スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Two Bugs And A Roach/アール・フッカー

ブルースの名ギタリストは多くいますが、職人、達人と呼ばれるこの人、アール・フッカー

初めて聴いたのは、ジョン・リー・フッカーの「シングス」におまけみたいな形で追加収録されていた4曲でしたが、そのギターがかっこ良かったんですよね。
で、その後やっと単独のアルバムを手にしました。

Two Bugs And A Roach

Two Bugs And A Roach1968年録音のアーフーリー盤ですね。
ジャケットのようにダブルネックを愛用しているのはブルース・ギターとしては珍しいですね。

50年代末からシカゴで活動を始めセッションも多くこなしているようで、そのギター・テクニックはかなりの影響力があったようです。
通常の指弾きもさることながら、単弦弾きのニュアンスに富んだスライド・ギターも有名ですね。

スロー・ブルースでヴォーカルもとっているA面1曲目の「Anna Lee」や、楽しげな雰囲気の中ご機嫌に弾きまくっているB面1曲目の「Two Bugs And A Roach」(ちなみにリフは バディの「Mary Had A Little Lamb」と同じですね)等々、既に成熟した感のある達人余裕の演奏ですね。

本人はあまり歌わないようで、元々インストも多いようですが、このアルバムでは2曲でヴォーカルをとっているのと、ゲスト・ヴォーカルでキャリー・ベルとアンドリュー“B.B.Jr.”オーダムが参加してます。
アンドリュー“B.B.Jr.”オーダムの「You Don't Love Me」はなかなか迫力のあるヴォーカルが楽しめます。

クリアなトーンで、弾きまくるそのギターはなるほど職人。
ワウワウなんかも効果的に使用していますし、ギターの音色を細かく調整しながら変化をつけているのも実に巧みですね。

同じようなスライドのスタイルとして、ロバート・ナイトホークの名前がよく出てくるので、是非、そちらも聴いてみたいと思ったものでした。

そう言えば確か、前述のジョン・リー・フッカーはアール・フッカーの従兄でしたね。
1970年に41歳で他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、このCDは、このアルバム「Two Bugs And A Roach」と、このブログでも紹介しているアルバム「His First and Last Recordings」とのカップリングですね(つまりこのCD1枚で済んでしまうのか…)。

◆Amazonでアール・フッカーをチェックする。

◆iTunes StoreでTwo Bugs and a Roach - Earl Hookerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : アール・フッカー Two Bugs And A Roach

トルバドール/J.J.ケイル

相変わらず、押し殺したような、枯れた歌声が静かに響く、J.J.ケイルの4thアルバムです。

トルバドール」(Troubadour

トルバドール1976年発表。
個人的には、前作「オーキー」が、この人の魅力とは言えあまりに地味で淡白すぎた印象だったのに対して、今作はアレンジを含めて、それぞれの曲が丁寧に作り込まれている感がありますね。

いつもの事ながらシンプルな曲調で、それが魅力なんですが、カントリーにブルースに、時にジャジーな雰囲気も漂い、珍しくバラエティに富んでいる感じでしょうか(この人にしては、ですけど)。

全12曲中11曲は本人による曲ですね。
派手さはなくても、味わいのある楽曲をいつも聴かせてくれていて、他のミュージシャンがカバーしたりするあたり、ソングライターとしての才能も見逃せないですよね。

収録曲で気になるのは何と言っても、「Cocaine」(邦題:コカインの恐怖)でしょうね。
この曲を初めて聴いたのは、クラプトンの方が先で、あとからこちらの原曲を聴きました。
クラプトンで馴染みの曲とは言え、無茶苦茶カッコいいですよ、本家は。

クラプトンのどちらかというとストレートな演奏も良いですが、あのギターのリフとカッティングに、J.J節が絡んでくると、やっぱりこちらの方がしっくりときて好きですね。

あと時々「Let Me Do It To You」のような、歯切れのいいギターのリフを用いたファンキーな曲もあるんですが、いかんせんこの渋く枯れたヴォーカルなので、やっぱりJ.J.ケイルですね(笑)

派手な活動も宣伝もない、商業的な事には興味が無さそう。
ただただその姿勢は自身の音楽にのみに向けられているという、J.J.ケイル。

なんだかんだ言っても、私もその世界に取り憑かれてしまってるんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTroubadour - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル トルバドール

噂/フリートウッド・マック

前回に続いて、ポップ路線で大ヒットした、フリートウッド・マックのアルバムです。

このアルバムも、前回の「ファンタスティック・マック」も、このブログでよく出てくる近所の従兄のお兄さんが持っていたんですよね。
その頃は、ギター中心のロック・アルバムばかりを聴いていたのですが、こんなポップで素敵な音楽があるのかと、随分と聴いたものです。

