スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mendocino/サー・ダグラス・クインテット

引き続き、ダグ・サームです。

今回登場するのは、サイケ色の濃い前作アルバム「Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)」に続き、同じくサンフランシスコでリリースされたアルバムです。
ただ、これもすぐには手に入らなかったんですよね。

Mendocino

Mendocino1969年発表で、サー・ダグラス・クインテット(Sir Douglas Quintet)名義での3枚目ですね。
輸入盤の中古を手にしました。日本語では「メンドシーノ」でしょうか。
そのタイトル曲の「Mendocino」がヒットしたようですね。

アルバムを聴いてみると、当時のサイケの香りも残しながらも、カントリーっぽさ、ポップな曲調、もちろんテックス・メックス色と、何ともこの雑多な感じがダグ流なんでしょうね。

ラフでワイルドで、この独特のグルーヴ感はたまりませんよ。

1曲目のヒットしたタイトル曲「Mendocino」が何と言っても、キャッチーで印象的ですね。
オルガンがいいですね~

そういえば、テキサスに残り前作では参加していなかった、盟友オージー・メイヤーズがサンフランシスコに来て再びメンバーに加わっています。

ダグのヴォーカルがグッとくる、A面4曲目の「At The Crossroads」とか、フィドルも入るB面4曲目「Texas Me」のような曲がやっぱり聴き所ではないでしょうかね。

B面3曲目の「She's About A Mover」は初の全米ヒットとなった曲で、1作目のアルバムに収録されていた曲ですが、何故かこのアルバムにも収録されてます。
イギリスのビート・バンド的な、なかなかカッコいい曲ですね。

ちなみにテキサス出身で“テキサス音楽伝道者”とか“キング・オブ・テックス・メックス”なんて呼ばれたりするわりに、ダグ・サームについての情報はほとんど目にすることがなかったんですよね。

その中でのレコード探しはなかなか大変で、見つからなくて、とりあえずその名前を目にしたら、内容が分からずも速攻手にしていました。

テックス・メックス界の超大物、フラコ・ヒメネス、フレディ・フェンダー、ダグ・サーム、オージー・メイヤーズという四天王によるバンド、テキサス・トーネイドス。こちらもとても気になりますが、こちらはCDで所有してるので、もし機会があればそのうちに紹介したいと思ってます。

とりあえず、何回かで続けてきたダグ・サーム関連はここで一旦終了しますね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ダグ・サーム サー・ダグラス・クインテット Mendocino メンドシーノ

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)/サー・ダグラス・クインテット

前回の流れで、ダグ・サームです。

その前回出てきたCD「Texas Tornado」で初めてダグ・サームを聴いて、無茶苦茶気に入ってしまった訳ですが、それ以来、名前を目にしたら手にしていましたね。

バンド「Texas Tornados」のCDはすぐに手にできたのですが、初期のアルバムはCDもLPも結構探しました。

そんな中、CDの他、何とかアナログレコードも数枚入手することができました。

う~ん、その中のどのアルバムから紹介しようかと思ったのですが、購入時期ももう忘れてしまったので、分かる範囲でですが、持っている中で古いリリース順で紹介しますかね。

といっても、ダグ・サームのディスコグラフィが良く分かってないんですけど、まぁいいか、まずはこれです。

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)1968年発表の2作目。輸入盤の中古を手にしました。

ダグ・サームがサー・ダグラス・クインテットを組んで、アルバムとしては「The Best Of Sir Douglas Quintet」(1966年)が最初のアルバムのようですが、それは持ってないんです。
このアルバムはイギリスのビート・バンド的だというのだから、聴いてみたいですね。

で、デビュー作発表後、ダグ・サームはテキサスを後にしてカリフォルニアへと移り、ヒッピー・ムーブメントの中、サンフランシスコでリリースしたのが、今回のアルバムですね。

その時代性なのか、サイケデリック・ロック色の強い内容で、事情を良く知らないリスナー(当時の私)にとっては、ダグ・サームをさかのぼって聴いて、「エッ?」という感じは否定できません。

しかし、「Glad For Your Sake」のような、ムードたっぷりのいかにもの曲もあったりしますし、アルバム最後の長いタイトルの「You Never Get Too Big And You Sure Don't Get Too Heavy, That You Don't Have To Stop And Pay Some Dues Sometime」もカッコいいですね。

