スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒海/シー・レベル

1976年のオールマン・ブラザーズ・バンド解散後すぐに、メンバーの3人、チャック・リーヴェル、“ジェイモー”ジェイ・ジョハンソン、 ラマー・ウィリアムズが結成したバンド、シー・レベル

オールマンの後、どのようなバンドで、どのような演奏をしていたのか気になっていたのですが、随分経ってからですが、手にしました。
シー・レヴェル(←アルバム表記はこうでした)の、

Sea Level」(邦題:「荒海」)

Sea Level(荒海)1977年、キャプリコーンから出された、シー・レベルのデビュー・アルバムになりますね。
国内盤の中古を手に入れました。

オールマンの3人に加えて、ギターにはジミー・ナルスが加入してます。
って、すいません、このギタリストは、シー・レベルでしか知りません。

で、アルバムですが、サザン・ロックをイメージしていると、ちょっと肩すかしを食うかもしれませんね。
確かにその雰囲気は残しつつも、ジャズ、フュージョン系の香りが強いです。というか、ほとんどフュージョンかな。

アルバム全8曲中、5曲がインストで、大きくアドリブが展開されているのも、その感じを更に強くしていますね。
ただ、スカッとした演奏が気持ちいいですよ。

1曲目のインスト「スペインの雨(Rain in Spain)」から、チャック・リーヴェルのピアノのリフも印象的で、ギターが激しくソロで絡んできます。
この曲を聴いて、「おっ、ジミー・ナルス、カッコいい」って感じです(笑)

チャック・リーヴェルのあのコロコロ転がって弾けるようなピアノと、ラマー・ウィリアムズとジェイモーのリズム隊が絡み、そこにギター・ソロが入ってくると、時折、オールマンを思わせる瞬間がありますね。

A面2曲目の「シェイク・ア・レッグ(Shake a Leg)」はドクター・ジョンを思わせる、ニューオーリンズ・スタイルの曲調が面白く、ホーンもいい感じで絡んできます。

A面4曲目の「カントリー・フール(Country Fool)」等で、ジミー・ナルスのギターは、時にディッキー・ベッツを思わせるスライドや、ハードで泥臭い演奏も聴かせてくれて、なかなか面白いですね。

変わった所では、B面3曲目の名曲「スカボロー・フェア(Scarborough Fair)」をピアノ中心のインストで、よりジャジーにオシャレに演奏しています。

上記の3曲はどちらかというと、ちょっと毛色の違った曲で、アルバム通して聴くと、チャック・リーヴェル色がかなり強く出た、演奏自体に重点を置いたフュージョン色の強いサウンド、というのが、このアルバムの特徴なのでしょうね。

残念ながら、シー・レベルで所有しているレコードは、この1枚のみです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : シー・レベル Sea Level 荒海 チャック・リーヴェル

雑魚/マーク・ベノ

独特のノリと、何とも言えないゆったり感。極上のスワンプ・ロック。
といっても、この人は何だか我が道を進んでますよね。マーク・ベノ
今回のアルバムは、名盤と言われるこれ、

雑魚Minnows)」

雑魚1971年に発表した2ndアルバム。
中古の輸入盤を手にしました。

マーク・ベノの声は甘い感じですが、雰囲気抜群で、また、この人のギターも渋いんですよね。そして、どの曲も魅力的。

こういうノリって、マネしたくてもなかなか出来ないんですよね。
マーク・ベノのスワンプ・ロックですね。

このアルバムには、1stに続き、またまた凄いメンバーが参加してます。
ギターだけでも、クラレンス・ホワイト、ジェシ・デイヴィス、ボビー・ウーマック、ジェリー・マギーの名前があります。

雑魚(ジャケット見開き表)他にも、カール・レイドル(b)、ジム・ケルトナー(ds)らが、そしてコーラスにはリタ・クーリッジがやはり参加しています。
メンバーは豪華ですが、出過ぎる事なく、実に見事にマーク・ベノの音楽をサポートしてますね。

