スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Where We All Belong/マーシャル・タッカー・バンド

良く言われますが、この、マーシャル・タッカー・バンドはサザン・ロックとして語られるのはもちろんですが、そのサウンドはワイルドさとか激しさ、泥臭さとは、ちょっと遠い感じですよね。

ただ、雄大さやスケールの大きさは、これはこれで、やはり、紛れもないサザン・ロックなのでしょうね。

Where We All Belong
(邦題:「アメリカン・ロックの鼓動」)

アメリカン・ロックの鼓動1974年発表の2枚組の3rdアルバムで、1枚目がスタジオ・レコーディングで、2枚目がライブですね。
バンドとしては、3枚目にしてもちろんライブ盤は初ですが、それにしてもサザン・ロックのバンドは2枚組が好きですよね(笑)

もちろん、サザン・ロックで重要な役割を果たしたキャプリコーンからです。

ゲスト・ミュージシャンには前作「A New Life」にも参加していたチャーリー・ダニエルズがフィドルで、それに私の大好きなエルヴィン・ビショップの名前もあります。

アルバム通して、ほぼ全面にホーンとフィドルがフューチャーされていて、それに、このバンドの特徴であるジェリー・ユーバンクスによるフルートが加わると、更にサウンドに厚みと、独特のエッセンスが加わる感じですね。
のんびり、ほのぼのといった雰囲気も時には感じさせる、田舎臭いとも雄大とも言える、何とも特徴的なサウンドです。

アルバムの内容としては、

スタジオ録音サイドは、「This O'l Cowboy」の軽やかで、フュージョンの香りもする爽やかな曲で始まります。

A面3曲目の「In My Own Way」はウェスト・コーストを思わせるくらいの綺麗なコーラスが印象的な良い曲ですね。

B面2曲目「Where A Country Boy Belongs」でエルヴィン・ビショップのスライドが聴けますが、控えめでした(笑)

スタジオ録音サイド最後の「Try One More Time」は、ミディアム・スローの4分の3拍子の郷愁を誘う曲で、こういう地味な曲は結構好きなんですよね。

2枚目のライブ・サイドは強力で、南部のバンドの本領発揮です。
ただし、収録はAB面各2曲で計4曲のみ。さすが南部のバンドのライブですね(笑)

A面1曲目の「Ramblin'」(1st収録)は、いきなりハイテンポでトイ・コールドウェルがギターを弾きまくってます。

2曲目の「24 Hours At A Time」(2nd「A New Life」収録)はチャーリー・ダニエルズを迎えての14分近くに及ぶ熱演で、壮快でスケールが大きく、いかにもという演奏で聴きものですね。

アルバム最後は、デビュー・アルバムのトップを飾っていた「Take The Highway」。
この曲は、ライブでパワーアップした感もありやはり素晴らしいです。

やはり、バンドの要と言える、トイ・コールドウェルのギターが印象的でサウンドを支えてますよね。
親指で弾いているそうですが、相当テクニカルで、カッコいいです。

カラッとした爽やかな空気感に、軽やかで壮快で雄大なスケール感。加えて、やっぱり、南部のバンドのライブの迫力は素晴らしいですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWhere We All Belong - The Marshall Tucker Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : マーシャル・タッカー・バンド アメリカン・ロックの鼓動 Where We All Belong

Enlightened Rogues/オールマン・ブラザーズ・バンド

1976年 の「熱風」(Wipe The Windows, Check The Oil, Dollar Gas)で一旦バンドが解散したオールマン・ブラザーズ・バンドは、2年後の1978年に1回目の再結成をするんですよね。

そして、バンドの再結成第1弾としてリリースされたのが、

Enlightened Rogues」(邦題は「いま、再び」)

Enlightened Rogues1979年発表で、キャプリコーンからの最後のアルバムです。
国内盤の中古を手にしましたが、正直、あまり印象のないアルバムだったんですよね。

再結成にあたってのメンバーは、
グレッグ・オールマン、ディッキー・ベッツ、ブッチ・トラックス、“ジェイモー”ジェイ・ジョハンソンのオリジナルメンバーと、ディッキー・ベッツと共に活動していた、ダン・トーラー(ギター)、デイヴィッド・ゴールドフライズ(ベース)。

ツイン・ギターとなるのは久しぶりですね。
ちなみに解散時のメンバーのチャック・リーヴェルとラマー・ウィリアムズはシーレベルでの活動を続けたため再結成には加わってません。

アルバム1曲目の「クレイジー・ラヴ(Crazy Love)」から、ディッキー・ベッツがかなり豪快にスライドを弾いてます。
この曲にはコーラスでボニー・ブラムレットが参加していて、パワフルな歌声でサポートしてますね。