洋楽を聴きだした頃、とにかくよく耳にした、

」(Rumours

噂「ファンタスティック・マック」に続いて1977年に発表された、とにかく売れに売れた大ヒットアルバムですね。
更にポップなサウンドに磨きがかかって、本当に抜群のセンスですね。

当時はメンバーの男女関係が面倒な事になっていたようですが、その中でこのクオリティの高い曲の数々ですからね。
加えてタイトルが“噂”ですから(笑)

それにしても、「ドリームス」(スティーヴィー・ニックス)、「オウン・ウエイ」(リンジー・バッキンガム)、「ユー・メイク・ラヴィング・ファン」(クリスティン・マクヴィー)等々、フロント3人が作り出す曲と、そのヴォーカルは魅力的でキャッチーな曲が目白押しですよね。そして美しいコーラス。

こりゃ、売れるわ~!

個人的には、その中でも、スティーヴィー・ニックスの個性的な歌声には魅了されまして、その後のソロ・アルバムなんかもよく聴きました。

この頃はまだ以前のブルース・ロック・バンドの頃は知らなかったので、以前の活動も気になったものです。

フリートウッド・マックのサウンドを支える、ジョン・マクヴィーとミック・フリートウッドの名前はジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズを追いかけていた時に目にしたのですが、この時のフリートウッド・マックのポップなサウンドとブルースというのが今ひとつ結びつかなかったものでした。

後になってから、ピーター・グリーンの頃のアルバムも聴いたのですが、とても同じバンドとは思えないですね(笑)
ただ、ブルース系が元々好きなので、もちろん気に入りましたけど。
そちらも数枚手にしたので、そのうちに。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでRumours - フリートウッド・マックをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : フリートウッド・マック Rumours

ファンタスティック・マック/フリートウッド・マック

フリートウッド・マックと言えば、メンバー・チェンジと共に音楽性を大きく変えているので、その時期によって随分と内容が違いますよね。

ブリティッシュ・ブルース・ロック・バンドとして、ピーター・グリーンが率いた頃が好きな方々も多いでしょうが、フリートウッド・マックを初めて聴いたのは、ポップ路線となってからでした。まずは、

ファンタスティック・マック

ファンタスティック・マック原題は「Fleetwood Mac」とバンド名そのままですね。1975年発表。

バンドのメンバーにリンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックスが加入して、ポップな音楽性を前面に打ち出して大成功を収めるきっかけになったアルバムですね。というか大成功したアルバムですね。

初めはいつものごとく、カセット・テープで聴いていたので、アルバム自体を手にしたのは随分と後になってからですが、よく聴きました。

クリスティン・マクヴィーの優しいヴォーカル。
歌姫スティーヴィー・ニックスのハスキーで個性的なヴォーカル。
リンジー・バッキンガムのスタイリッシュなギターとハリがあって艶のあるヴォーカル。

3人のソングライティングとヴォーカルそれぞれが特徴あって素晴らしく、加えて心地の良いコーラスがサウンドを彩っていますね。

「マンデイ・モーニング」、「リアノン」、「オーヴァー・マイ・ヘッド」、「セイ・ユー・ラヴ・ミー」等々。
フロントの3人がそれぞれイニシアチブを取りつつ、実に魅力的なサウンドを聴かせてくれてますね。

更にバンド名となっている、ドラムのミック・フリートウッドとベースのジョン・マクヴィーがリズムの要ですが、ほんとに堅実にしっかりとサウンドを支えていて、結構好きです、この人達。

この後に、勢いそのままに最大のヒット作となるアルバム「噂」が発表されるのですが、それは次回に。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFleetwood Mac - フリートウッド・マックをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : フリートウッド・マック Fleetwood Mac ファンタスティック・マック

チープ・スリル/ジャニス・ジョプリン

ジャニス・ジョプリンの歌声にはとにかく引き込まれます。

先に、死後の1972年に出された2枚組のライブ編集盤「ジョプリン・イン・コンサート」を手にしましたが、生前のオリジナル・アルバムもやはり聴きたくなりますよね。
手にしたのは、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーの、

チープ・スリル」(Cheap Thrills

チープ・スリル1968年発表の、あくまでこれは、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーのバンド名義としてのアルバムですね。
ジャニスのメジャーでのデビューとなった出世作で、ジャニスの魂の歌声が響く名盤ですよね。

