スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライ・クーダー・ファースト

スライド・ギターの名手でルーツ・ミュージックの旅先案内人、ライ・クーダー
このアルバムがその始まりになるわけですね。

ライ・クーダー・ファーストRy Cooder)」

ライ・クーダー・ファースト1970年発表のソロ・デビュー・アルバムです。

手にしたのは中古の輸入盤で、再発盤です。
何たって、ジャケット自体に『Historic Recordings』って印刷されてますからね(笑)

それにしても、この方、この頃は既にあちこちのアルバムに参加してますよね。
デビュー前で有名なのは、ストーンズのアルバム「レット・イット・ブリード」(1969年)に参加していますし、その後も何だか、私が聴いたアルバムにもよく名前が出てるんですよね。
調べてみようかとも思ったのですが、キリがなさそうなので止めました(笑)

で、このデビュー・アルバムですが、全体的な印象は、やはりと言いますか、アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースに、かなり渋く演奏されております。
感じとしては、A面はフォーク調が強く、B面はブルース色が強く出てますかね。

それと、このアルバムではスライド・ギターをたっぷり聴くことができるのが嬉しいですね。
全編に渡って、既に名手ぶりを存分に発揮してます。

収録曲では、A面4曲目のウッディ・ガスリーのナンバー「Do RE Mi」やB面1曲目の自身作のインスト曲「Available Space」、B面4曲目のスリーピー・ジョン・エステスの「Goin' To Brownsville」の見事なカントリー・ブルース、なんかが気になる所ですね。

そして、アルバム最後のB面5曲目、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの「Dark Is The Night」はアコースティック・ギターによるインストなんですが、とにかくスライドが味わい深くて素晴らしいです。

アルバムを聴いていると、その後に聴かれる多様な音楽性の前段階として、ブルースやフォークのアメリカン・ルーツ・ミュージックを素朴に純粋に楽しんでいる感じがします。

いずれにしても、その後の幅広い、音楽性豊かなライ・クーダーの音楽の原点がここにあるんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでRy Cooder - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ライ・クーダー ファースト デビュー・アルバム

ムーンドッグ・マチネー/ザ・バンド

このアルバムを、それまでのアルバムと単純に比較することはできないですが、とにかく極上のカヴァー・アルバムではないでしょうか。ザ・バンドの、

ムーンドッグ・マチネー」(Moondog Matinee)

ムーンドッグ・マチネー1973年発表。前作のライブ・アルバム「ロック・オブ・エイジズ」に続く6作目ですね。

中古の輸入盤を入手したので、残念ながら、ジャケットを覆っていたイラストのポスターは付いてないんですよね。

全曲カヴァーで異色の一枚、なんて言われたりして、R&RやR&Bの偉大なミュージシャンの名曲を取り上げているのですが、見事にザ・バンドの音になってますね。

このアルバムの録音前は、バンドとしてかなり難しい時期だったようで、リチャード・マニュエルなんかも、かなりヘロヘロで危なかったようですね。
そんな中で生まれたこのアルバムは、原点回帰であり、更には次へと進むための必要なステップだったのかな、なんて考えたりします。

アルバムを聴くと、バンド演奏の音があまりいじられてない、ナチュラルな音で、肩に力が入ってない実にいい感じですね。

相変わらず、リヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、リチャード・マニュエルの3人の歌声はいいです。

リヴォン・ヘルムは、A面1曲目の南部っぽさたっぷりの「流れ者(Ain't Got No Home)」やA面4曲目のプレスリーもカヴァーしたジュニア・パーカーの「ミステリー・トレイン(Mystery Train)」で気持ち良さそうに歌い放ってますね。
B面1曲目のチャック・ベリーの「プロミスト・ランド(The Promised Land)」もリヴォンのヴォーカルによります。

リチャード・マニュエルは、何といってもA面3曲目のボビー・"ブルー"・ブランドの「シェア・ユア・ラヴ(Share Your Love)」が最高ですね。
B面2曲目の「グレート・プリテンダー(The Great Pretender)」もですが、リチャード・マニュエルのヴォーカル、特にバラードは本当に染みてきます。

A面5曲目「第三の男(Third Man Theme)」はガース・ハドソンの見せ場ですよね。何ともいい雰囲気です。
それに、ガースの演奏は全編に渡って、見事にサウンドを支えてますね。

あまり目立ってはいませんが、ロビー・ロバートソンのギターは渋いバッキング(と、気の利いたちょっとしたソロ)に徹していて、改めて、ロビー・ロバートソンのギターの上手さを感じます。

アルバム最後は、リック・ダンコのヴォーカルによる、サム・クックの「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム(A Change Is Gonna Come)」で、ファルセット気味のヴォーカルは秀逸です。

『流れ者のブルース ザ・バンド』(バーニー・ホスキンズ著 奥田祐士 訳)に載っていた言葉ですが、なるほど、さながら、

魔法のジュークボックス

ですね。どの曲も聴きごたえがあって、いいアルバムです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでザ・バンドをチェックする。

◆iTunes StoreでMoondog Matinee - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド ムーンドッグ・マチネー カヴァー・アルバム

