いかとも思ったのですが、必ずしもそうでもなかったです。

リラックスした土臭いサウンドと、やんちゃなギターも健在で、ちょっと、声がひっくり返るようなヴォーカルも味があってやっぱりいいですね、この人は。
トレードマークのES-345はこの時もう弾いているんですかねぇ。

本当にギターも歌も何だか素朴な味わいで、聴いていて楽しいんですよね、エルヴィン・ビショップは。
あっ、もちろんスローな曲もやっていて、味わい深いですよ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ・グループ 初のソロ エルヴィン・ビショップ

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。