スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Levon Helm/リヴォン・ヘルム

訃報が飛び込んできました。
ザ・バンドリヴォン・ヘルム。2012年4月19日、ニューヨークで死去。71歳。

言わずと知れた、ザ・バンドのドラマーでヴォーカリスト。
あちこちでニュースが配信されているので、詳細はここでは省きますが、1998年に喉頭がんと診断されて以降、長い闘病生活だったようですね。
今回は哀悼の意をこめて、リヴォン・ヘルムのこのアルバムです。

Levon Helm

リヴォン・ヘルム1978年発表。ザ・バンド解散後、「Levon Helm & the RCO All-Stars」(1977年)をいち早く出して、その次に出された2枚目のソロ・アルバムですね。

アルバム1曲目の「Ain't No Way To Forget You」、2曲目の「Driving At Night」とアルバム前半から勢いのある、よりストレートな演奏と、リヴォン・ヘルムの生き生きとしたヴォーカルを聴くことができます。

全体的にも、ホーンが加わり、肩の力が抜けて入るものの、思い切りのよい演奏ですね。
ただ、そこにアメリカン・ルーツ・ミュージックの、そして、南部の香りが漂い、なんとも味わい深いサウンドになっているのではないでしょうか。

A面3曲目のアラン・トゥーサンの「Play Something Sweet」やB面1曲目のアル・グリーンの「Take Me To The River」もいい雰囲気です。
そして、アルバム最後のミディアム・テンポの「Audience For My Pain」はこれまた味のある歌声ですね。

ちなみに残念ながら、このアルバムではドラムを叩いてないようです。
プロデューサーはドナルド・ダック・ダン。ギターのスティーブ・クロッパーなんかが参加してます。

そうそう先ほどの「Levon Helm & the RCO All-Stars」はカセットテープで聴いていたのですが、どこかに行っていまいました。また、聴きたいですね。

その他のソロ・アルバムは聴いたことがないですし、2007年には久々の「Dirt Farmer」、更に2009年に「Electric Dirt」といったアルバムを出してるんですね。それらも聴いてみたいです。

1940年5月26日生まれ。
ザ・バンドのメンバー唯一のアメリカ人。
あの独特の歌声と、歯切れのいいドラムは忘れません。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでレヴォン・ヘルムをチェックする。

◆iTunes StoreでLevon Helmをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : リヴォン・ヘルム Levon Helm ソロ ザ・バンド

マイ・タイム/ボズ・スキャッグス

初めて耳にした時には、その都会的と言うか、甘いサウンドが今ひとつ苦手だったものの、前回登場した「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン」を聴いて、R&Bやブルースをベースにしたソウルフルなサウンドをルーツにしている事を知った、ボズ・スキャッグスです。

で、その後の音楽的な変遷も気になって、ソロ・アルバムを何枚か手にしました。
このブログでは、先に大ヒット・アルバム「シルク・ディグリーズ」(1976年)も登場してますが、今回は、

マイ・タイム」(My Time

マイ・タイム1972年発表。中古の輸入盤を手にしました。
その前回の登場したアルバム「ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン」(1969年)の後には、「モーメンツ」(1970年)、「ボズ・スキャッグス&バンド」(1971年)と発表されていて(この2枚は持ってません)、その後に出されたアルバムですね。

まだまだ、ソウル、R&B色が前面に出ていてますが(ロックの香りもちょこっと残ってます)、既にその後の一般的に知られている、甘めのサウンドが垣間見えますね。

アルバムとしては、ボズ・スキャッグスが自らプロデュースして、自分の好きなR&Bをベースにやりたい音楽をやっているという感じなんですね。
自作曲の他、アル・グリーンやアラン・トゥーサンのカバーも入ってます。

ボズ・スキャッグスは声質のせいもあるんでしょうが、やはり全体的にはメローな雰囲気が漂っちゃいますね。

それでも、甘めではあるけど軽快なA面1曲目の「ダイナ・フロー(Dinah Flo)」から最後のバラードの「マイ・タイム(My Time)」まで、R&B色を出しつつ、全体的に味のあるサウンドを展開しています。

B面2曲目のアラン・トゥーサンの「フリーダム・フォー・ザ・スタリオン(Freedam for the Stallion)」なんかもとてもいい雰囲気を醸し出してますよ。

しっとりと落ち着いた雰囲気の曲なんかは(「マイ・タイム(My Time)」とか)、既にその後の彼のサウンドを十分イメージできますね。

そして、これから更にバラード中心にポップ色を強めていくんですね。
(個人的な好みからは、残念ながら遠ざかっていくんですが…)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBoz Scaggsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ボズ・スキャッグス マイ・タイム

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。