スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター

シカゴ・ブルース、アンプリファイド・ハープ、マディ・ウォーターズ。
どれにも欠かすことの出来ない名前、リトル・ウォルターです。

私は若い時はギター中心でアナログレコードを探していたものでしたが、さすがにこの人のこのアルバムは、見つけた時はすぐに手にしました。

The Best of Little Walter

ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター元の発売は1958年で、手にしたのは1986年再発の輸入盤ですね。
チェス時代の代表曲を収録した名盤で、録音は1952年から55年にされたものです。

いくつかのセッションごとにメンバーが変わっているのですが、とにかくどれも素晴らしいメンバーなんですよね。
曲は年代順には並んでないのですが、全12曲。

以下は裏ジャケットの情報によります。

1952年のインストの大ヒット曲「Juke」(B面1曲目)はマディとジミー・ロジャースらと、スウィング感たっぷりのブルースを聴かせてくれます。
(基本的にマディのバンドということですね)

1954年のこれもヒット曲の「My Babe」(A面1曲目)はロバート・Jr.ロックウッドやウィリー・ディクソンらとです。
先日、このブログでも登場したロバート・Jr.ロックウッドのバッキングは何曲かで聴くことが出来ますが、やっぱり職人ですね。

上記それぞれのメンバーでの数曲の他、ジ・エイシズのメンバー、ルイス・マイヤーズ、デイヴ・マイヤーズ、フレッド・ビロウを従えての「You're So Fine」「Blues With a Feeling」「Off the Wall」等は安定感の上にもご機嫌な演奏を聴く事ができます。完璧!

先程の有名な「Juke」等のインストが4曲ありますが、ヴォーカルも、ちょっとそっけなくも色気があっていいですね。

1950年代、黄金のシカゴ・ブルースを支えた、いや中心的役割を担ったと言っても良い、リトル・ウォルターのアンプリファイド・ハープ。
そのブロウするハープは、圧巻の迫力、繊細なテクニック、抜群のスウィング感。最高です。
そして、もちろん、マディのブルースにも欠かせない存在ですね。

う~ん、まるで何かの受け売りのような文章ですね。実際あちこち参考にしましたが(笑)

とにかくこのアルバム、このハープは凄いです。
ブルース・ハープだけではなく、ブルース・バンドの手本のようなアルバムですね。

1930年5月1日生まれ、1968年2月15日に37歳の若さで他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Best Of Little Walter - Little Walterをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : リトル・ウォルター ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター Little Walter

Mister Blues Is Back To Stay/ロバート・Jr.ロックウッド&ジョニー・シャインズ

ロバート・Jr.ロックウッドジョニー・シャインズと紹介が続きまして、この順番でアナログレコードを手にした訳ではないのですが、話の流れで次はこのアルバムです。

ロバート・Jr.ロックウッド&ジョニー・シャインズの、

Mister Blues Is Back To Stay

Mister Blues Is Back To Stayこの2人の名前と一緒の写真がジャケットにあると、アルバムの内容は知らなくても手が出てしまいましたね。

1981年にRounderから発表されたもので、中古の輸入盤を手にしました。
ロバート・ジョンソンと関わりの深い2人ですが、この頃(1980年代に入って)は、実際に2人は活動を共にしていたようですね。

どちらもシカゴ・スタイルなんでしょうが、非常に先進的に展開したロバート・Jr.ロックウッドに対して、ミシシッピ・デルタの香りを強く残すジョニー・シャインズといった構図でしょうかね。

アルバムの内容としては、ヴォーカルはロックウッドが4曲、ジョニー・シャインズが5曲とっていて、ロックウッドのインストが2曲収録されています。

クレジットを見ると、ギターを弾いているのはロックウッドだけのようですね。
ソロといいカッティングといい、いかにもの独創的で職人的な演奏を聴かせてくれています。
ただ、ちょっとギターにエフェクト(フェイザー系?トレモロ系?)かけ過ぎですかね(笑)、特にA面。

バンドは他にサックス2本、ピアノ、ベース、パーカッション、ドラムス、そして曲によってハープといったところで、全体的にはロックウッドのギターとあわせて、洗練されたよりジャズっぽい演奏です。

