スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bayou Country/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

「プラウド・メアリー」や「雨を見たかい」といった数々のヒット曲を持つ、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)
そのサウンドは、南部の泥臭さを漂わせつつ、ブルース、R&B、カントリーといったルーツ・ミュージックをベースにした、ストレートなアメリカン・ロックといったところでしょうか。

オリジナル・アルバムはあまり持っていないのですが、手にしたのは、

Bayou Country

Bayou Country1969年に発表した、2ndアルバムです。
随分と後になってから国内盤を手にしたのですが、そのタイトルが、

「驚異のニュー・ロック・サウンド クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル登場」

ですから、随分と大層なタイトルにしたものです。
というのも、この2ndアルバムが、日本でのデビュー・アルバムだったんですね。

で、ジャケットが現在のCDのジャケットとは違いますが、当時日本で発売された時、ジャケットの表裏が逆になったそうです。
(このアルバムの裏面はライナーノーツですが)
おまけに、収録曲もA面とB面がオリジナルとは逆になってしまったそうですよ。

このアルバムには、何といっても代表曲となる「プラウド・メアリー(Proud Mary)」が収録されています。
ただ、南部の香りのする土臭い、シンプルでストレートなロック、というイメージの強いCCRですが、もちろん、根底にはブルースの影響もあり、長いインプロビゼーションが続く曲も印象的です。

このアルバムでは、A面最後の「キープ・オン・チューグリン(Keep on Chooglin')」はライブ盤でもその盛り上がりを聴くことが出来ますし、B面最後の「墓場行きの列車(Graveyard Train)」は、単調に進むコード進行が、何だかより一層忍び寄るような迫力を感じさせます。

ちなみにメンバーは、
ジョン・フォガティ/リード・ギター、ヴォーカル
トム・フォガティ/リズム・ギター
スチュ・クック/ベース
ダグ・クリフォード/ドラム

ただ、ジョン・フォガティのソングライター、ヴォーカリスト、ギタリストとしての力量がず抜けているのは明らかで、このアルバムでも、1曲目の「グッド・ゴリー・ミス・モリー(Good Golly Miss Molly)」を除いて、全てジョン・フォガティの曲です。

まあ、そのジョン・フォガティ中心になり過ぎた故、バンドは解散することになるんですよね。
バンドは1972年に解散しているので、実質の活動期間は短いですね。

実はこのアナログ盤は、個人的にも思い出がありまして。
今は亡き私の先輩が、古いロックが好きという私に譲ってくれたアナログレコード数枚のうちの1枚なんです。
その先輩がリアルタイムで聴いていたという貴重なこのアルバムは、その先輩の形見であり、私の宝物なんです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBayou Country - クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル CCR Bayou Country

On the Border/イーグルス

何となく、西海岸系列のミュージシャンが続いているので、その流れで、今回はこちらの大御所バンド、イーグルスです。

ここまで、偉大なバンドになると、正直私がどうのこうの言うことはないんですけどね(笑)

オン・ザ・ボーダー」(On The Border

オン・ザ・ボーダー1974年発表の3枚目ですね。中古の国内盤を手にしました。
レーベルはロサンゼルス拠点のアサイラムから。

以前、このブログでは「イーグルス・ファースト」(1972年)が登場してますが、残念ながら、2枚目の「ならず者(Desperado)」(1973年 )は持ってません。

この時期は、それまでのカントリー・ロック中心から、よりハードな、そしてポップなロックへと、サウンドが移行しつつありますね。
アルバムも、その両面が聴くことの出来る作りとなっています。

まあ、そのせいかイーグルスのアルバムの中では、どちらかというと影の薄いアルバム、との評も時折目にしますが、なんのなんの。

A面1曲目の軽快な「Already Gone(過ぎた事)」から、アルバム最後の全米No1ヒットを獲得した名曲「The Best Of My Love(我が愛の至上)」まで、実にいい曲が並んでいます。

A面4曲目のバーニー・レドンが歌う、カントリー・タッチのしみじみしと染みてくる「My Man(マイ・マン)」、
アルバム・タイトルにもなっているA面5曲目の、ハードでファンキーな「On the Borde(オン・ザ・ボーダー)」、
B面2曲目のちょっと黄昏れてしまう「Ol' 55(懐かしき'55年)」等々、
美しいハーモニーは相変わらずで、どの曲も印象的ですね。

リンダ・ロンシュタットのバックバンドに参加した、グレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナー、バーニー・レドン(バーニー・リードンとも表記されるようです)によって1971年に結成されたイーグルスですが、このアルバムで、ギターにドン・フェルダーが参加してますね。
その後、メンバーに正式に加わってます。

B面4曲目の「Good Day In Hell(地獄の良き日)」では、そのドン・フェルダーのスライド・ギターをたっぷり聴くことが出来ますし、このハードさは、その後のイーグルスのサウンドを表すような演奏ですね。

やはり、イーグルスは良いですね〜


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOn the Border - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : イーグルス オン・ザ・ボーダー On the Border The Best Of My Love

On Stage/ロギンス&メッシーナ

バッファロー・スプリングフィールドの後期にメンバーになり、その後ポコを結成したジム・メッシーナが、ポコを脱退した後に組んだバンド(というかデュオ)ということで、気にはなっていたんですよね。