バンドとしての演奏なので、2曲程ヴォーカルをギターのサム・アンドリューがとっていたりして、ジャニスがコーラスにまわってたりするんですが、ジャニスがフロントに入ってくると、いきなり空気が一変してしまいます。

よく、このバンドの演奏の拙さが指摘されますが、確かにその感は否めませんで、上手いとは言えませんし、音的にも古さを感じさせます。
(まあ、年代を考えるとやむを得ないですが)

ただ、ギターの音色を始め、演奏の勢いというか、猥雑な感じも含めてこの時代の空気を感じさせてくれるパワフルで攻撃的な演奏で、必ずしもジャニスの魅力を低減させるものではないのではないでしょうかね。

いずれにしても、間違いないのはジャニスの圧倒的な存在感ですがね。

名演と言われる「Summertime」に「Ball And Chain」をはじめ、やはりその歌声の凄まじさと言ったらないですね。
個人的には「Turtle Blues」なんかを聴くと、やっぱりブルースがカッコ良くて、染みてくるな~。

短い生涯で、生前のアルバムは4枚のみですか…。
この歌声を聴いていると、やっぱり魂を使い果たしてますよね…。凄すぎます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでJanis Joplinをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジャニス・ジョプリン チープ・スリル ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー

4ウェイ・ストリート/CSN&Y

アルバム「クロスビー・スティルス&ナッシュ」に「デジャ・ヴ」ときたら、この有名なライブ・アルバムもどうしても聴きたくなります。

4ウェイ・ストリート」(4 Way Street

4ウェイ・ストリートクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングによる、1971年に発表された2枚組のライヴ盤で、ライブは1970年に行われたものからですね。

ライブの名盤ですね。中古の国内盤を手にする事ができました。

アルバム1枚目(Side1&2)がアコースティック・サイドで2枚目(Side3&4)がエレクトリック・サイドです。

アコースティック・サイドでは、観客の歓声に加えて、フレンドリーな雰囲気も伝わってきて、演奏も実に楽しげに展開されています。
それにしてもライブにして、見事なアンサンブルですね。この抜群のコーラスはやっぱり凄いです。

対してエレクトリック・サイドですが、かなり力が入るのか、コーラスは若干雑なところも出てきますが、それを上回る4人の臨場感溢れる歌と演奏が迫ってきます。

それに、スティーヴン・スティルスとニール・ヤングはエレキ・ギターになると、いきなり激しいギター・バトルになるんですよね。
「サザン・マン」や「キャリー・オン」は圧巻です。
(ただ、さすがにちょっと中だるみの感はあるかも)

その2人の後ろで、堅実なカッティングをしているのは、デヴィッド・クロスビーですよね。
サウンドを陰ながら支えてますね。

収録曲は、グループとしての2枚のアルバムからの曲の他、それぞれの代表曲を持ち寄っていて、実際は各人の持ち歌をバランスよく披露している感じですが、何たってこの個性の強い実力者達が一つのグループとして演奏しているんですから凄くないわけがないです。

スタジオ盤で感激した、完成度の高い歌と演奏がライブで聴く事が出来るんですから、このライブ・アルバムは貴重ですよね。
短い期間にこのライブ盤を含めて3枚のアルバムしか残さなかったスーパー・グループですからね。

その後の再結成アルバムも何枚か聴く事ができたので、それは追々。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで4 Way Street (Live) - クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング 4ウェイ・ストリート CSN&Y

オールディーズ/ビートルズ

このブログで初登場のビートルズですが、アルバム自体はそんなに持ってないです。
それにビートルズに関しては、今さら私がどうのこうの言うのもおこがましく、世には情報もいっぱいあるので、ここはちょっと思い出話中心で。

洋楽を聴きだした時には、ビートルズはとっくに解散していました。
(解散後5年後くらいでしょうか)
当時は同時代で聴く事が出来なかったのが悔しかったもんです(笑)

初めてビートルズを聴いたのは、近所の従兄のお兄さんから聴かせてもらった「赤盤」「青盤」。
小学生だったと思うのですが、かなりの衝撃でしたね。

確かそのお兄さんは他にもアルバムを数枚待っていて、その他にレンタルレコード屋さんとかからで、結局オリジナル・アルバム等、当時の有名どころのLPは全てカセットテープに収めていたという感じでした。

なので、なんだかんだ言ってもビートルズはよく聴いたのですが、何かLPを買おうとする時、ビートルズは後回しになってしまうんですよね。
やっぱり、限られた小遣いでは、カセットテープでは持ってない、聴いた事のないアルバムが欲しいですからね。