各曲詳細については省きますが、前述したように、ロックウッドの曲は、リズムとか進行を凝った曲が多く、対してジョニー・シャインズの歌と曲は、やはりデルタ発のモダンなシカゴ・スタイルといった趣ですね。

どうなんでしょうかね、このアルバム。
ほとんど評判も聴きませんし、ジャケットを目にすることもありません。
2人の当時としての現在進行形の演奏を充分楽しめますが、ちょっとインパクトに欠けるんですかね。

※ロバート・ロックウッド・ジュニアは言い慣れないので、今まで通りにしてます。
※この記事のカテゴリーはRobert Jr. Lockwoodにしています。ジョニー・シャインズのアナログレコードは1枚しか所有してないので、その記事はこちらをそうぞ。
→「Johnny Shines and Company/ジョニー・シャインズ


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでロバート・JR.ロックウッドをチェックする。

◆iTunes StoreでRobert Jr. Lockwoodをチェックする。
◆iTunes StoreでRobert Lockwood, Jr.をチェックする。
◆iTunes StoreでJohnny Shinesをチェックする。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロバート・Jr.ロックウッド ジョニー・シャインズ Mister Blues Is Back To Stay

Johnny Shines and Company/ジョニー・シャインズ

前回のロバート・Jr.ロックウッド同じくらい、ロバート・ジョンソンと関わった人物として名前が上がるブルースマンですね。
ジョニー・シャインズです。

ロバート・ジョンソンと実際に行動を共にして、“ジョンソンを現代に伝える男”なんて言われたりしたのですが、音楽的にはあまり評価されてなかったのでしょうかね。
聴いてみたかったのですが、情報は少ないし、アルバムもほとんど目にすることがなかったんですよね…

そうなると、なおさら聴いてみたくなり、内容も全く知らないアルバムでしたが、見つけてすぐに手にしました。

Johnny Shines and Company
(accompanied by Dave Bromberg and his band)

Johnny Shines and Company1974年発表ですが、輸入盤で詳細がさっぱり分かりません。

アルバムを聴くと、ミシシッピ・デルタ・スタイルのスライドによるディープな弾き語り「Little Wolf」から始まるのですが、2、3曲目の「Mr. Cover Shaker」「Shotgun Whupin'」はエレクトリック・セットでバンドがついたシカゴ・スタイルで、これがかなりご機嫌な演奏。
で、4曲目の「Lost Love Letter Blues」ではまたしてもアコースティックによるデルタ・スタイル…、

と言った具合に、シシッピ・デルタ・スタイルとシカゴ・スタイルを織り交ぜてといった内容です。

B面になると、よりホーンを大きく取り入れてモダンな雰囲気ですが、最後の曲「Jim String」は弾き語りで、渋いギターとスライドがいいですね~

弾き語りの時の、細かくビブラートする声が、何ともミシシッピ・デルタの雰囲気を醸し出していますが、シカゴ・スタイルの時は伸びやかで艶のある歌声を聴かせてくれてますね。

ちなみに、このアルバムに参加している Dave Bromberg は、ボブ・ディランのアルバムに参加したりしている“デヴィッド・ブロムバーグ”でしょうかね(詳しくは知りませんが)。
どういう繋がり、と言うか企画だったのだろうか…。

結局、単独アルバムはこれ1枚しか持っていないので、ジョニー・シャインズのブルースというものを分かっているとは言えないですが、これはミシシッピ・デルタからシカゴ・ブルースの流れを感じさせてくれる、ジョニー・シャインズによる本物のブルースですよね。

ジョニー・シャインズも一旦一線を離れて、60年代半ばに“再発見”されてますね。
1915年生まれで、1992年に亡くなってます。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでJohnny Shinesをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョニー・シャインズ Johnny Shines and Company

訃報/中村とうよう氏

急に報が入ってきてビックリしました。

昨日の7月21日、音楽評論家の中村とうよう氏の訃報が流れました。


思い出します…
私が洋楽を聴きだした頃、特にブルースを聴きだした頃は、地方だったこともあって、とにかく情報がなくて困ったものです。

そんな中で、ブルースの国内盤を手に入れた時に、その中に入っているライナー・ノーツは、新しい音楽の世界を知るのにとても貴重な情報源になったものです。
特に、中村とうよう氏の名前は本当に良く目にすることになり、そのライナー・ノーツの内容は私にとって、ブルースの道標でした。

