スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warren Zevon/ウォーレン・ジヴォン

ある時ふと、名前は聞いたことがあるものの、アルバムは聴いたことないというミュージシャンのレコードが目に留まり、何気に手にするということ、結構ありますよね。
それもまた、音楽の“縁”と思ったりするのですが、このアルバムもそんな1枚です。ウォーレン・ジヴォンの、

Warren Zevon」(邦題:「さすらい」)

Warren Zevon1976年発表。中古の国内見本盤を手にしました。

レーベルはアサイラムからで、友人だったジャクソン・ブラウンの後押しがあったとのことで、プロデュースもジャクソン・ブラウンですね。
これ以前に一旦アルバムを出すも全く売れず、このアルバムが再デビューという位置づけのようです。

ウォーレン・ジヴォンはウエスト・コーストのシンガーソングライター、ということになるんでしょうね。
しかも、骨太なシンガーソングライターですね。

バンドによる、比較的シンプルなサウンドに、ヴォーカルはどちらかというと、ぶっきらぼうで、押し殺したような歌声で、その雰囲気から“ハード・ボイルド”と呼ばれていたそうですよ。

アルバムは、無法者のジェイムズ兄弟の運命をたどった「Frank And Jesse James」から、最後の「Desperados Under The Eaves」まで、実に渋くて硬派な雰囲気は個性的で、確かに骨太で、ハード・ボイルドですね。

このブログでも紹介している、リンダ・ロンシュタットのアルバム「Hasten Down The Wind」のアルバム・タイトル曲の作者で、その曲が収録されたアルバムでもあります(A面4曲目)。

参加ミュージシャンが凄いです。

ジャクソン・ブラウンはもちろん、イーグルスから、グレン・フライ、ドン・ヘンリー。
デヴィッド・リンドレーにJ.D.サウザー。ギターは多くの曲で、ワディ・ワクテルが担ってます。

他にも、エヴァリー・ブラザーズのフィル・エヴァリー、フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックス、ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソン、サックスでボビー・キーズの名前もありますね。

参加は数曲であったり1曲のみであったりですが、よくもまあ集まりましたね。
本人はピアノをメインに(ギターも)弾いてます。そして全て自作曲です。

その活躍は派手なミュージシャンではないですが、随分とミュージシャン仲間から慕われていたようですね。

ただ、残念ながら、個人的にはその後は縁がなくて、持っているアルバムはこの1枚のみです。

2003年9月、肺癌により死去してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWarren Zevon (Collector's Edition) - ウォーレン・ジヴォンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ウォーレン・ジヴォン Warren Zevon さすらい

Hasten Down the Wind/リンダ・ロンシュタット

その歌唱力といい、容姿といい、アメリカを代表する女性ヴォーカリストですね、リンダ・ロンシュタット。

この素敵な歌姫の曲は、昔からよく耳にはしましたが、正直に言いますと、年代順にアルバムを入手して聴くというところまでは追いかけきれてないんですよね。何せ、アルバムも多いですからね(^-^;

今回のアルバムは、このブログで前回登場した「哀しみのプリズナー(Prisoner in Disguise)」(1975年)に続くアルバムです。

Hasten Down The Wind

Hasten Down The Wind1976年発表。中古の輸入盤を手にしました。
「Heart Like A Whee」(1974年)(これは持ってません)、「Prisoner In Disguise」(1975年)の2作共々、本作も大ヒットしたアルバムとのことですね(って勉強不足で、あまり知りませんでした)。

残念ながら、その音楽的変遷までは詳しく知らないのですが、そもそもデビュー当初からのカントリー・テイストは、この段階ではほとんど感じられず、ロックっぽさもありません。

アルバム全体としては、時にドラマチックに、時にしっとりと歌い上げている曲がメインで、彼女自身のヴォーカリストとしての魅力を前面に押し出した、とても上質で素敵なヴォーカル・アルバムといった感じでしょうか。

