スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.J.ケイルの5th

究極のマイペースとでも言いますか、淡々と我が道を行く、実に味わい深い職人さんですね。
J.J.ケイルです。アルバムは、

5

J.J.ケイル 5th1979年発表で、説明するまでもない5枚目のアルバムです(笑)
シェルターから出されてます。

このシンプルというか、ぶっきらぼうというか、単純なアルバム・タイトルの付け方も、この人らしいのでしょうかね。

中古の輸入盤を手にしたのですが、J.J.ケイルの場合、国内盤のライナーノーツでもないと、相変わらずアルバムの情報が全然分かりません。

アルバムを聴くと、いつものように、つぶやくようなしゃがれた声、そして、つぼを押さえた渋いギター。
聴く人によっては退屈とも思えるこの音楽ですが、この人の魅力満載とも言えますよね(笑)

基本的にどの曲も感情を押さえ気味なのはいつもの事です。

収録曲では、A面4曲目の「Don't Cry Sister」なんかは“らしい”曲で、いい曲です。

A面6曲目(A面最後)の「Sensitive Kind」は、サンタナがカバーしていて、1981年にヒットしてますね。
(アルバム「ジーバップ(Zebop)」に収録されてますが、よく、この曲をチョイスしたものですね)

B面2曲目の「Lou-Easy-Ann」は、ブルース・フィーリングたっぷりに味のある枯れた演奏で、これは中でも特に気に入ってます。

どちらかというと異色と言えるのが、B面4曲目の「Katy Kool Lady」で、なんだか、ちょっとだけ陽気なリズムなんですが、やっぱりJ.J.ケイルのサウンドになるんですよね(^-^;

アルバム通して、あまりにもゆったりとした上、かなり押さえ気味で、人によってはどの曲も一緒で苦手だという方も多いかもしれませんが、淡々とリズムを刻んでいくバックの演奏と、それに絡むいぶし銀のギター、そして、押し殺したような哀愁漂うヴォーカル。

いいんですよね~、J.J.ケイルの世界(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで5 - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル 5

フォー・エヴリマン/ジャクソン・ブラウン

アメリカを代表するシンガーソングライターとして、大きな影響力を持つ、ジャクソン・ブラウン
ウェストコースト・ロックとして語られる事も多いですね。で、今回のアルバムは、

フォー・エヴリマン」(For Everyman

フォー・エヴリマン1973年発表のセカンド・アルバムですね。

中古の輸入盤を手にしました。う~ん、輸入盤なので、この人の場合、歌詞が分からないのは残念ですね。

ファースト・アルバムに比べると、シンガーソングライターとはいえ、サウンド的にはバンドとしてのアプローチが目立ちますね。

収録曲では、グレン・フライとの共作で、イーグルスのデビュー・アルバム1曲目に収められた、お馴染みの「テイク・イット・イージー(Take It Easy)」がセルフカヴァーという形で、こちらもアルバム1曲目に収められてますね。

A面5曲目の「青春の日々(These Days)」は味わい深いですね~
この曲もセルフカヴァーで、グレッグ・オールマンによるアレンジにインスパイアされているとの事ですが、すいません、そちらのバージョンは分かりません。

B面1曲目の「レッド・ネック・フレンド(Red Neck Friend)」は、アルバム中唯一とも言えるロックンロール調のノリのいい曲ですね。
この曲で聴かれる軽快なピアノは、ロッカデイ・ジョニーという偽名で参加している、エルトン・ジョンだそうですよ。

デヴィッド・リンドレーが参加しているのですが、これがジャクソン・ブラウンと共演した初のアルバムで、この後盟友となるんですね。
スライドを含めて、全編に渡って聴く事ができるデヴィッド・リンドレーのギターはいいですね。

デヴィッド・クロスビーがコーラスで参加している、アルバム最後のタイトルにもなっている「フォー・エヴリマン(For Everyman)」も、らしいと言いますか、ミディアムテンポの染みてくる素晴らしい曲です。

正直に言いますと、アコースティック感と、フォーク・ロック的な要素が強い初期のサウンドは、聴いた当時は、退屈な音楽と感じていたかもしれません。
あと、イメージ的にちょっと難しそうな印象もありましたしね。

ただ、今は、派手さはなくても、切々と歌い上げるスタイルと、その素朴なアコースティックなサウンドの一曲一曲が、実に染みてくるんですよね~
年のせいなのか、よく聴きます(笑)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでFor Everyman - ジャクソン・ブラウンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジャクソン・ブラウン フォー・エヴリマン テイク・イット・イージー