国内外問わず、様々なジャンルにおいて音楽評論、解説をしていた同氏ですが、個人的にはやはりブルースにおける解説に、本当にお世話になりました。

更に、中村とうよう氏と言えば、1969年創刊の「ニューミュージック・マガジン」(1980年に現在の「ミュージック・マガジン」に改名)、それに「レコード・コレクターズ」ですよね。

私の年齢的には誌名が「ミュージック・マガジン」に変わってから、よく読ませてもらいました。
(お金がなくて、あまり雑誌は買えませんでしたけど…)
ほとんど処分してしまったのですが、今も気に入った何冊かは手元に置いています。

このブログでも、何度か名前を出させて頂きました。

本当に、まるで先生です。

中村とうよう氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ 
このブログ内の関連記事

tag : 中村とうよう 訃報

ステディ・ローリン・マン/ロバート・Jr.ロックウッド

何だかブルースのアルバムについては久しぶりですね。

どうしても“ロバート・ジョンソンの義理の息子”(母親が離婚後に一緒になった相手がロバート・ジョンソ)としての話題が先行してしまいますが、ロバート・Jr.ロックウッドです。
手にしたアルバムは、

ステディ・ローリン・マン」(Steady Rollin' Man

ステディ・ローリン・マン1972年発表ですが、遅過ぎるデビュー作なんですよね。
実際に手にしたのは、1985年に国内再発盤としてPヴァインから出されたものです。

歴史的にも実力的にも注目される存在でありながら、裏方が長かったようですね。
早くから、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIらのバックで演奏していたようですし、1950年代に入るとシカゴにおいて、リトル・ウォルターらと共演しています。

実際に、ロバート・ジョンソンからもギターを教わり、それを完璧に弾いていたそうですから凄いです。
そして、そのスタイルをエレキ・ギターに持ち替えて、モダンなブルースへと昇華していったという、偉大なブルース・マンなんですよね。

針を落として聴こえてくるそのギター、歌、サウンドは、シカゴ・ブルースであってもいわゆる泥臭い世界ではなく、味わい深く躍動的であるけどクールとも言えるサウンドですね。時にジャジーでもあり印象的です。
ただ、ヴォーカルは味わい深くて渋いです。

加えてバックのジ・エイシズの演奏が申し分なくて、とにかくタイトなリズムが素晴らしいですね。メンバーは、
ルイス・マイヤーズ(ギター)
デイヴ・マイヤーズ(ベース)
フレッド・ビロウ(ドラムス)

ルイス・マイヤーズのギターも凄くて、ロックウッドとよく似ているんですが、多くのソロ・パートを担ってます。
またその時のロックウッドのサイド・ギターのカッティングがまた素晴らしいんですよね。
この2人のギターのやり取りはスリリングで聴きごたえあります。

収録曲では、ロバート・ジョンソンの曲や自作の曲等、どれもロックウッドのブルースをたっぷり堪能できますね。
「Rambling On My Mind」や「Kind-Hearted Woman」とかたまらんですよ。
インストの「Steady Groove」や「Lockwood's Boogie」とかも見事にスウィングしていて、鳥肌ものです。

今は、ロバート・ロックウッド・ジュニアって呼ぶのですかね?
この神様は、1915年3月27日生まれ、2006年11月21日に他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSteady Rollin' Man - Robert Jr. Lockwoodをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロバート・Jr.ロックウッド ステディ・ローリン・マン Steady Rollin' Man ロバート・ロックウッド・ジュニア

シルク・ディグリーズ/ボズ・スキャッグス

初めてボズ・スキャッグスの曲として耳にしたのが、このアルバムに入っている、今やスタンダード・ナンバーとなっている名曲「ウィ・アー・オール・アローン」です
ただ、まだまだ少年には早かった…。