アルバム通して、ディッキー・ベッツがご機嫌に、そして気合いを入れて弾いてます。

対して、グレックも負けずに、渋くて、力強い歌声を聴かせてくれてますね。
A面最後の「ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド(Need Your Love So Bad)」やB面1曲目の「ブラインド・ラヴ(Blind Love)」等では、グレックのブルース・フィーリングたっぷりのヴォーカルが楽しめます。

全体的にキャッチーで軽快で、派手さはないですが、健在ぶりを示したアルバムといったところですかね。

この後、アリスタに移籍後、2枚のアルバムをリリースするのですが、再解散してしまいます。

実はオールマンのアナログレコードは、これまでブログで出てきたもので、全部なんですよね。
肝心の名盤「フィルモア・イースト・ライヴ」はどうした!って感じですが、アナログ盤は持ってないんですよ。
例によって、ずっとカセットテープで聴いていて、後にCDで買い直しました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEnlightened Rogues - オールマン・ブラザーズ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : オールマン・ブラザーズ・バンド Enlightened Rogues いま、再び

リタ・クーリッジのRita Coolidge

前回のマーク・ベノのデビュー・アルバムにも参加していて、素晴らしいコーラスでサポートしていたリタ・クーリッジ

そのマーク・ベノのアルバムの中で私の大好きな曲、「セカンド・ストーリー・ウィンドウ(Second Story Window)」をリタ・クーリッジも歌っているというので、探したんですよね~

Rita Coolidge

Rita Coolidge1971年発表のデビュー・アルバムですね。
リタ・クーリッジって、何だかこの頃のアルバムのあちこちで名前を目にしてたんですよね。

何と言っても、エリック・クラプトンも参加していた、デラニー&ボニーのツアーに帯同した時のライブ・アルバム「On Tour/Delaney & Bonnie &Friends with Eric Clapton」。

そのクラプトンの初のソロ・アルバムにも参加してますね。
前回のマーク・ベノのデビュー・アルバムにも参加してますし、ジョー・コッカーのツアーにも。

どうやらスワンプ・ロック系のバック・コーラスには、欠かせない存在だったのでしょうね。
声量豊かで魅力的歌声は、幼い頃からゴスペルに親しんだことによるそうです。

で、今回のデビュー・アルバムですが、カバーしている曲の選曲が素晴らしく、参加ミュージシャンも興味深いです。

ギターには、スティーヴン・スティルス、クラレンス・ホワイト、ライ・クーダー、ジェリー・マギーにボビー・ウーマックの名前も。
キーボードにブッカー・T・ジョーンズ、等々、豪華で凄すぎですね。

アルバム1曲目の「That Man Is My Weakness」からミディアム・テンポで、よく通る歌声を聴かせてくれます。
この曲のみ、レオン・ラッセルとマーク・ベノが参加してますね。

A面2曲目がお目当てのマーク・ベノの曲「Second Story Window」で、優しい歌声が響いてます。
アコースティック・ギターは、スティーヴン・スティルスですね。

A面3曲目がヴァン・モリスンの「Crazy Love」、続けて、オーティス・レディングの「The Happy Song」。
A面最後のスティーヴ・ヤングの「Seven Bridges Road」(後にイーグルスがカヴァー)は、ゆったりしつつも壮大に聴かせてくれます。

B面1曲目のアルバート・キングの「Born Under A Bad Sign」は唐突感もあったのですが、作曲したのは、このアルバムにも参加しているブッカー・T・ジョーンズですからね。ブルージーにソウルフルに歌い上げてます。
ライ・クーダーの渋いボトルネックがカッコいい。

と、まぁきりがないですね。
アルバムの最後を優しくしっとりと締めくくるのは、ニール・ヤングの「I Believe In You」です。

商業的には成功はしてないようで、あまり目にすることのないアルバムですが、これも、スワンプ・ロックの名盤ではないでしょうかね。なかなか良いですよ。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでRita Coolidgeをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : リタ・クーリッジ Rita Coolidge デビュー・アルバム

マーク・ベノのMarc Benno

前回紹介の「テイク・イット・バック・トゥ・テキサス」をCDで聴いてすっかり気に入ってしまったマーク・ベノです。
その後は、CD、LPどちらでも良いので、とにかくアルバムを探しましたね(笑)

手にしたアルバムの購入時期は忘れてしまっているので、まずはこのアナログレコードからです。マーク・ベノの、

Marc Benno

マーク・ベノ1970年発表のデビュー・アルバムですね。
中古の輸入盤を手にしました。

アルバムにはブッカー・T.ジョーンズ、ライ・クーダー、ジェリー・マギー、コーラスでクーリッジ姉妹が参加していて、このメンバーがまたいい味出してるんですよね。

針を落とすと、もう、1曲目の「グッド・イヤー(Good Year)」から良いですね~!
この曲やA面4曲目の「トゥ・デイ・ラヴ・アフェア(Two Day Love Affair)」の、ノリや曲後半の女性コーラスとの絡みなんかが最高ですね。