ダグ・サームの迫力満点のあのヴォーカルもこの頃からですし、アルバムとしては、かなり楽しめます。
それにしても、この頃からどの曲もホーンが効果的に使われてますね。

ちなみに、デビュー作には参加ていた、盟友オージー・メイヤーズ(オーギー・メイヤーズ等とも表記されます)はこのアルバムには参加してないようです。

前回に書きませんでしたが、残念ながらダグ・サームは1999年、58歳で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ダグ・サーム サー・ダグラス・クインテット Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)

ダグ・サームとの出会い~Texas Tornado/ザ・サー・ダグラス・バンド

前回のCDの話に出てきましたが、この人はCDで初めて耳にしてハマってしまったミュージシャンの一人です。ダグ・サーム

詳しい時期は忘れてしまいましたが、テックス・メックスというジャンルが気になって手を出したのが今回のCDです(確か1990年あたりかな?)。

ということで、ブログのタイトルとは違ってCDについてなのですが、ダグ・サームを初めて聴いた思い出のCDなので、まずはこれを紹介しないと始まらないんですよね。

テキサス・トルネエイド」(←アルバム表記の通りです)
Texas Tornado

Texas Tornadoオリジナルは1973年発表。ザ・サー・ダグラス・バンド(The Sir Douglas Band)名義ですね。

ダグ・サームはキング・オブ・テックス・メックスなんて呼ばれたりもしますよね。
ただ、このCDを聴くまでは名前を全く知りませんでした。縁がなかったんでしょうね。

ダグ・サームはテキサス州サンアントニオ生まれ。本名がダグラス・ウェイン・サーム(Douglas Wayne Sahm)で、日本の表記では、ダグ・サムとかダグ・ザームなどとも呼ばれるようですね。

子供の頃から多才で音楽の天才だったようです。
その話は、長くなるのでまた別の機会にしますね。

テックスメックス自体はそれほど詳しくはないのですが、テキサス流のメキシコ音楽というか、メキシコとテキサスの音楽の融合というか…。
カントリー、ブルース、R&B、更にドイツ系のポルカのリズムも聴かれたりして、加えてメキシコの音楽となると複雑で良く分からないのが正直な所ですね。

で、今回のアルバムについてですが、

曲調が1曲目~5曲目と6曲目~11曲目で結構違うのですが、これはアナログ盤のA面とB面とで構成を変えているんですね。

A面にあたる1曲目~5曲目はジャズやブルースのテイストを取り込んで、ダグ・サーム風に料理している感じでしょうか。豊潤な音楽を聴かせてくれます。
1曲目の「San Francisco FM Blues」からホーンもグイグイと効果的で、これはいきなりきます。
2曲目の「Someday」のような、ノスタルジック漂う、いかにもというようなムードたっぷりの曲であっても、この人がやると、さりげなくてカッコいいんですよね。

対して、B面にあたる6曲目~11曲目は、テックス・メックスの本領発揮と言った感じで、アコーディオン、フィドル、オルガンにホーンと賑やかな感じが良いですね。
6曲目の「Texas Tornado」の陽気さがとにかく印象的で、この時期にハマってしまいました。
8曲目「Chicano」でのアコーディオンはこれぞ、と言う感じで雰囲気満点ですね。

このアルバムで、テックス・メックス・アコーディオンの巨匠、フラコ・ヒメネスの名前も知ることができました。
その他、ドクター・ジョンやデヴィッド・ブロムバーグが参加してます。

ダグ・サームのちょっとルーズだけど、迫力満点のヴォーカルに、何とも気の利いたご機嫌なギター。
ラフでワイルド、時にチープだったりする(笑)そのサウンド。

このCDを聴いて以降、ダグ・サームのこのサウンドに惹かれてしまい、Sir Douglas Quintet等の関連のアルバムを探すことになるんですが、CDもLPもなかなか見つからなくて、探しましたね~(笑)

話の流れですから、そういうことで次回にちょっとダグ・サームのアナログレコードを。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTexas Tornado - The Sir Douglas Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ダグ・サーム Texas Tornado ザ・サー・ダグラス・バンド テックス・メックス