A面1曲目の「フラニー(Franny)」から、ゆったりした曲で、マーク・ベノの魅力全開な感じで、A面4曲目の「スピーク・ユア・マインド(Speak Your Mind)」なんか最高です。哀愁帯びていて、聴いていて黄昏れてしまいますね(笑)

雑魚(ジャケット見開き中)B面1曲目の「グッド・タイムス(Good Times)」等、良い曲が揃ってますが、収録曲は全てマーク・ベノによるもののようで、ソングライターとしての素晴らしさも感じさせられます。

1st同様どの曲も女性コーラスが非常に効果的に挿入されているのがやはり印象的です。
それと、この人の経歴にもよるのでしょうが、時折とてもブルージーな演奏を聴かせてくれて、それがまた渋いですね。

このアルバムは、聴けば聴く程味わい深い、間違いなく名盤です。
アルバム・タイトルとジャケットもいいですよね。


さて、このタイミングでマーク・ベノのアルバムについて書いたのは、何と来日してるんですよね、今。
(この記事を書いているのは、2011年10月23日です)

Dr. Kこと徳武弘文さんの還暦を記念したツアーにジェリー・マギーとマーク・ベノが特別ゲストで参加しているとのことです。
(すいません、徳武弘文さんについては、ほとんど知りませんでした)

Dr.K 還暦記念"LET'S SWAMP TOUR"
with Special Guests
Gerry McGee and Marc Benno

スワンプ・ミュージックをテーマとしたライブですよね、これは。いいな~

横浜2011年10月23日(日)を皮切りに、大阪27日(木)、名古屋28日(金)、そして東京が2011年10月30日(日)とのこと。
そうですよね~、北海道には来ませんよね~

あ~、2005年も逃して、今回もか~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでMinnows - Marc Bennoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : マーク・ベノ 雑魚 Minnows スワンプ・ロック

Hurry Sundown/アウトローズ

フロリダ州出身のサザン・ロック・バンドのアウトローズです。

オールマンやレーナード・スキナードほどの知名度はないですし、そのサウンドもサザン・ロックというにはかなり爽やかな感じですが、個人的には、その勢いのあるスカッとした感じが好きなんですよね。アルバムは、

Hurry Sundown

Hurry Sundown1977年発表の3rdアルバムですね。
中古の輸入盤を手にしました。

デビュー・アルバムから、そのサウンドは“一般的”なサザン・ロックのイメージからはちょっと離れていて、かなりカントリー色が強くて、爽やかで美しいコーラスと爽快なサウンドが特徴だったのですが、このアルバムではちょっと変化が見られます。

美しいコーラスは変わらずですが、曲によってはカントリー色が薄れて、ハードでスケールの大きな演奏も聴かれます。
それまでは、ほとんど感じられなかった“土臭さ”というのも香ってきますね。

アルバムのジャケットも、1stと2ndのイラストとは変わって、黒を基調の雰囲気の違うジャケットになってますよね。

アルバムの収録曲では、
A面3曲目の「So Afraid」のようなカントリー調の爽やかな曲もありますが、スケールの大きさを感じさせるA面4曲目の「Holiday」や、B面1曲目の「Cold and Lonesome」なんかは印象的で、何より全体的に曲がメロディアスになってますね。

そして何と言っても、ツイン・ギターのリフから始まるアルバム・タイトル曲「Hurry Sundown」がカッコいいです。
後半に畳み掛けてくるギターがやっぱりいいですね。

そうそう、アウトローズはトリプル・ギターの迫力なんですよね。

アルバム最後の曲「Man of the Hour」もカントリー色を漂わせながらも、雄大に壮快に展開してます。

ちなみにこのアウトローズも、このブログで時々出てくる高校の時のバンド仲間から借りて聴いたんですよ。
今考えると、その友人のコレクションは高校生としては、とんでもないですね(笑)

先に言っておきますと、アウトローズはこのアルバムの後に、かなりカッコいいライブ・アルバム「Bring It Back Alive」を出すんですが、持ってないんですよね。
それも、その友人から借りてカセットテープで聴いていたのですが、アルバム購入の機会がないまま今に至ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHurry Sundown (Remastered) - The Outlawsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : アウトローズ Hurry Sundown Outlaws

