スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン

このブログでは先に、大ヒットした「ウィ・アー・オール・アローン」を収録したアルバム「シルク・ディグリーズ」が登場している、ボズ・スキャッグスです。
実は、この人が南部出身の地味なR&B好きのヴォーカリストだったとは、最初は知らなかったんですよね。

ただ、初期にはこのようなアルバムがあるという事で、探して手にしました。
ギターにデュアン・オールマンが参加しているアルバム、

ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン

ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン1969年発表で、オリジナルのアルバム・タイトルは「Boz Scaggs」ですね。
手にしたのは、後に出された国内再発盤の更に中古盤です。

実質ソロとしてのデビュー・アルバムとのことですが、ヨーロッパで1965年にアルバム「ボズ」を発表しているんですね。
その後は初期のスティーヴ・ミラー・バンドに参加し、そして、このアルバムの発表となったようです。

個人的にはどうしても、まずは大きくフューチャーされているデュアン・オールマンのギターに注目してしまうのですが、ボズ・スキャッグスのヴォーカルも含めて、ブルースやR&Bをベースにした、南部の香りも漂うソウルフルなサウンドがアルバム通して魅力的に展開しているんですよね。

ボズ・スキャッグスというと、洗練された、ロックとは距離のある甘い大人のサウンド、何てイメージが強いでのすが、原点はこういう所にあったんですね。

A面1曲目の「アイム・イージー(I'm Easy)」から雰囲気たっぷりで、B面1曲目の“ヨロレ~イ~”の「ウェイティング・フォー・ア・トレイン(Waiting For A Train)」のドブロなんかも印象的ですし、いい曲が揃ってます。

なんと言っても聴き所は、B面2曲目の13分近い、フェントン・ロビンソンの「ローン・ミー・ア・ダイム(Loan Me A Dime)」。
ボズ・スキャッグスの感情溢れるヴォーカルとそれに絡むデュアンのギターは素晴らしいです。

この曲のデュアンはスライドではないですが、序盤の抑えの利いた渋いギターから魂のこもったソロへと、たまりません。

ボズ・スキャッグスが、この頃のブルージーでソウルフルなサウンドから、いかにしてアルバム「シルク・ディグリーズ」のような都会的なサウンドに変遷していったのかを聴いていくのも面白いかもしれませんね。

正直に言いますと、当時はデュアン・オールマンの名前で手にしたアルバムですが、改めて聴くと、ボズ・スキャッグスのルーツを聴かせてくれる、いいアルバムですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBoz Scaggs - ボズ・スキャッグズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ボズ・スキャッグス デュアン・オールマン Boz Scaggs

ディキシー・チキン/リトル・フィート

聴きたい名盤は山ほどありますが、そりゃ、何から何まで聴く事は当然無理ですよね、普通の人には。

無茶苦茶カッコいいのは分かっていて、ちゃんと聴きたいな~と思っていても、若い頃はなかなかアルバムまでは手が出なくて、その後もあまり縁がないというバンドのうちの一つがこのバンド、リトル・フィートなんです。
ただ、これだけはさすがに押さえておきました。

ディキシー・チキンDixie Chicken)」

ディキシー・チキン1973年発表の3枚目のアルバムで、名盤ですね。
中古の輸入盤を手にしました。

ニューオーリンズR&Bの香りを強く漂わせ、全体に南部色を感じさせる泥臭い音が本当はかなりの好みなんですが、前述の通り、縁がなかったんですよね~
このアナログ盤も、実は随分後になってからやっと手に入れたんです。

針を落とすと始まる、1曲目の「ディキシー・チキン(Dixie Chicken)」から、やっぱりカッコいい~、というのがまずの感想ですよね。

残念ながら、リトル・フィートについては、あまり詳しくないのですが、やっぱり耳が行ってしまうのはローウェル・ジョージのギターですかね。
そのスライドが抜群に味があります。

アルバム通して、歯切れの良いリズムにスライド、それに女性コーラスがいい味だしてます。
アルバムを見ると、ボニー・ブラムレットにボニー・レイットの名前もありますね。

コーラスがいい感じで絡むB面1曲目の「フール・ユアセルフ(Fool Yourself)」や、これまた、南部の香りいっぱいのB面3曲目「ファット・マン・イン・ザ・バスタブ (Fat Man in the Bathtub)」等、いい曲が揃ってます。

アルバム最後は、ちょっとゆったり感があり、スライドたっぷりのインスト曲「ラファエット・レイルロード (Lafayette Railroad)」で締めくくってます。

時に、洗練されたサウンドも聴かせてますが、後の音楽性に通じる部分でしょうかね。

こうやって改めて聴くと、ルーツ・ミュージックを取り入れて、スライドを大きくフューチャーしているサウンドは、ライ・クーダーと通じる部分もあるのかな、なんてこともちょっと感じました。

あまり縁のなかったリトル・フィートですが、これからでも遅くないので、もうちょっとちゃんと聴こうかな~

それにしても、ローウェル・ジョージが1979年に34歳で亡くなっているのは、早過ぎですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでDixie Chicken - リトル・フィートをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : リトル・フィート ディキシー・チキン ローウェル・ジョージ Little Feat

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。