LPからCDの時代に

ちょっとここで、久しぶりにただのつぶやきです。

このブログでは、個人的に所有しているアナログレコードについてつぶやいていますが、そのアナログレコード、つまりLPから、CDへと移行しだしたのは、1980年代中盤だったでしょうか。

ちょっと調べてみると、1986年に販売枚数ベースでCDがLPを追い抜いたそうです。

まあ、最初はなかなかハードを買うのも大変でしたし、個人的にはCDには手が出なかったと記憶しています。
ただ、1980年代後半になると、私も社会人になった頃でもあったので、懐具合としても徐々にですがCDに手が出るようになってきました。

CDの時代になって、何と言ってもうれしかったのは、名盤といわれていても廃盤になったりしていて、中古レコード店でもなかなか手に入らなかったLPが、次から次へとCDとして復刻されて発売されたことですね。

売り場面積もあまりとらないですから、店頭に並ぶ種類もとても多かったのではないでしょうか。

特に、ブルース関連が復刻盤やら企画物が盛んに発売されて、それまで聴きたくても聴く事ができなかったアルバムを手にする事もできました。

私の場合、今でもアナログレコードを聴いていますが、購入に際してCDとどちらを買うかと特に決めているわけではありません。
実際、CD登場以来、もちろん新譜はCDですが、旧譜も購入してきました。

ただ、CDの販売数がLPを越えて、販売店からLPが消え出した頃から、今度は中古レコード店のアナログ盤が充実し始めたんですよね。

お店の方々は大変だったかもしれませんが、以前は中古レコードもそれなりの値段がしていたと思うのですが、CDの登場で、LPがより中古市場に流れるようなったのか、値段が下がったように思います。

特に、リリース当初によく売れたアルバムほど中古市場に流通している枚数も多く、反対に需要も少ないせいか数百円で売られていました。

となると、有名で人気もあったけど、購入するのは後回しになっていたというようなミュージシャンや旧譜のアルバムを、中古のLPで購入するというパターンも結構ありましたね。

その他に、CDの時代になると、アナログの時はお店で見る事がなかったミュージシャンのアルバムも店頭で扱うようになって、それ以前は聴く事ができなかったり、中には目にした事もなかったミュージシャンをCDで知る機会ができてきました。

実際、CDで初めて聴いて、気に入ってしまい、それからさかのぼって昔のアルバムを手にしたミュージシャンも多くいます。
そして、そのアルバムはアナログのLPであったり、CDであったり様々です。

次回あたりから、そんなCDで初めて出会ってハマってしまい、さかのぼって過去のアルバムを聴きだしたミュージシャンについてもつぶやいていこうと思います。

と、ここまでつぶやいてきましたが、今はもうCDさえ持たない人も多いんですからね(苦笑)

ただ、一応、言っておきますが、どうしてもアナログ盤のジャケットが好きなんですよね、アナログおじさんは(笑)
(なので、本当のお気に入りは、アナログレコードで欲しいんです)

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : LPからCD

シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥー/ピー・ウィー・クレイトン

前回まで、シカゴ・ブルースが続いていたので、唐突な感じもあるのですが、単純に聴きたかったので、引っ張りだしてきました。

ウェスト・コーストの大御所モダン・ブルース・ギタリスト、ピー・ウィー・クレイトンです。
いつものことですが、このアナログ盤も、その昔たまたま目にして手にすることが出来ました。

シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥー
Things I Used to Do

シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥーオリジナルは恐らく1971年にヴァンガードから発表されたものですが、手にしたのは1979年の国内再発盤で、『栄光のギター・プレイヤー1500シリーズ』という企画盤ですね(笑)

余談ですが、この『栄光の~シリーズ』はライナー・ノーツにちょっとだけタブ譜が載っていて、ギターのテクニック解説までしちゃってます。
ちなみに、ギター・テクニック解説は吾妻光良さんで、なかなか面白いです(笑)

ピー・ウィー・クレイトンと言えば、Tボーン・ウォーカーのフォロワーの第一人者と言われ、当時のギター・バトルなんかで腕を磨いて、時には師匠のTボーンとも対決したらしく、人気はかなりあったようですね。