1981.12.19 ライブ・アット・武道館/柳ジョージ&レイニーウッド

訃報です。
柳ジョージさんが、2011年10月10日に腎不全のため死去とのニュースが流れました。
享年63歳とのこと。早いですよね。

柳ジョージ&レイニーウッドの「雨に泣いてる」を聴いたのは、もう中学生になっていた頃でしょうか。
初めて聴いた時にかなり耳に残って、いったいどんなミュージシャンなんだろうと思いましたね。

和製クラプトンなんて呼ばれてますが、その頃私は洋楽を中心に聴きだした頃で、まさにクラプトンなんかを追いかけていた頃だったので、初めてテレビで見た時は、ホントにクラプトンとそっくりだ~と思ったものです。

ただ、当時、黒いストラト持って、渋いギータと歌を聴かせてくれるミュージシャンがテレビに出るなんてことがあまりなかったんで、結構釘付けでしたね。
実際、ギターも歌も、そして曲もかっこ良かったですよね。

随分と聴いてなかったのですが、訃報を耳にして、久しぶりに引っ張りだしてきたアルバムは、

1981.12.19 ライブ・アット・武道館

1981年12月19日の武道館での、柳ジョージ&レイニーウッドの解散公演の模様を収めたライブ・アルバムです。
(これは弟所有のアルバムです)

1981.12.19 ライブ・アット・武道館収録曲は、A面が
「テネシー・ワルツ」
「ツゥイストで踊り明かそう」
「本牧綺談」
「ブライト・ライト・イン・ザ・シティ」
「青い瞳のステラ、1962年 夏…」

B面は、
「雨に泣いてる」
「酔って候」
「さらばミシシッピー」
「プリズナー」

このアルバム、針を落とすと「アンコール行きま~す!」という掛け声から始まるんですよね。
アルバム1曲目にアンコール曲を持ってくるという構成にしていて、その曲「テネシー・ワルツ」はアップ・テンポにソウルフルにスカッと歌い上げてます。

「青い瞳のステラ 1962年夏‥」なんか、今改めて聴くと、グッときますね~

B面はヒット曲メドレー。
「雨に泣いてる」はもちろん、どの曲も久しぶりに聴いたのですが、懐かしくも良い曲で、色褪せないですね。

これは、ジャパニーズ・ブルーズン・ソウルです。

柳ジョージさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで1981・12・19-LIVE AT BUDOKAN- - 柳ジョージ&レイニーウッドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : 柳ジョージ&レイニーウッド 1981.12.19 ライブ・アット・武道館 訃報

ストリート・サバイバーズ/レーナード・スキナード

そのバンドのイメージとしては、最も南部ロックらしいサウンドを聴かせてくれるバンドとも言えるかもしれませんね。
レーナード・スキナードです。

ストリート・サバイバーズ」(Street Survivors

ストリート・サバイバーズ(当時のジャケット帯には「ストリート・サーバイバーズ」と表記されてますね)

1977年発表で、1976年発表の有名な2枚組のライブ・アルバム「One More From The Road」の後に出された、スタジオ録音ですね。
このアルバムは色々な意味で名盤ですよね。

メンバー的には、1975年にギターのエド・キングが脱退し、ギター2人で前作のスタジオ盤「Gimme Back My Bullets」を発表。
その後、ギターにスティーヴ・ゲインズが加入して、再びトリプル・ギターとなって、あのライブ盤「One More From The Road」(1976年)が発表され、そして、この渾身のスタジオ・アルバムが発表されてるんですよね。

そして、あの飛行機事故…
この何とも暗示的なジャケット写真が話題でしたね。

改めて説明するまでもないですが、このアルバム発表後、1977年の飛行機事故でロニー・ヴァン・ザント、スティーヴ・ゲインズらが亡くなるという悲劇が起こってしまいました。

