スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everybody Knows This Is Nowhere/ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース

前回までのバッファロー・スプリングフィールドのアルバム紹介に続いて、バンドの解散後にソロ活動を始めた、偉大な、そして孤高のロッカー、ニールヤングのアルバムです。

と、言ったはいいものの、ニールヤングの所有アルバムは多くはなく、それもアナログレコード、CD、カセットテープと持っているのはバラバラで、語る程は聴き込んでいないのが正直なところなんです(汗)

で、初期のアルバムをと思ったのですが、残念ながらソロ第1弾アルバムは持ってないので、このアルバムです。

ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
Everybody Knows This Is Nowhere

Everybody Knows This Is Nowhereバッファロー・スプリングフィールド解散後、1969年1月にソロ第1弾アルバム「ニール・ヤング(Neil Young)」を発表して、それからわずか4ヶ月の1969年5月に発表した、ソロ第2弾ですね。
中古の国内盤を手にしました。

クレイジー・ホースとの初共演を果たしたアルバムで、やはり、バンドとしてのサウンドが強く感じられ、ニール・ヤングも思う存分に歌い、ギターを弾いてますね。

アルバム1曲目からガツンと激しく迫る「シナモン・ガール(Cinnamon Girl)」や、アコースティック・サウンドが美しいA面3曲目の「ラウンド・アンド・ラウンド(Round & Round [It Won't Be Long])」等、いい曲が揃ってます。

骨太なロックとカントリー・タッチやフォーク・ロック的な素朴な曲との、両面を聴かせてくれてますよね。

中でも、A面4曲目の「ダウン・バイ・ザ・リヴァー(Down By The River)」とB面3曲目の「カウガール・イン・ザ・サンド(Cowgirl In The Sand)」の両曲は、スケールが大きく、素晴らしく聴き応えがあるのではないでしょうか。

このアルバム発表後に、CS&Nへの参加に誘われて、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(CSN&Y)としても平行して活動することになるんですね。

CSN&Yのライブ・アルバム「4ウェイ・ストリート」(アナログ盤)には、「カウガール・イン・ザ・サンド」が収録されています。

それにしても、この人も、コアなファンが多いですよね。
(実際私にも、ニール・ヤングが大好きなで、とんでもなく詳しい友人がいて、その友人から色々聴かせてもらいました)

もちろん私も大好きですが、解説する程は詳しくはありません。
けど、そんな事はどうでもいいくらい、ニール・ヤングの音楽は響いてくるんですよね。

ちなみに、この時のクレイジー・ホースのメンバーは、
ダニー・ウィットン(g)/ラルフ・モリーナ(ds)/ビリー・タルボット(b)
但し、1972年12月にギタリストのダニー・ウィットンが死亡してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEverybody Knows This Is Nowhere (Remastered) - Neil Young With Crazy Horseをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : ニール・ヤング クレイジー・ホース Everybody Knows This Is Nowhere

Last Time Around/バッファロー・スプリングフィールド

バッファロー・スプリングフィールドを続けてます。
スティーヴン・スティルス、ニール・ヤング、リッチー・フューレイという3人を中心にしたこのバンドが、1966年4月の結成から1968年5月の解散までの、2年という短い間に残したアルバムが3枚。これがラスト・アルバムですね。

ラスト・タイム・アラウンド」(Last Time Around

Last Time Around1968年発表。中古の輸入盤を手にしました。

内容はバンドがほぼ解散状態の中、リッチー・フューレイと、前作でエンジニアとして参加し、その後メンバーに加わったジム・メッシーナが、レコーディング済の曲を集めてアルバム化したものとのことですね。
プロデュースもジム・メッシーナです。

そういうアルバムなので、聴くと確かにメンバーそれぞれのソロ曲といった感があり、実際、各曲は寄せ集めなのでしょうが、結構良い曲が揃ってるんですよね。

収録曲の中で気になるところと言えば、CSN&Yも演奏していた、A面1曲目の「On the Way Home」は二ール・ヤングの曲ですが、リード・ヴォーカルはリッチー・フューレイがとっており、アレンジもアップテンポで軽やかで、CSN&Yのものとは随分違います。