そんな訳で、随分後になってからなんですが、ビートルズで初めて購入したのがこのアルバムです。

オールディーズ」(A Collection Of Beatles Oldies

オールディーズ「リボルバー」(1966年)の後、1966年12月にイギリスでリリースされた、ビートルズ活動中の唯一のベスト・アルバムですね。
(なのに“オールディーズ”というタイトルなんですね)

ベストなんで、収録曲は全曲聴いた事があったのですが、アルバムとしては聴いた事がなかったので手が出ました。
(「バッド・ボーイ」(Bad Boy)は当時初めて聴いたかもしれません)

手にしたのは国内盤の、もちろん中古です。
そう言えば、国内盤の「A BEATLES COLLECTION OF OLDIES」という背表紙とレコード盤のタイトルは間違っているそうですね。

で、その後もビートルズは好きでよく聴いたのですが、結局手にしたアルバムは数枚でした。それらについては、また追々。
改めて、今回聴いてますが、やっぱりいいですね、ビートルズは。

ちなみに、このアルバムはCDになってないの?

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ビートルズ オールディーズ A Collection Of Beatles Oldies

The Legendary Reverend Gary Davis/レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス

このアルバムを手にしたのは高校生の時だったと思うのですが、やっぱりこの人のことはほとんど知りませんでした。
ただ、レコード店でサングラスをかけた厳ついこの人のジャケット写真とそのジャケットにある“BLUES and GOSPEL”の文字を見て手が出ました。

レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス
ブラインド・ゲイリー・デイヴィスとも呼ばれますね。手にしたアルバムは、

The Legendary Reverend Gary Davis 1971

The Legendary Reverend Gary Davis 1971ただ、裏ジャケットのタイトルは、「Reverend Gary Davis Volume 2 - 1971/Lord I Wish I Could See」となってます。

また、Vol.2 ですが、Vol.1があるんでしょうね。知らないんですが…。
1971年の録音です。1972年に他界しているので、直前の録音なんですよね。

牧師でもあるようで、聖職者の尊称“Reverend”を名前の前につけていて、実際にも宗教的な演奏を多くしていたようです。

戦前は南北のカロライナ州で活動していて、そこでわずかに作品を残してるようで、既にかなりの影響力があったようですが、一般的に名が知れ渡ったのは40年代にニューヨークに移ってから、辻説教師というのでしょうか、あちこちの路上で演奏活動をしてからのようですね。
叩き上げのミュージシャンといったところですね。

アコースティック・ギターの名手とも言われ、必ずしもブルースのスタイルだけではなく、ラグタイム、フォーク、スピリチュアル、ゴスペルなどの要素が感じられる演奏です。

収録曲にはインストもありますし、このアルバムでは12弦ギターも使用しています。
よく通る堂々たる歌声も魅力です。

この時、たぶん70歳代半ばでしょうから素晴らしいですね。
何とも巧みで味のある歌とギターを弾き語りで聴かせてくれています。

アルバム最後の曲「I'll Do My Last Singing」はミディアム・スローの何とも心に染みてくる歌とギターで、(歌詞の内容は分かりませんけど)良い曲です。
ライ・クーダーの奏でそうな、味わい深い曲でもありますね(歌声は全然違いますが)。
そう言えば、ボブ・ディランも影響を受けているようです。

ただ、この人の名前はその後はあまり目にしなかったんですよね。
日本での一般的な知名度は今ひとつなのでしょうか。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでReverend Gary Davisをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス ブラインド・ゲイリー・デイヴィス The Legendary Reverend Gary Davis 1971

The Immortal Charlie Patton Number1/チャーリー・パットン

これまで登場したオムニバス盤にも収録されていた、というか戦前ブルース、特にデルタ・ブルースを聴いていく上では外すことの出来ない、デルタ・ブルースの巨人、創始者とも呼ばれる、チャーリー・パットンの単独アルバムを手にすることができました。

The Immortal Charlie Patton Number1(1929-1932)
(Origin Jazz Library OJL-1)

The Immortal Charlie Patton  Number1(1929-1932)※普通は「Charley」と表記されるところ、このアルバムは「Charlie」となってますね。

収録曲については省きますが、前回のデルタ・ブルースのオムニバス盤「Delta Blues - Vol.1 (1929-1930)」での3曲中、「Elder Green Blues」「Some These Days I'll Be Gone」の2曲がここでも収録されています(テイクまではわかりませんが)。