シルク・ディグリーズ」(Silk Degrees

シルク・ディグリーズ1976年発表のボズ・スキャッグスの大ヒットアルバムですね。
随分後になってから、中古の国内盤を手に入れました。

甘く艶やかで滑らかな声はちょっと苦手でしたし、日本流AOR(※)という言葉にも、いまいち馴染めなかったところもあるのですが、やっぱり当時はまだまだ若かったかな~(笑)
※日本でいうアダルト・オリエンテッド・ロック、アメリカ的にはAC(アダルト・コンテンポラリー)ですかね。

もうちょっと年をとってからですかね、このアルバムを聴いて染みてきたのは。
“男のやさしさ”とかは、相変わらず分かりませんが(笑)、少なくとも今は、ゆったりじっくりと聴く事ができます。

個人的に興味深いところとして、A面3曲目の「ジャンプ・ストリート」の渋いスライドはレス・デューディックだと今回改めて聴いて、初めて知りました(笑)
ちゃんと、クレジットを確認しながら聴くもんですね。

A面4曲目の「あの娘に何をさせたいんだ」はアラン・トゥーサンのアルバム「サザン・ナイト」からの曲で、ボズ・スキャッグスはアラン・トゥーサンの曲を好んで取り上げているようですね。やはり基本は南部にあるのかな~、と思ったりもします。

ヒット曲の「ロウダウン」は結構ファンキーで、R&Bとしても高い評価ですし、もちろん「ウィ・アー・オール・アローン」(当時の邦題は「二人だけ」になってますね)は名曲です。

このアルバムの話題としては、参加したセッション・ミュージシャンたちが後にTOTOを結成したという話もありますよね。(デヴィッド・ペイチ、デヴィッド・ハンゲイト、ジェフ・ポーカロ)

それまでは、どちらかというとR&B色の強い曲を好んで歌っていたということなんですが、このアルバムでソフトで甘い路線に変更して、大成功したと言われてますよね。
そんなに大幅に音楽性が変わった訳ではないようですが、より洗練された音作りになっているのでしょうね。

さてさて、こうなると、洒落た路線に変更になる前のアルバムも聴いてみたいですよね。
それに初めて聴いた当時は、まさかその昔に、スティーヴ・ミラー・バンドに参加していたり、デュアン・オールマンとアルバムを作っていたとは知りませんでしたしね。

何枚かは手にしたので、またそのうちにつぶやきます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSilk Degrees - ボズ・スキャッグズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ボズ・スキャッグス シルク・ディグリーズ ウィ・アー・オール・アローン

明日なき暴走/ブルース・スプリングスティーン

先月のことで、随分と時間が経ってしまいましたが、Eストリートバンドのクラレンス・クレモンズの訃報が流れました。
すぐにこのブログで、と思ったのですが、アルバムを聴くタイミングを逃してしまったもので…、

ということで、遅ればせながら、改めてブルース・スプリングスティーンのアルバムを聴きました、

明日なき暴走」(Born To Run

明日なき暴走1975年発表の3rdアルバム。
ブルース・スプリングスティーンの出世作にして名盤。

いちシンガーソングライターから、ロックン・ローラーとしての評価を確かなものしにた、というアルバムですよね。

力強く、熱く、ストレートに吐き出されるその音楽、そのメッセージは多くの共感を呼び、きっと当時の若者の心をがっちりと掴んだんでしょうね。
残念ながら私はアルバム発表当時はまだ子供で、リアルタイムでは聴いてませんし、歌詞も分からなかったでしょうね。

A面は「涙のサンダーロード」(Thunder Road )から4曲目の「裏通り」(Backstreets)、
B面は「明日なき暴走」(Born to Run)から最後の「ジャングルランド」(Jungleland)まで、
アルバム通して、どの曲も素晴らしく、一気に駆け抜けていきます。

明日なき暴走_見開きエネルギッシュな歌と演奏は本当に潔く、迫力あります。
ただ、時にR&Bの香りもチラホラしたりして、なかなか深みがあって豊かな音楽性も感じますよね。

このアルバムは今聴いても色褪せることのないロックの名作ですね。

最後にクラレンス・クレモンズについてですが、このアルバム・ジャケットにの2ショットの写真を見ればその関係が何だか伝わってきますよね。

本当にいいジャケット写真です。

それに、そのサックスはアルバムの中でも特に印象的で効果的にブルース・スプリングスティーンのサウンドを支えていますね。
アルバム・タイトル曲なんかは、豪快、壮快にブローするサックスが疾走感を煽ってたまらなくカッコいいです。