まずは、風貌が良いですよね。
有名なアルバム「ブルース・アフター・アワーズ」のジャケットのまるで、とっちゃん坊や…失礼、伊達男の風情が何ともおちゃめで粋です。
ちなみに、このアルバムのジャケットは、かなり渋くきめてますけどね。

アルバム録音用のバンドはシンプルで、サイド・ギター、ベース、ドラムス、そしてキーボードにはほとんどエレクトリック・ピアノが使用されてます(これが結構、軽めなサウンドに効いてますね)。
ヴォーカルは抑え気味で渋く歌っていますが、それほど聴かせる感じではなく、やっぱり聴き所はギターですね。

ご存知アール・キングの「Let The Good Times Roll」やミディアム・テンポのピー・ウィーのヒット曲「Blues After Hours」。
アルバム・タイトル曲「Things I Used To Do」はもちろんギター・スリムの名曲ですが、もちろん弾きまくってます。
あと「S.K. Blues」なんかもいいですね。

そのブルースは、時折R&Bの香りもしてくる、基本ノリの良いサウンドですが、そこにサラッと軽快に、時に熱く、時にクールに響くギターが何とも味があっていいですね。
時々ハチャメチャになるのも最高です(笑)

1985年に他界しています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでPee Wee Craytonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ピー・ウィー・クレイトン Pee Wee Crayton シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥー

More Real Folk Blues/マディ・ウォーターズ

さて、続けて大御所マディ・ウォーターズです。

前回が「The Real Folk Blues」ですから、もちろん次はこれです。

って、実際はそんなにすぐに見つけられませんでしたが、チェスの初期の録音として、「The Best of Muddy Waters」「The Real Folk Blues」、そしてこのアルバムは何とか聴いてみたかったので、見つけた時は嬉しかったですね~

More Real Folk Blues

More Real Folk Blues前出の「The Real Folk Blues」が1966年発売で、その続編として1967年に発売されてますが、手にしたのは1988年再発の輸入盤です。
収録されているのは、1948から1952年の録音ですね。

“More”となってはいるものの、前出の「The Real Folk Blues」が1947年から1964年までと広範囲の録音からだったので、こちらの方が時期が集中していて、より当時のマディのスタイルが分かりやすいですね。

アルバムの曲順は年代順にはなってません。以下、主に裏ジャケットの情報によります。

基本的には、ビッグ・クロフォード(b)とのデュオ曲と、更にそこにリトル・ウォルター(har)が参加している編成が多いですね。

つまり完全なバンド・スタイルではないので、まだシカゴ・ブルースのスタイルというよりは、ミシシッピ・デルタの香りプンプンのカントリー・ブルースのスタイルですよね。

そのせいもあると思うのですが、マディのエレクトリック・スライド・ギターが際立っていて、強烈に響いてきますね。
もちろん圧巻のヴォーカルです。

アルバム最初の「Sad Letter」から最後の「Honeybee」まで。ドップリ浸れますね。
A面最後の「Kind Hearted Woman」とかもかなりディープです。

B面4、5曲目の「She's Alright」「Landlady」はエルジン・エドモンズのドラムスが入り、リトル・ウォルターとジミー・ロジャースが加わり、初期のバンド・スタイルのサウンドを聴く事ができますね(但し、ベースはいないようです)。

ちなみに、「Honeybee」のみがアルバム「The Best of Muddy Waters」と重複して収録されているようです。

いや~、やっぱりマディは凄いです。
汗臭いですね~、泥臭いですね~、深いですね~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
といっても、このCDを購入する方はもういないんでしょうね。「The Real Folk Blues」とのカップリングがあるようですからね。


◆iTunes StoreでThe Real Folk Blues / More Real Folk Blues - マディ・ウォータースをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マディ・ウォーターズ More Real Folk Blues

The Real Folk Blues/マディ・ウォーターズ

何だかシカゴ・ブルース関係が続きましたので、その勢いで大御所マディ・ウォーターズです。

初期のマディを聴こうと思うと、先に登場した「ザ・ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ」が特に有名ですが、更にと、その次を探していたので、このレコードを見つけた時は嬉しかったですね。