ただ、アルバムを買ったのは、結構後でした。ロギンス&メッシーナで、

On Stage

On Stage1974年発表の2枚組のライブ・アルバムで、中古の輸入盤を手にしました。

ロギンス&メッシーナは1972年(1971年?)、ケニー・ロギンスとジム・メッシーナによって結成されデビューしていて、このアルバムは4枚目にあたります。

デビュー直後にあたる1972年4月サンフランシスコのウィンターランド、1973年3月ニューヨークのカーネギー・ホールとボストンのオーフューム・シアターでの演奏を収録してます。

アルバムは、まずはケニー・ロギンスの弾き語りで、ヒット曲の「House at Pooh Corner(プー横丁の家)」から始まり、続く「Danny's Song(ダニーの歌)」と、ほのぼのとしたカントリータッチの弾き語りが続きます。

Side1の5曲目「Long Tail Cat(ロング・テイル・キャット)」の途中からバックの演奏が加わり、そして、MCでジム・メッシーナが呼ばれて加わると、一気に演奏は盛り上がっていきます。

カントリー・タッチのポップ感覚に溢れたロックンロールは、ライブの雰囲気も相まって、本当に軽快ですよね。

ただ、Side2(1枚目)の2曲目「Angry Eyes(アングリー・アイズ)」や、アルバムのSide3(2枚目)を1曲で占める「Vahevala(ヴァヒーヴァラ)」といった長い曲では、インプロビゼーションの応酬を聴くことができ、ロギンス&メッシーナの二人だけではなく、バンドとしての高い演奏力も耳に出来ます。

時に聴かれる、カントリー・ロックという枠だけに留まらない、スケールの大きな曲調も魅力なんですね。

Side4は、3曲目の「Your Mama Don't Dance(ママはダンスを踊らない)」等、観衆も盛り上がって、一気に聴かせてくれます。
個人的には、ジム・メッシーナの乾いた音色のギターが(テレキャスターの音でしょうか)とてもいいですね。

後になってから聴いた、ロギンス&メッシーナだったのですが、その頃と前後して、ケニー・ロギンスの大ヒット曲「フットルース」(1984年)なんかを耳にして、“このケニー・ロギンスが、あのケニー・ロギンスなんだ!?”なんて驚いたものです(笑)

ロギンス&メッシーナは1976年に解散してますが、2005年に再結成され、ライブ活動も展開しているそうです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでOn Stage - Loggins & Messinaをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ロギンス&メッシーナ On Stage ライブ

Pickin' Up the Pieces/ポコ

先日、バッファロー・スプリングフィールドのアルバムを載せましたが、1968年のバッファロー・スプリングフィールドの解散後、メンバーのリッチー・フューレイと後期にメンバーに加わったジム・メッシーナが結成したのが、ポコですね。そして、発表したアルバムが、

Pickin' Up the Pieces

Pickin' Up the Pieces1969年に発表された、デビュー・アルバム。
中古の輸入盤を手にしました。

メンバーは他に、ランディ・マイズナー、ラスティー・ヤング、ジョージ・グランサムが加わってます。
そういえば、バッファロー・スプリングフィールドの最後のアルバム「Last Time Around」には、ラスティー・ヤングも参加してましたね。

ただし、ベースのランディ・マイズナーは、このデビュー・アルバムのリリース前に脱退してるんですよね。
なので、ジャケットのイラストには入ってなく、クレジットではサポートメンバー扱いで記載されています。

ちなみにこの後、ランディ・マイズナーはイーグルスのメンバーになるわけですが、その後のポコのベースは、一旦ジム・メッシーナが担当した後、ティモシー・B・シュミットが加入します。

更にその後、ティモシー・B・シュミットもポコを脱退して、ランディ・マイズナーの後任として、またまたイーグルスに加入する、という話は有名ですね。

さて、このデビュー・アルバムですが、バッファロー・スプリングフィールド後期のリッチー・フューレイとジム・メッシーナが担っていた、穏やかだったり、明るいカントリー指向とも言える部分をふくらませた印象で、実に素晴らしいカントリー・ロック・アルバムです。

コーラスが華麗で、加えて、アコースティック・ギターとラスティー・ヤングのスティール・ギターがサウンドにアクセントを付けてます。

アルバム冒頭の導入部ともいえる、1分に満たない「Foreword」に続く曲、「What A Day」がまずは爽快、楽しいアレンジが耳に残ります。

アルバム・タイトルになっている、B面1曲目の「Pickin' Up The Pieces」が、やはりコーラスといい、軽快なサウンドといい、このバンドの象徴的な曲ですよね。

インストのB面2曲目「Grand Junction」は実に楽しい曲ですが、演奏力も高いですね。
そして、軽快なナンバー「Consequently, So Long」で、アルバム最後を締めくくってます。

時には、ほのぼのとしんみりする曲もありますが、基本は陽気で軽快なカントリー・ロックでしょうかね。
加えて、1970年代に続く、爽やかでコーラスの美しい、ウエスト・コースト・ロックのイメージでもあります。

なかなか、お気に入りのこのアルバムなのですが、残念ながら、ポコのアルバムはあまり所有してないんですよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでPocoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

tag : ポコ Pickin' Up the Pieces Poco

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。