結局、この事故によりバンドは解散するんですが、1976年にはオールマンが解散しているので、相次ぐサザン・ロックの人気バンドの解散となってしまった訳ですね。

バンドは10年後に再結成することになりますね。
ヴォーカルは弟のジョニー・ヴァン・ザントが担ってるんですが、その辺りはCDで聴きましたので、別の機会に紹介できればと思います。

さて、このアルバムの内容についてですが、それまでの、男臭い、土臭い感じに加えて、歯切れがよく、メロディやアレンジにも洗練さが感じられ、曲によってはポップな雰囲気さえも漂わせています。

それでも、やはりサザン・ロックの力強さは迫力があり、個人的には、やっぱり3人のギター、ゲイリー・ロッシントン(Gary Rossington) 、アレン・コリンズ(Allen Collins)、そしてスティーヴ・ゲインズ(Steve Gaines) が最高ですね。
(すいません、どれが誰のギターかまでは分かりませんが…)

実は、以前書きましたが、このアルバムも高校生の時に友人から借りてよく聴いたんですよね。
トリプル・ギターの骨太なサザン・ロックにハマりましたからね。

当時、「ザット・スメル(That Smell)」や「アイ・ノウ・ア・リトル(I Know A Little)」なんかをコピーしてました。
ただし、私はソロが弾けずにサイド・ギターでしたが(トホホ…)

カントリーの雰囲気も漂う「ホンキー・トンク・ナイト・タイム・マン(Honky Tonk Night Time Man)」なんかも、良いですね。

悲劇の事故により、何とも哀しいアルバムになってはしまいましたが、その内容は紛れもない名盤ではないでしょうか。

実は、レーナード・スキナードで所有しているアナログレコードは、これまでに登場した3枚だけなんですよね。
初期の3枚を持ってないのは、何とも残念です。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでStreet Survivors (Remastered) - レーナード・スキナードをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : レーナード・スキナード ストリート・サバイバーズ

High Lonesome/ザ・チャーリー・ダニエルズ・バンド

本当はカントリー・ロックとかサザン・ロックとか、どちらでもいいんですけどね(といいつつ、本文中で使ってます…)。
このブログでは2枚目の登場となる、チャーリー・ダニエルズ率いるチャーリー・ダニエルズ・バンドです。

High Lonesome

High Lonesome1976年11月の発表で、前作「サドル・トランプ(Saddle Tramp)」と同年に発表されてるんですね。

要所要所でカントリー・フレーバーを強く匂わせながらも、南部の骨太なサウンドが基本にある、といった感じでしょうか。
バンド編成がツイン・ギターにツイン・ドラムスですからね。
本人はヴォーカルと、ギターはスライドも、そしてフィドル等も担当してます。

実は、チャーリー・ダニエルズについては、レコードはこの時期のものしか持ってなくて、あまり詳しくもありません。
なので、早速アルバムの内容について。

アルバム1曲目の「Billy The Kid」からハイテンポでかなりハードに迫るギターが印象的で、続く、2曲目「Carolina」はオールマンを彷彿とさせる(と言ったら失礼かもしれませんが)曲の勢いに加えて、ピアノであったりギターであったり、また気持ちいいツイン.ギターが聴きものですね。

3曲目のアルバム・タイトル曲の「High Lonesome」は哀愁を帯びたミディアム・テンポから始まり、洗練されたジャジーな演奏へと続くあたりちょっと異色です。

A面最後、4曲目の「Running With the Crowd」は、何とも南部らしいスケールの大きな曲調で、このギターはたまらんですよ。

B面1曲目の「Right Now Tennessee Blues」は早いテンポにブルージーなテイストが強く、ここでもピアノとギターが大活躍ですね。

B面2曲目の「Roll Mississippi」はミディアム・テンポで珍しく粘り気のある演奏ですね。ギター2人ともスライドを弾いていて、渋いですね。

ちょっとメローなB面3曲目の「Slow Song」と、フィドルを大きくフューチャーした4曲目の「Tennessee」では、マーシャル・タッカー・バンドのトイ・コールドウェルがスチール・ギターで参加してます。

アルバム最後(B面5曲目)の「Turned My Head Around」は、何とも力強い演奏に、スライドとこのバンドらしいフィドルが加わって、全体にご機嫌な熱い演奏を聴かせてくれています。