Let It Flow/エルヴィン・ビショップ

そろそろこのブログでも、バターフィールド・ブルース・バンドのギターという説明も不要かもしれないですね。
エルヴィン・ビショップです。今回のアルバムは、

Let It Flow

Let It Flow1974年発表。ソロとしては4作目になるのですが、このアルバムから、~グループや~バンドではなくて、エルヴィン・ビショップ名義のアルバムになってますね。

これまでは、どちらかというと、ブルースをルーツにしながらもソウル色が強いサウンドだったのですが、このアルバムでは同じくブルースをベースにしつつも、レイドバックした、南部色の強いサウンドを聴かせてくれています。

何と言っても、このアルバムからレーベルがキャプリコーンに移ってますからね。
ゲストにはさすがにキャプリコーン、
ディッキー・ベッツ、マーシャル・タッカー・バンドのトイ・コールドウェル、そしてチャーリー・ダニエルズといった、サザン・ロックの強者が参加してますね。

とにかく、このアルバムは、肩の力が抜けていて、いかにも自然体といった感じのサウンドが心地良いです。
なにより、本人が気持ち良さそうに演奏し歌っているのが伝わってきます。

アルバム1曲目の「Sunshine Special」からまさにそんな感じ。
A面2曲目の「Ground Hog」も小気味良いギターのリフに続いてスライドが入ってきて、ノリの良い演奏を聴かせてくれます。

A面最後の「Travelin' Shoes」は軽快で楽しい曲で、スライド・ギターも入り、たぶんディッキー・ベッツとによるツイン・ギターは、一瞬オールマンも思わせる爽快さで、カントリーっぽさも漂わせて最高ですね。

A面は全体的にブルース・ベースでかなりノリの良いファンキーな仕上がりで、聴いていてスカットして、カッコいいですね。

B面は更にレイドバックしていて、カントリー色も強く、よりリラックスしたサウンドが展開されてます。

B面1曲目のアルバム・タイトル曲の「Let It Flow」はポップなソウルといった感じもするのですが、その他の曲も含めて、エルヴィン・ビショップのボーカルが入ると、一気に彼の世界ですね。

B面3曲目の「Fishin'」は、フィドルなんかもフューチャーされていて、何ともリラックスし過ぎのお気楽な感じで、楽しいですね(笑)
後ろで聴こえているのはウォッシュボードかな?

そういえば、アルバム・ジャケットも良いですよね。内容を表してますね。

個人的には、このアルバムはサウンド的にも転機になっているように思っていて、この頃のエルヴィン・ビショップが特に好きなんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ Let It Flow

Rock My Soul/エルヴィン・ビショップ・バンド

最初にバターフィールド・ブルース・バンドで聴いて、もちろんマイク・ブルームフィールドのギターに注目していたのですが、何だか、主にサイド・ギターを受け持ち、時にガツンとストレートに迫る、エルヴィン・ビショップのギターもかなり気になっていたんですよね。

これまでこのブログで、エルヴィン・ビショップの初期のアルバムは、デビュー・アルバムと2枚目が登場してますので、次はこの、

Rock My Soul

Rock My Soul1972年発表のソロ(グループ名義ですが)3作目ですね。
ただ、これまでの名義が、~グループだったのが、~バンドに変わってますね。

それまでのエルヴィン・ビショップ・グループの2枚もそうでしたが、バターフィールド・ブルース・バンド脱退後はブルース色はさほど強くなく、というか薄れていて、R&Bっぽかったり、ソウルフルでポップな方向になってたんですよね。

で、このアルバムですが、ブルース色はやはり薄い、というかほとんどありません。

ただ、このアルバムの特徴でもあるのが、エルヴィン・ビショップと共同プロデュースで、デラニー・ブラムレットが参加していることで、そのせいか、アルバムには南部のスワンプ系の香りもしてきますね。

前作では確か1曲しかとっていなかったエルヴィン・ビショップのヴォーカルも、このアルバムでは数曲で、あのちょっと頼りなさげで、楽しげな歌声を聴かせてくれています。

ヴォーカルと言えば、前作「Feel It!」にも参加している女性黒人歌手、ジョー・ベイカーの力強いソウルフルな歌声が、大きくフューチャーされてますね。
ちなみに、デラニー&ボニー共に録音にも参加してます。

アルバムの内容としては、1曲目のアルバム・タイトルにもなっている「Rock My Soul」は、ホーンも効果的でソウルフルでロックな仕上がりですね。

A面4曲目の「Don't Mind If I Do」やB面1曲目の「Have A Good Time」なんかは、エルヴィン・ビショップのヴォーカルがご機嫌で、スワンプ系の楽しげなサウンドです。

A面最後のミディアム・ナンバーの「Last Mile」のエルヴィン・ビショップとデラニー・ブラムレットによるスライド・ギターが味わい深くていいですね~。こういう曲、好きです。

アルバム最後の「Stomp」は、いかにもエルヴィン・ビショップらしい、ブルース・フレーバー溢れるスライド・ギターがたっぷりのインストで賑やかに締めくくってます。

共作の1作を含めて、全て自身による作品なんですよね。
このあたり、ソングライターとしての才能も見せてますよね。
このアルバム、派手なアルバムではないですが、結構気に入ってます。

ところで、すっかり年もあけてしまいましたが、皆様、今年もよろしくお願いいたします。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ エルヴィン・ビショップ・バンド Rock My Soul

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。