アルバム中3曲ではフィドルの相棒ヘンリー・シムズが参加していますが、それ以外は弾き語りですね。

この人は何と言っても、ダミ声ともいえる、図太く、シャウト気味にもなる力強いヴォーカルが説得力があり圧巻ですね。貫禄です。

ジャケットで使われているお馴染みの写真を見ていて、正直、この声はイメージできてなくて、初めて聴いたときは、あまりの迫力に違和感があったくらいです(笑)

そしてそのヴォーカルを見事にサポートする、ギターのテクニッックも素晴らしいですね。
時に叩き付けるように強烈にビートを刻み、時に絶妙に歌に追随する高音部やスライド。
これもたまりませんね。

とはいっても、ディープで重厚な迫力あるブルースばかりではなく、彼がいた、かのドッケリー農場での労働の後、まさに皆が集まって、飲んだり踊ったりしている時に演奏したであろう、プリ・ブルースと呼ばれるような黒人大衆音楽的な曲も聴く事ができます。

その影響力から、全てがここから始まったとも言われるチャーリー・パットン。
ほんとに不滅のチャーリー・パットンですね。
当時のミシシッピのデルタ一帯は、このようなブルースがあちこちで一般的に演奏されていたんでしょうね。

そんな思いも含めて、パチパチとしたノイズの向こうから戦前の濃~いデルタのブルースが流れてくるのには感激してしまいますね。

このアルバムも「Number1」ということで、「2」もあるのでしょうが、残念ながらそれは知らないんです。
ていうか、CDでは「ザ・コンプリート・レコーディングス」とかもあるんですよね…。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆AmazonでCharley Pattonをチェックする。

◆iTunes StoreでCharley Pattonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : チャーリー・パットン The Immortal Charlie Patton Number1 デルタ・ブルースの創始者

デルタ・ブルースのオムニバス「Delta Blues - Vol.1(1929-1930)」

戦前ブルースといえば、まずはデルタ・ブルースを聴きたいところなんですが、昔はアルバム以外で曲を聴く機会はまずなかったですし、そもそも、戦前ブルースのアルバムを見つけること自体がかなり困難でした。

なので、オムニバス盤は様々なブルースマンを聴くことが出来るのでうれしいんですよね。
もちろん、個々のアルバムを聴きたいのは山々ですが…。

で、このアルバムには何と言ってもチャーリー・パットンサン・ハウスの名前があります。

Delta Blues - Vol.1(1929-1930)
(Document DLP 532)

Delta Blues - Vol.1(1929-1930)パラマウントの1929年~1930年の録音を収録したものですかね。

デルタ・ブルースの創始者と呼ばれるチャーリー・パットンが「Elder Greene Blues」等3曲(1曲のみヴァイオリン入り)(1929年)。
低く太く力強いヴォーカルに、これまた力強くしっかりとリズムを刻むギターが説得力があってやっぱり強烈ですね。
ただ、ディープではあるけど、農場で皆に向けて歌われていたであろう、大衆的な香りもしてきます。

女性ブルース・ヴォーカル&ピアニストのルイーズ・ジョンソンが5曲(1曲はテイク違いが収録)(1930年)
ブギーのリズムも時折聴かれる、骨太ながらも比較的リズミカルなピアノ・ブルースですね。

サン・ハウスは1930年の録音の「Walkin' Blues」1曲のみですが、スライドとウィリー・ブラウンのギターでこれぞデルタ・ブルースといった深みのある歌と演奏を聴かせてくれます。

そして、ジャクスン・ブルースを代表する2人。

トミー・ジョンソンが「Morning Prayer」等3曲収録(1929年)。
太くよく伸びる声とそのギターはゆったりとした素朴な雰囲気が漂います。
1曲はニューオーリンズ・ニハイ・ボーイズとの演奏でクラリネットとピアノが加わってます。

イシュマン・ブレイシーが「Woman Woman Blues」の1曲のみ(1929年)。
トミー・ジョンソンとは違ったダミ声で、時々ファルセットを用いた歌は味があります。
流れている空気感はトミー・ジョンソンと同様、素朴な感じでいいですね。

ジャクスン・ブルースはなんだかおおらかな感じがします。
チャーリー・パットンらのディープで強烈なブルースとはまた違った魅力がありますね。

デルタ・ブルースといっても様々ですが、このようなオムニバス盤は、戦前デルタ・ブルースの世界を広めるのに非常に助かります。

Vol.1というくらいですから、Vol.2とかもあるんでしょうが、それは知らないんです。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : デルタ・ブルース チャーリー・パットン サン・ハウス トミー・ジョンソン イシュマン・ブレイシー

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。