フィドルはもちろんですが、ヴォーカルやコーラスがカントリーっぽさを感じさせますよね、このバンドは。

と、ありきたりでしたが、全曲について感想を述べてしまいました。
というのも、全体を通して、どの曲も印象的で、非常に聴きごたえがあるんですよね。

それにしても、1976年はオールマンが解散した年ですが、こんな凄いバンドもいた訳ですよね。

いや~、久しぶりに聴いたのですが、いいですね、このアルバム。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでThe Charlie Daniels Bandをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : チャーリー・ダニエルズ・バンド High Lonesome

アトランタ・リズム・セクションの1stと2ndのカップリングLP

スタジオ・ミュージシャンとしてのキャリアが豊富で、実力派と言われるアトランタ・リズム・セクションです。
サザン・ロックの流れで聴き始めて、前回の登場は、ヒット曲の「ソー・イントゥ・ユー」収録の6作目「A Rock And Roll Alternative」でしたが、今回はこれ、

Atlanta Rhythm Section

Atlanta Rhythm Sectionって、アルバム・タイトルはそのまんまなんですが、これはデビュー・アルバムではありません。
そもそも、ジャケットは2ndのものですよね。

もともと、アトランタ・リズム・セクションについては、そんなに詳しい訳ではなかったので、購入時は内容については知りませんでした。

実はこれ、1stと2ndのカップリングLPだったんですね。
う~ん、どういう状況でリリースされたかは良く分からないですけど、とりあえず国内盤の中古を手にしました。

ちなみに、1stと2ndのアルバム・タイトルは、

1st「Atlanta Rhythm Section」(1972年)
2nd「Back Up Against the Wall」(邦題:「非情の壁」)(1973年)

ですね。そういえば、この2枚のカップリングということで、またしてもサザン・ロック・バンドの2枚組だ(笑)

アルバム2枚を通して聴くと、初期のアトランタ・リズム・セクションをたっぷり楽しむことが出来ます。
やっぱり、バンド名が長いので(笑)、ARSと表記しますね。

デビュー・アルバムの方は、確かにまだ荒削りな所はあるものの、既にオシャレ感のあるサウンドが聴かれます。
時に泥臭いサウンドも聴かれるのが面白いですね。

2ndになると、ガツンと来る曲からキャッチーなものまで、より音楽性の広さを確かな演奏で聴かせているという感じでしょうか。

前回も書きましたが、やっぱりARSはサザン・ロックと言うには洗練されていてポップ感覚溢れるサウンドですね。
アレンジやリズムにちょっとした工夫があり単純ではなく、既に初期からあか抜けた感じがします。

サザン・ロック・バンドというと、ギターがガンガン引っ張って行く感じが強いですが、ARSのこのアルバムでは軽快なピアノや、アコースティック・ギターを非常に効果的に使っている印象がありますね。

時々、いかにもサザン・ロックというギターもガツンと聴けますがね。バリー・ベイリーかな。

ちなみに、1stと2ndはヴォーカルが違います。

1stのボーカルは、ロドニー・ジャストなんですが、この1stの後バンドを離れてます。
後にまた加入しているようですが、すいません、メンバーの出入りの詳細についてはちょっと分かりません。

2ndアルバムのボーカルは、ロニー・ハモンドです。彼も脱退、最加入などあったようですね。
ARSも色々とメンバーの出入りがあったのですね。
そのロニー・ハモンドは2011年3月に、心臓発作のためジョージア州の病院で享年60歳で他界してます。

このアルバムは久々に聴いたのですが、高い演奏力、幅広い音楽性の中にも、初期は初期なりに荒さや勢いがあって、カッコいいですね。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

下で紹介しているCDは左から、1st、2nd。そして知りませんでしたが、CDにもカップリングがあるのですね。




◆iTunes StoreでAtlanta Rhythm Sectionをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : アトランタ・リズム・セクション 1stと2ndのカップリング Atlanta Rhythm Section Back Up Against the Wall

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。