イーグルス・ファースト

言わずと知れたアメリカを代表するロック・バンド、イーグルスの記念すべきデビュー・アルバムですね

イーグルス・ファースト」(Eagles

イーグルス・ファースト1972年発表。国内盤の中古を手にしました。

このブログでは、先にベスト・アルバムが登場してますが、実際最初に聴いたのもそのベスト・アルバムでした。
でも、やはりオリジナルのしかもデビューアルバムとなると、どうしても聴きたくなって、このアルバムを追っかけ手にしたわけです。

そもそも、リンダ・ロンシュタットのバックバンドに参加した4人、グレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナー、そしてフライング・ブリトー・ブラザーズにもいたバーニー・レドン(バーニー・リードンとも表記されるようです)によって1971年に結成された、というのは有名な話ですよね。

レーベルはリンダ・ロンシュタットが所属していた、ロサンゼルスを拠点としていたアサイラム・レコードからです。

既に、このデビュー・アルバムから、素晴らしい楽曲が並び、4人全員がリードボーカルをとり、抜群のコーラスワークを聴かせてくれています。ホントに素晴らしい。

カントリー・フレーバー溢れる、爽やかで、時にリラックスした乾いたサウンドは、ウエスト・コースト・ロックのイメージそのものとも言えます。

収録曲ではやはり、グレン・フライがジャクソン・ブラウンと共作した、アルバム1曲目の「テイク・イット・イージー(Take It Easy)」が代表曲となるのでしょうね。

他にも、A面2曲目の「魔女のささやき(Witchy Woman)」やB面4曲目の「ピースフル・イージー・フィーリング(Peaceful Easy Feeling)」といった人気の曲も、既にこのデビュー・アルバムに収められてるんですよね。

ただ、バーニー・レドンのバンジョーがフューチャーされた、B面3曲目「早起き鳥(Earlybird)」なんかが、初期のイーグルスのサウンドとして特徴的と言えるのかもしれません。

この後、ご存知のように、徐々にハードな音も加わってロック色を強くしていくわけですが、初期の頃のカントリー・ロック色の強いサウンドもかなり魅力的です。

というか、イーグルスの初期の音は、個人的にはかなり好きですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEagles - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : イーグルス Eagles イーグルス・ファースト テイク・イット・イージー

破壊/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

今やアメリカを代表する大御所のロック・ミュージシャンですね。トム・ペティ
その人気を決定づけた、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのアルバム、

破壊Damn The Torpedoes)」

破壊1979年発表の、実質、出世作となった3作目のアルバムですね。
全米2位になり、初のプラチナ・レコードとなってます。

収録曲では「逃亡者(Refugee)」と「ヒア・カムズ・マイ・ガール(Here Comes My Girl)」がマイク・キャンベルとの共作で、後は自身によるもので、相変わらずソングライターとしても素晴らしいですね。

純粋なロックン・ロールやフォーク・ロックにルーツ・ミュージックのエッセンスを加えて、勢いのあるサウンドを作り上げています。

その2曲と「危険な噂(Don't Do Me Like That)」は、シングルとしてもヒットしてますね。
って、残念ながら、私はリアルタイムでは記憶にはないんですよね~

バンドとしてのハートブレイカーズの演奏も安定感抜群で、シンプルでストレートなアメリカン・ロックに、深み、厚みが加わってきてます。
マイク・キャンベルのギターは、スライドも含めていいですね。

毎回言ってますが、トム・ペティの鼻にかかった粘っこいヴォーカルは好みが分かれるんでしょうね(笑)
ただ、しなやかなポップ感覚に、力強いロック・スピリットも兼ね備えたそのサウンドは、今も尚、色褪せないですね。

それと、この頃から、何とも心に染みてくる、素朴なサウンドを時折聴くことができます。
このアルバムでは、最後の「ルイジアナ・レイン(Louisiana Rain)」なんかは良い曲ですよね。

当時、確かにこのアルバムは良く売れていて、このジャケットもよく目にしました。
といっても、私がこのアルバムを手にしたのは、もうちょっと後になってからで、持っているのは国内再発盤ですがね。

ライナー・ノーツによると、このアルバムは年間通して、ピンク・フロイドの『ザ・ウォール』、イーグルスの『ロング・ラン』、マイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』、ビリー・ジョエルの『グラス・ハウス』に続くアルバムだったそうですよ。

ちなみに、このアルバムからレーベルが変わってるんですが、その前まで、契約に関するゴタゴタというか、問題が色々とあったようで、それを受けてのこのアルバムのヒットだったようですね。
アルバムのヒットには、ジミー・アイオヴァインのプロデュースというのも大きいようです。

その後もヒット・アルバムが続きますが、それらはまた今度ということで。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDamn the Torpedoes / Hard Promises / Southern Accents - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ 破壊 Damn The Torpedoes 逃亡者

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。