The Real Folk Blues

The Real Folk Bluesチェスのオリジナルは1966年発売ですが、手にしたのは1987年再発の輸入盤ですね。

録音の時期がかなり広範囲で、1947年から1964年までからとなってます。
アルバムを聴くと、まだバンド・スタイルになってない曲もありますね。

その辺りで、フォーク・ブルースというタイトルなのでしょうか。
ただ、エレクトリックなバンド・スタイルも聴かれて、そちらはもうドップリとシカゴ・スタイルのマディのディープな世界です。

ミシシッピ・デルタ・ブルースをベースにしたスタイルがバンドによる所謂シカゴ・スタイルに変わっていく、この頃の録音は興味深いですよね。

ちなみにアルバムの曲順は年代順にはなってません。

主な収録曲では、
A面1曲目は、あの「Mannish Boy」です。
個人的には、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」で、ザ・バンドをバックに"Mannish Boy"を歌う動くマディを初めて観て以来、その強烈な風貌、いや、ブルースにすっかりやられてしまいましたからね。

デルタ・ブルースの香り漂うマディのスライドとビッグ・クロフォードのベースだけによる1950年の「Walking Blues」(A面5曲目)や「Rollin' & Tumblin'」(B面3曲目)等もやっぱりカッコいいですね。

1947年のデビュー曲 「Gypsy Woman」(B面2曲目)はサニーランド・スリム(p)とビッグ・クロフォード(b)のバックによるもので、このセットはこの曲のみです。

アルバム中では一番後年の1964年録音の「Same Thing」(B面1曲目)は、既にモダンな雰囲気が漂い、貫禄あります。

この頃のシカゴというか、チェスのセッションメンバーがとにかく凄いですよね。つまりマディ・バンドですよね。

ハープはリトル・ウォルターにウォルター・ホートン。そして、ジミー・ロジャース(g)、ウィリー・ディクスン(b)、オーティス・スパン(p)、フランシス・クレイ(ds) らの面々が、がっちりとマディのシカゴ・ブルースを支えてます。

そして、もちろんマディのその圧倒的なヴォーカルと、高ぶる感情が乗り移ったような力強いスライドですから、これはたまりません。

やっぱり、マディは濃い~、深い~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このCDは今回のアルバムと、More~のアルバムとのカップリングですかね。


◆iTunes StoreでThe Real Folk Blues / More Real Folk Blues - マディ・ウォータースをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マディ・ウォーターズ The Real Folk Blues リアル・フォーク・ブルース

トーク・ザット・トーク/サニー・ボーイ・ウィリアムソン

このアルバムは、今聴くと興味深くて、臨場感が凄くて、とても面白いアルバムなのですが、買った当時、まだ若かった私にはちょっと失敗した~という感じでした。

先に言ってしまうと、このアルバムはサニー・ボーイのレコーディング・セッション自体の様子を伝える、まるで実況中継的なものです。

ただ、このアナログレコードを目にした時、いつものように、内容も知らないくせに、これを逃すともうこのレコードにお目にかかることはないのでは…、と思って手が出てしまったんですよね。
偉大なハーピスト、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIの、

トーク・ザット・トーク
Talk That Talk - Sonny Boy At The Chess Studio 1957-1961

トーク・ザット・トーク1984年発売のPヴァインの国内盤を手にしましたが、これはそもそも、Pヴァインの企画アルバムなんでしょうかね。
マスター・テープを取り寄せて、編集したのでしょうか。

ということで、先述の通り、このアルバムはチェスでのレコーディング・セッションの様子を伝えることに主眼を置いているので、正規の録音バージョン以外の別テイク集という訳でもないんですよね。

何たって、演奏を途中で止めてしまうような失敗テイクもわざと収められてますから。

セッションは1957、58、60、61年からのものです。
当然、全て未発表テイクですね(笑)

正直に言いますと、このアルバムを聴く前に、きちんとした正規の録音バージョンを聴き込まないと、面白さが分からない部分もありますよね。比較が出来ませんから。

私は結局、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIのアルバムはこれと、先に出てきた「Down And Out Blues」しか持ってないので、元のバージョンを知らない曲が多々あります。
なので、残念ながら充分にこのアルバムを堪能しているとはいえません。
ちなみに、その「Down And Out Blues」に収録されている曲は5曲でした。