その完成度の高さから、リンダ・ロンシュタットの最高傑作として名前を挙げる方も多いアルバムなんですね。

収録曲では1曲目の「Lose Again」から聴かせてくれますが、作者のカーラ・ボノフはこの曲を含めて、このアルバムで3曲を提供しています。
アルバム最後の「Someone To Lay Down Beside Me」もそうですね。

A面6曲目のアルバム・タイトル曲「Hasten Down The Wind」はウォーレン・ジヴォン作で、コーラスで参加するドン・ヘンリーが美しいハーモニーを聴かせてくれてます。

他にもA面では、ライ・クーダーの「The Tattler」、スペイン語(?)の「Lo Siento Mi Vida」、バディ・ホリーの軽快なナンバー「That'll Be The Day」(このアルバムではかえって異色かも)。

B面に入っても、感情たっぷりに「Try Me Again」、ジャジーでムードたっぷりに「Crazy」、ゴスペル風に「Down So Low」等々。

う〜ん、印象的で素敵な歌声が続いてます。
なるほどいいアルバムです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHasten Down the Wind - リンダ・ロンシュタットをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : リンダ・ロンシュタット Hasten Down the Wind

ロング・アフター・ダーク/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

アルバム「破壊」(1979年)でその人気を確固たるものとし、アメリカを代表するロック・バンドとなった、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ。次の「ハード・プロミス」(1981年)に続いて出されたアルバムが、

ロング・アフター・ダーク(Long After Dark)

Long After Dark1982年発表の5作目。中古の国内盤を手にしました。

まず、アルバムを聴いてみると、よりストイックな感じで、クールとも言える印象を受けます。
前作で時折見せていた、落ち着いた感じの音はほとんど聴かれません。

とはいえ、本作でもトム・ペティとハートブレイカーズの一体感は見事で、バンドとしての完成度はさすがに高いです。
ただし、このアルバムから、ロン・ブレアに代わってホウイー・エプスタインがベースに加わってます。

収録曲では、アルバム最初から「A One Story Town」「You Got Lucky」と、続けて印象的な曲が並んでいて、続くA面3曲目の「Deliver Me」は結構好きな曲ですね。

更に、A面4曲目の「Change Of Heart」も、って感じで、続くどの曲でもストレートでしなやかなロックを聴かせてくれています。

これまでより一層シンプルでスリリングなアメリカン・ロックとも言えそうですが、ちょっと緊張感ありすぎかも(汗)
アルバム最後の「A Wasted Life」だけは、ちょっとエキゾチックな、しんみりした曲ですね。

人気を決定づけた前々作「破壊」から、前作「ハード・プロミス」、そして本作と、ジミー・ アイオヴィンとトム・ペティとの共同プロデュースになっていますが、確かにサウンド的には一貫した、ストレートなロックですよね。

ただ、実際のところは分かりませんが、個人的には、ちょっと手詰まり感が漂っている気がして、それがこのアルバム全体の、ストイックでややクール(悪く言えば地味)な印象に結びついている感じもしています。

この後、期間が空いて1985年に、サウンドをやや変化させて、バラエティに富みつつも南部の香りも漂う「Southern Accents」が発表されるのを考えると、本作が一区切りのアルバムと言えるのかもしれませんね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLong After Dark - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ロング・アフター・ダーク

ハード・プロミス/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

聴きだした頃は、勢いのある、シャープでストレートなアメリカのロッカー、ってイメージでしたが、今やすっかりアメリカを代表する大御所ミュージシャンですね、トム・ペティ。
今回のアルバムは、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの、

Hard Promises

Hard Promises1981年発表の4作目で、中古の輸入盤を手にしました。
前作「破壊(Damn The Torpedoes)」の大ヒットでその人気を確かなものにし、それを受けての本作ですね。

アルバムを通して聴くと、まず感じるのが、どちらかというと、それまでのノリのよい疾走感のあるサウンドというよりは、繊細で落ち着いた感じの(悪く言えば暗い)音作りに聴こえます。
曲によっては、そこから味わい深さも伝わってきますね。