スティーヴン・スティルスはやはり多くの曲が収録されてますが、A面6曲目の「Special Care」やB面2曲目の「Questions」なんかは、もうその後のCSNのサウンドですよね。

ニール・ヤングはこのアルバム内ではそれほど大きくフューチャーされてないのですが、B面3曲目「I Am A Child」は素晴らしく、この1曲だけでもその存在感は十分です。
このアコースティック・ギターとハーモニカ、そして、ニール・ヤングの歌声。名曲です。

このラスト・アルバムでは、その経緯もあってリッチー・フューレイが占める割合も大きいですね。
特にアルバム最後の「Kind Woman」は、ミディアムスローの実に良い曲で、しみじみときます。
この曲にはジム・メッシーナと、更にはラスティ・ヤングがゲスト参加していて、なるほど、その後のポコの原型ができてます。

う~ん、なんて言いますか、アルバム通しての緊張感といったものは、確かにあまりないでしょうかね。

但し、より各曲において、スティーヴン・スティルス、ニール・ヤング、そしてリッチー・フューレイそれぞれの個性が際立っていて、解散後の3人の目指す音楽が、ほぼここで確立されているといった感じでしょうか。

結局、バンドは解散して、ニール・ヤングはソロへ、スティーヴン・スティルスはクロスビー、スティルス&ナッシュ、リッチー・フューレイとジム・メッシーナはポコを結成することになります。
その後の活躍が、本当に素晴らしいので、全ては、このバンドから、って感じがより一層しますね。

そうそう、このアルバムのジャケットは何ともいいですよね~


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承を。

◆iTunes StoreでLast Time Around - Buffalo Springfieldをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : バッファロー・スプリングフィールド ラスト・タイム・アラウンド Last Time Around

アゲイン/バッファロー・スプリングフィールド

前回の続きで、バッファロー・スプリングフィールドです。

バッファロー・スプリングフィールドのアルバム3枚の中でも一番評価が高く、歴史的にも名盤とされているこのアルバム。
実は、残念ながらアナログ盤は持ってないんですよね。ただ、今回は話の流れで、CDですが紹介したいと思います(しかも、このCDは弟所有のものですが…)。

アゲイン」(Buffalo Springfield Again

Buffalo Springfield Again1967年に発表した、2枚目のアルバムですね。
デビュー・アルバムに続き、フォーク、カントリー、R&Rを基本にしながらも、それだけに留まらない、更に多様な音楽性を取り込んだ、意欲的なサウンドが聴かれます。

デビュー・アルバムでは、スティーヴン・スティルスとニール・ヤングだけの作品だったのが、今作ではリッチー・フューレイも曲を書いてます。
ニール・ヤングが3曲、スティーヴン・スティルスが4曲、リッチー・フューレイが3曲。
そして、このアルバムでは、より3人の個性がぶつかりあっている感じですね。

1曲目の「Mr. Soul」から、ニール・ヤングの歌とギターが迫ってきます。やっぱりいいですね~、ニール・ヤングは。

スティーヴン・スティルスの、ストレートなナンバー「Bluebird」やデヴィッド・クロスビーにインスピレーションを受けたという「Rock & Roll Woman」はさすがにいい曲です。

リッチー・フューレイのカントリー色の強い「A Child’s Claim To Fame」なんかは、特徴を出してますよね。

その他、「Expecting To Fly」のオーケストレーションや「Good Time Boy」のホーンを入れたR&Bサウンド、アルバム最後の「Broken Arrow」の組曲風のアレンジ等、なかなか多彩で実験的です。

いやいや、個々の才能がそれぞれ生み出す各曲の、緊張感さえも感じさせる完成度の高さは、なるほど傑作と称されるアルバムです。

まあ、相変わらずスティーヴン・スティルスとニール・ヤングの対立は大変だったようで、実際、メンバーもステージやレコーディングでは流動的だったようですが。
次のラスト・アルバムにメンバーとして参加している、ジム・メッシーナが今作ではエンジニアとして参加してます。