『アメリカ時間の2011年6月18日、“ビッグ・マン”の愛称で親しまれ、Eストリート・バンドなどで活躍したサックス奏者、クラレンス・クレモンズが享年69歳で急逝』

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorn to Run - ブルース・スプリングスティーンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ブルース・スプリングスティーン 明日なき暴走 Born To Run

シカゴIII/シカゴ

言うまでもなく、シカゴといえばブラッド・スウェット&ティアーズとともにブラス・ロックのパイオニアとして知られていますが、実際に私が聴きだした頃のシカゴは既にバラード系のヒット曲を放ち、甘くポップなサウンドという印象だったんですよね。

なので、最初はブラス・ロックのシカゴと言われても、ピンとこなかったのですが、とりあえず手にしてみました。

シカゴIII」(Chicago III

シカゴIII1971年発表の3枚目ですね。国内盤の中古を手に入れました。

2枚組なんですが、そもそも、デビュー・アルバムから3作連続で2枚組アルバムって?
ちなみに次のライブ・アルバムは4枚組って? 少年には買えませんよ…。

そういうこともあってか、はっきり言いまして、シカゴとはあまり縁がなかったんですよね。

このアルバムもとりあえず手にしてみた、と言った感じなのですが、いざ聴いてみると…

カッコ良いではないですか!って、初めて聴いた当時も思ったんですよね。
聴く前は、バラード中心のポップ色の強いイメージでしたから、初めてブラス・ロックというものを耳にした訳ですからね。

1曲目の「僕等の歌を」から、それこそブラスがバリバリの上、ちょっぴりジャジーですね。
そう、このジャジーな雰囲気はアルバム通して感じられます。
ただ、テリー・キャスのギターはかなりハードに弾きまくっていて、ロックです。

アルバムを聴いていくと、いきなり「フライト・ナンバー602 」のようなアコースティック調の曲があったりとビックリしたりもします。

時に、何とも美しい曲であったり、メロディ重視の曲もあったりと、ブラス・ロックというスタイル故、次なる方向を模索しているようにも感じられる、様々な曲調ですね(って、いつもの勝手な感想ですが)。

2枚目のA面3曲目以降は『シャワーの時間』、B面は『エレジー』とタイトルがついた組曲(?)形式となっていて、特に『エレジー』は色々と問題提起する曲作りとなっていますね。

初めて聴いた当時の感想としては、スリリングで躍動感のあるサウンドは聴きごたえがありますが、“とりあえず”聴いてみるには、少々難しかったかも…

以前のアルバムをちゃんと聴いてないので、比較が出来ないのがちょっと残念で、感想の曖昧さはご勘弁を。

その後も、結局ブラス・ロックというジャンル自体にあまり縁がなくなってしまい、もう一方のブラッド・スウェット&ティアーズのアルバムも持ってないんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでChicago III (Remastered) - シカゴをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : シカゴ III Chicago ブラス・ロック

ロック・オブ・エイジズ/ザ・バンド

後のラスト・ワルツがライブとは言えちょっと違った面をもったアルバムなので、当時のザ・バンドのステージでの様子を伺うことのできるライブ・アルバムといったら、このアルバムですよね。
(ディランとの「偉大なる復活」(1974年)もありますがね)

ロック・オブ・エイジズ」(Rock Of Ages

ロック・オブ・エイジズ1972年発表の2枚組ライブ・アルバム。
国内盤の中古を手にしました。

1971年の年末にニューヨークのアカデミー・オブ・ミュージックで行われたコンサートをもとにしたものですね。
特に大晦日の最終日の演奏が多いようです。

このライブ・アルバムの最大の特徴とも言えるのは、前作にあたるスタジオ盤「カフーツ」で試みた、アラン・トゥーサンのアレンジによるホーン・セクションをライブでも取り入れていることでしょうね。
賑やかなだけではなく、重厚さや力強さをもたらしていて素晴らしいです。