ただ、バンドが生み出す、ロックン・ロールやフォーク・ロックをベースにした、シンプルでストレートなアメリカン・ロックというサウンドは変わりなく、力強く、且つ、しなやかなサウンドも相変わらずです。

収録曲では、アルバム1曲目の「The Waiting」がまずはいい曲で、ギターのリフを含めて、じわじわ効いてくる感じで、ライブでも演奏される本作の代表曲ですね。

ノリのよいロックンロール・ナンバーでは、A面5曲目の「Kings Road」やB面2曲目の「A Thing About You」といったところでしょうか。

B面1曲目の「Letting You Go」なんかの、ちょっと切なさも感じさせる、素朴な曲調は個人的に好きですね。

アルバムの中で特に印象的なのが、B面3曲目のスティーヴィー・ニックスとのデュエット曲「Insider」。

スティーヴィー・ニックスは言わずと知れた、フリートウッド・マックのメンバーですが(ソロ活動を開始した頃ですね)、そもそも2人の声質がかなり特徴的なので、このミディアム・ナンバーもかなり印象的です。

アルバムは、これまたなかなか染みてくるナンバー「You Can Still Change Your Mind」で締めくくってます。

で、毎回言ってますが、トム・ペティの鼻にかかった粘っこく、時にダミ声のヴォーカルには好き嫌いがあるようですが、ハートブレイカーズと共に生み出す、そのアメリカン・ロックは、結構懐が深く、かなり気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでHard Promises (Reissue Remastered) - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ ハード・プロミス

アメリカン・フール/ジョン・クーガー

当時は、正統派のアメリカン・ロックといった感じで聴いてはいましたが、リアルタイムでかなりヒットしていて、メディアから聴くことが多かったですね。

ただ、それほど聴き込んではいなくて、ちょっと距離を置いて聴いていた記憶があります。ジョン・メレンキャンプ
ちなみに今回のアルバムは、ジョン・クーガー名義のようです。

「アメリカン・フール」(American Fool)

アメリカン・フール1982年発表で、この人は結構売れない時期もあり、5枚目(?)のアルバムとのことです。
中古の国内盤を手にしました。

このアルバムからは「Hurts So Good(青春の傷あと)」と「Jack & Diane(ジャック&ダイアン)」が大ヒットしており、実際、ホントによく耳にしました。
本人にとっても、このアルバムが転機だったようで、ここから一気にスターへ上り詰めたようです。

先述の“距離を置いて聴いていた”というのは、何だか商業的なロック、といったイメージを勝手に持っていたんですよね。
当時は背伸びして、古いロックばかりを知ったかぶりして聴いてたんですよね。お恥ずかしい話です(汗)

ただ、やっぱりいいものはいいんですよね。いい曲はヒットするんですよね。

ちょっと後になってから、このアルバムを手にしたのですが、改めて聴いてみると、上記のヒット曲を始め、シンプルでストレートなロックは乾いたサウンドで、歌も演奏もカッコよく、純粋に良い曲が揃っています。

この人の名前ですが、本名がジョン・メレンキャンプ(John Mellencamp)。
デビュー当時が、ジョン・クーガー(John Cougar)で、1983年(今回のアルバムの後)に、ジョン・クーガー・メレンキャンプ(John Cougar Mellencamp)と変更。
そして、1991年からは、本名のジョン・メレンキャンプで活動しているとのことです。

個人的には、今回のアルバムから聴きだしたせいか、“ジョン・クーガー”が馴染み深いんですがね。

当時は、最近売れているミュージシャン、って感じで聴いていたんですが、もう30年前なんですね(汗)
なんだかんだ言いながらも、結局、その後も結構聴いてます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでAmerican Fool - John Mellencampをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。

tag : ジョン・メレンキャンプ ジョン・クーガー アメリカン・フール

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。