それにスローでブルージーな曲も味があって、雰囲気ありますよね。

個人的に一番好きなのがA面最後の「セカンド・ストーリー・ウィンドウ(Second Story Window)」。
このアコースティックなサウンドがたまりません。
聴きながら黄昏れてしまいます。

B面1曲目「ティーチ・イット・トゥ・ザ・チルドレン(Teach It To The Children)」、B面3曲目「ハード・ロード(Hard Road)」ではライ・クーダーの渋いスライドが聴くことができます。

B面2曲目「ファミリー・フル・オブ・ソウル(Family Full Of Soul)」なんか、ゴスペル風女性コーラスが最高で、横揺れスワンプは心地よいですし、アルバム最後の「ナイス・フィーリン(Nice Feelin)」もコーラスとオルガンの響きが何とも染みてくる良い曲ですね。

って、何だか結局、どの曲も好きなんですが、「ハード・ロード」(Hard Road)のみ共作で、その他は全てマーク・ベノのオリジナルというのですから、ソングライターとしても凄いですよね。いい曲書きます。

気の利いたギターも忘れてはいけませんし、ヴォーカルも優しく甘めですが、気だるい感じで、何とも惹かれますね。

いや~、これがマーク・ベノのスワンプ・ロックか~!って感じで、このアルバムはかなり好きです。

実はこのアルバムは、1995年にCDで再発されていたものも手にしてます。

考えてみれば、CDとアナログLPを両方持っているアルバムってあまりないのですが(色々聴きたかったもので)、マーク・ベノは前回の記事の通り、CDの時代になってから聴き始めたものの、何だかアナログ盤でも欲しかったんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMarc Benno - Marc Bennoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マーク・ベノ Marc Benno デビュー・アルバム ファースト

テイク・イット・バック・トゥ・テキサス/マーク・ベノ

前回までのダグ・サームもそうだったのですが、今回のマーク・ベノも初めて耳にしたのはCDだったんです。

って、ちょっと最近ブログが滞ってるんで、何のことか分からないですよね。
まあ、CDで初めて聴いて気に入ってしまい、さかのぼって過去のアルバムを聴き出したミュージシャンのお話ですね(笑)

ダグ・サームの時と同じような感じですが、“テキサス”という単語が入っているタイトルに、ググッ~と惹き付けられて、手にしました。

ということで、これもCD盤のため、ブログのタイトルと違ってしまいますが、マーク・ベノを初めて聴いたのがこのCDなのでご勘弁を。

テイク・イット・バック・トゥ・テキサス
Take It Back to Texas

テイク・イット・バック・トゥ・テキサス1990年発表で、これはCDとして新譜で発売されたものを手にしました。
もちろん、この時はマーク・ベノのことは知りませんでした。

それと、手にしてから知ったのですが、これが11年ぶりのアルバムだったそうで、以前のアルバムは知る機会がなかったということですね。

で、初めて聴いた訳ですが、1曲目の「Black Cadillac」から何てカッコいいブギー!

タイトル曲の「Take It Back To Texas」はブルース・フィーリングたっぷりですし、「No Problem Child」とかは、ジョン・リーのようなブギーですね。

アルバム全体として、ストレートにブルース、ブギーを演奏していて、そのサウンドは、肩に力が入らずに、リラックスした感じが良く、そして時にディープです。

そして、表に出過ぎない、渋いギターがカッコいいですね。
ヴォーカルは軽め、甘めではありますが、気だるい感じで、なかなか味があります。

アルバム最後の「Greatest Find」は、カントリーっぽくて、シャッフルの軽めの曲なんですが、何だか染みてきて、こういう曲好きなんですよね。

マーク・ベノはもちろんテキサス生まれですが、サウンドが何だか時々、そうスティーヴィー・レイ・ヴォーンと似た香りがするなと思って、これがテキサスの香りなのかなぁ、なんて思ったりもします。
ヴォーカルやギターのスタイルは全然違いますけどね。

そのレイ・ヴォーンとは実際にナイトクロウラーズというバンドで一緒にやってたんですね。知りませんでした。

その他にもレオン・ラッセルと一緒に組んでいたり、ブルース・マンのマンス・リプスカムと一緒にやっていたり、ライトニン・ホプキンスのツアー・バンドにもいたらしい(ライナー・ノーツより)…

と、何でそれまで耳に入ってこなかったんだろうとも思ったものですが、とにかくこのCDを聴いて、すっかりマーク・ベノのファンになってしまいました。

もちろんこの後、さかのぼってアルバムを探すことになりまして、アナログレコードも手にしたので、次回はそのマーク・ベノのアナログレコードについてです。

ちなみに2005年に来日していますね。って観に行ってないんですよ~(泣)
私はその時、いったい何をしていたのだろう…、残念です…

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

このアルバム、あまり人気がないのかな?


◆iTunes StoreでMarc Bennoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マーク・ベノ Marc Benno テイク・イット・バック・トゥ・テキサス

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。