それにしても、良いのか悪いのか、拍手や歓声がないと、本当にライブなの?というくらい、演奏が完璧ですね。

といって迫力がない訳ではなく、ラフっぽかったり、荒々しかったりといった意味でのライブっぽさはあまりないということで、演奏自体は素晴らしい出来で、かえってホーンも相まって大迫力かつ濃密と言っていいと思います。

曲は今さらここで…、という気もしますが、個人的に気になった所では、

1枚目のA面1曲目の「ドント・ドゥ・イット」はマーヴィン・ゲイのヒット曲ですかね。このアルバムで初のレコード化ですね。

ザ・バンドのアメリカ南部やルーツ・ミュージックを感じさせる曲に対して、ホーンが本当に効果的ですよね。
中でも「W.S.ウォルコット・メディシン・ショー」「オールド・ディキシー・ダウン」「ロッキー越えて」「ラグ・ママ・ラグ」…って、結局どの曲もって感じできりがないです(笑)
やっぱりカフーツ収録の「カーニバル」はホーンが冴え渡ってますけどね。

ロビー・ロバートソンも生き生きとしたギターを随所で弾いていますが、「アンフェイスフル・サーヴァント」のピキピキ・ギターはたまらんです。

ガース・ハドソンのオルガンによって繰り広げられる「ザ・ジェネティック・メソッド」は途中、新年を迎えるに合わせて「蛍の光」がフューチャーされてるのかな? そして「チェスト・フィーバー」へと続くあたりもなかなか迫力があって聴きごたえがあります。

アルバム最後の「ハング・アップ・マイ・ロックン・ロール・シューズ」もレパートリーだった曲を初のレコード化したものですね。
これは、ホーンも華やかにいわゆるライブっぽく(笑)楽しい演奏でアルバムを締めくくっています。

まあ、私が力説するまでもない、歴史的にも素晴らしいライブ・アルバムですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

CDは丸々1枚がボーナストラックなの? LPには収められなかった、ボブ・ディランが共演した曲も収められてるんですね~


◆Amazonでザ・バンドをチェックする。

◆iTunes StoreでRock of Ages (Live) [Remastered] - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド ロック・オブ・エイジズ

ユア・ゴナ・ゲット・イット/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

最終的には随分と聴き込んだんですが、初期の頃のアルバムは、やっぱりメディアやジャケットからのイメージですかね、何となしに手が出ませんでした。トム・ペティです。

このブログでも以前書きましたが、「Southern Accents」(1985年)あたりで、この人の(このバンドの)、実は懐の深いサウンドに気づきまして、改めて初期のアルバムをさかのぼって聴いたという訳です。
で、今回のアルバムは、

ユア・ゴナ・ゲット・イット
You're Gonna Get It

ユア・ゴナ・ゲット・イット!1978年にシェルター・レーベルから発表されたトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの2ndアルバムです。
国内盤の中古を手に入れました。

デビュ-・アルバムに続いて、このジャケットもやっぱり厳しいですよね。
ニュー・ウェイブ系か怪しい流行もののバンドに見えてしまいます(笑)

ただ、聴いてみると、やっぱり初期の頃から、アメリカン・ロックを純粋に表現してるんですよね。
どの曲も短くコンパクトで、音がシャープで若々しいです。

バンドとしてもストレートでシンプルな演奏で一体感がありますが、誠実すぎて余裕(遊び?)がない感じもしますかね。
まあ、若いんですから、余裕は必要ないですが、サウンド的には、まだまだ模索中といった印象も受けました。

相変わらず、甲高く鼻が詰まったような、粘っこいヴォーカルで、好き嫌いが分かれそうですが、1曲目の「ホエン・ザ・タイム・カムズ」やA面4曲目の「マグノリア」、B面1曲目「アイ・ニード・トゥ・ノウ」やB面2曲目「リスン・トゥ・ハー・ハート」等、印象的な曲が揃ってますね。
やっぱりトム・ペティはいい曲書きますね。

実際は、次のアルバム「破壊」(Damn The Torpedoes)でその人気を決定づけることになるのですが、それについてはまた今度。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでYou're Gonna Get It - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ユア・ゴナ・ゲット・イット You're Gonna Get It

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。