各人の個性が際立ちすぎて、なかなかアルバムとしては難解かもしれませんが、聴けば聴く程にいいアルバムですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBuffalo Springfield Again - Buffalo Springfieldをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : バッファロー・スプリングフィールド アゲイン

バッファロー・スプリングフィールドのデビュー・アルバム

活動期間はたった2年ですが、これだけのメンバーが、若き日にその才能をぶつけあっていたということで、どうにも気になるバンドですよね。

バッファロー・スプリングフィールドのデビュー・アルバムです。

Buffalo Springfield

Buffalo Springfield1966年発表。中古の輸入盤を手にしました。
アトランティック傘下のアトコ・レーベルからリリースされてます。
オリジナルはモノ録音のようで、手にしたのはステレオ録音盤で、編集し直したもののようですね。

1966年4月にロサンゼルスで結成。1968年5月に解散。
オリジナルのメンバーは、スティーヴン・スティルス、ニール・ヤング、リッチー・フューレイ。そしてベースにブルース・パーマー、ドラマーにデューイ・マーティン。
解散間際には、ジム・メッシーナが加わってます。う~ん、凄い。

このデビュー・アルバムは、曲はスティーヴン・スティルスとニール・ヤングによるものですが、ニール・ヤングのメイン・ヴォーカル曲が少なく、聴いた印象は、全編通してスティーヴン・スティルスが表に出ている感じです。
ヴォーカルはリッチー・フューレイも多く担当していて、ニール・ヤングの曲も歌ってるんですよね。

アルバム1曲目の、スティーヴン・スティルスのヒットした「For What It's Worth」が、やはり耳に残ります。
対してニール・ヤングはB面5曲目の「Out Of My Mind」等で、らしい歌声を聴かせてくれていますね。

当然、まだまだ演奏も荒削りで、瑞々しいですが、フォーク、R&R、カントリー、サイケデリック等、様々な要素を取り入れつつ、実にアレンジが練られていて、粒ぞろいの曲が並んでます。
時代的なものなのか、ビートルズを思わせるようなサウンドも聴かれます。

正直言いますと、西海岸のここら辺の流れは、あまり詳しくはないんですが、ロサンゼルス拠点ということで、ウエスト・コースト・ロックの基盤を作ったとも言われますね。

2年という短い期間にアルバムを3枚発表し、その後、ニール・ヤングはソロへ、スティーヴン・スティルスはクロスビー、スティルス&ナッシュ、リッチー・フューレイはポコを結成することになるんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBuffalo Springfield - Buffalo Springfieldをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : バッファロー・スプリングフィールド デビュー・アルバム スティーヴン・スティルス ニール・ヤング リッチー・フューレイ

訃報/ジョニー吉長さん死去

訃報が入ってきました。

ジョニー吉長さんが、2012年6月4日、肺炎のため死去とのこと。63歳。

私が説明するまでもない、日本屈指のドラマーですが、その歌声もまた素敵でした。

ジョニー吉長さんの名前を初めて知ったのは、やはり、ジョニー、ルイス&チャー(以降、J,L&C)でした。

初めてJ,L&Cを聴いた時は(ありきたりな表現ですが)ぶっ飛びましたね。
チャーはすでに、凄いギタリストということで、耳にはしていましたが、こんな凄いロックバンド、それもスリーピースバンドが日本にもいるんだ~!って驚いたものです。

J,L&Cが結成された1978年の頃の私はというと、洋楽に目覚めた頃で、そのまま洋楽一辺倒になりそうなところを踏み止まった感じですよね、このバンドのおかげで。

johnny_yoshinaga_record_imgジョニー吉長さんのソロ活動については、それほど詳しくはないのですが、うちの奥さんが好きなこともあって、CDは随分と手に入れて、よく聴いたものです。

亡くなったジョニー吉長さんを偲びつつ、今は「ありがとう」を聴いています。
この歌声を聴いていると、グッときてしまいますね。

所有しているアルバムについては、ほとんどがCDですが、そのうち機会があったら個別につぶやきたいと思います。

ジョニー吉長さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : ジョニー吉長 訃報

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。