ただですね、この頃のチェスでのセッション・メンバーは凄いですからね。

ロバート・Jr.ロックウッド、ルーサー・タッカー、ウィリー・ディクソン、オーティス・スパン、フレッド・ビロウの面々。

この素晴らしいバックと、サニー・ボーイとの生々しいセッションのやり取りの様子や、息づかいが伝わってくるのですから、結構聴きごたえがあります。

曲によっては何テイクか収録していて、サニー・ボーイが途中のテイクから疲れてくる様子が伝わってきたり、演奏が上手く合わなくて、何やらやり取りしている会話が聴こえてきたりと、スタジオの雰囲気も感じられます。

もちろん、サニー・ボーイのハープは表情豊かで素晴らしいのですが、このアルバムの聴き所はこういう所なのでしょうね。

チェス・レコーディング・セッションを実感するという、一種の企画物ではありますが、サニー・ボーイのオリジナル・アルバムをきちんと聴いてからこのアルバムを聴くと、より一層楽しめそうです。


※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでサニー・ボーイ・ウィリアムスンをチェックする。

◆iTunes StoreでSonny Boy Williamsonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : サニー・ボーイ・ウィリアムソンII トーク・ザット・トーク Talk That - Sonny Boy At The Chess

Down And Out Blues/サニー・ボーイ・ウィリアムソン

名前はもちろん耳にしていましたが、アナログレコードはほとんど目にすることがなかったので、この強烈なジャケットを目にした時は惹き付けられましたね。

ブルース・ハーピストとして、偉大な足跡を残した、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIの、

(Sonny Boy Williamson Sings)
Down And Out Blues

Down And Out Blues1959年の発表ですが、1987年再発の輸入盤を手にしました。
この、ジャケットは迫力ありますよね(もちろん本人ではない)。

別名ライス・ミラー(本名アレック・ミラー)とも呼ばれる、サニー・ボーイ・ウィリアムソンII。

よく知られたことですが、“II”(“II世”と言ったりもしますね)というのは、既に戦前から戦後すぐのあたりに活躍したサニー・ボーイ・ウィリアムソン(ジョン・リー・ウィリアムソン)という芸名の、シカゴ・ブルースに大きな影響を残したハーピストがいて、その人にあやかって後からこの人がサニー・ボーイ・ウィリアムソンと名乗ったため、こちらは“II”と付けることが多いんですよね。

同じ名前を名乗るんですから、ややこしいです。ただ、こちらの“II”の方が有名ですよね(笑)
(おかげで、先代は“I”としたりもしますね)

キャリアは長く、1941年からアーカンソー州ヘレナのラジオ局KFFAでの生放送のブルース番組「キング・ビスケット・タイム」で、自分のバンドをバックに毎日演奏していて、南部での人気は高かったようです。

しかし、初のレコーディングは1951年と遅く、年齢も50歳を過ぎていたようですね(生まれた年が諸説あるそうです)。

そして、1955年のチェス・レコード傘下のチェッカーでの初セッションから、シカゴ・ブルース・シーンで活躍するのですが、今回のアルバムは、そのころのレコーディングのものです。

セッション・メンバーがとにかく凄い。裏ジャケットの情報によりますと、

先ほどの1955年の初セッションには、マディにジミー・ロジャース、オーティス・スパン、フレッド・ビロウですからね。
そのメンバーでは2曲収録されていてます。
A面1曲目の「Don't Start Me To Talkin'」は強力なビートで最高にカッコいいですよ。

他の曲は1956、57、58年に収録された、ロバート・Jr.ロックウッド、ウィリー・ディクソンらとのセッションですね。
ロバート・Jr.ロックウッドは先の「キング・ビスケット・タイム」に共に出演していたということなので、息もピッタリなんでしょうね。
こちらも、素晴らしいバックの演奏で、よりスウィングしてます。

「Keep It To Yourself」や「Let Me Explain」等々、どれも抜群で、サニー・ボーイの感情を自在に表し、しゃべるようなハープも本当に見事です。

南部を長く放浪していたという、この人のタフさと男臭さも感じられるブルースで、ヴォーカルもハープに負けず劣らず、渋く魅力的です。
とにもかくにも、サニー・ボーイの表情豊かな、生々しいハープは、これぞブルース・ハープといったところでしょうか。

1965年に他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSonny Boy Williamsonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : サニー・ボーイ・ウィリアムソンII Down And Out Blues ライス・ミラー

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。