スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sir Doug's Recording Trip/サー・ダグラス・クインテット

ダグ・サーム。1941年テキサス州サンアントニオ生まれ。1999年11月18日没。
少年時代から音楽の天才だったようで、10代の頃から地元で活躍していたようです。

“キング・オブ・テックス・メックス”などとも呼ばれ、アメリカン・ルーツ・ミュージックを背景にしたその音楽は、何とも懐が深くて豊潤なんですが、日本での知名度は今ひとつなんすよね。

なので、アルバムを手にするのは結構大変でした。
そんな中、手にしたアルバムは、サー・ダグラス・クインテット時代の2枚組のベスト盤、

Sir Doug's Recording Trip

Sir Doug's Recording Trip発売自体は1989年で、中古の輸入盤を手にしました。

ダグ・サーム率いる、サー・ダグラス・クインテットの結成は1964年頃でしょうか(資料が少なくよく分からないんですよんね…)。

今回のアルバムは、サー・ダグラス・クインテット第1期とも言える頃の初期のアルバムからの選曲ですが、デビュー・アルバムとなる「The Best Of Sir Douglas Quintet」(1966年)からの曲は含まれてません。

収録曲は、2nd以降の以下のアルバムからです。

Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)」(1968年)
Mendocino」(1969年)
Together After Five」(1970年)
1+1+1=4」(1970年)
The Return Of Doug Saldaña」(1971年)
Rough Edges」(1973年)

テキサスを後にしてカリフォルニアへと移り、サンフランシスコでリリースした、サイケ色も感じられる、2枚目「Sir Douglas Quintet+2=(Honkey Blues)」(1968年)からは5曲。

テックス・メックス色が強くなり、カントリーっぽさも感じられる、キャッチーなタイトル曲を含む3枚目の「Mendocino」(1969年)からは6曲。

4枚目の「Together After Five」(1970年)は、基本テックスメックスの流れからフォーク・ロックといったサウンドを展開してますが、このアルバムからは2曲のみですね。

個人的には、手にできたオリジナル・アルバムが、ここまでの3枚だけなので、このベスト・アルバムを手にして、以降のアルバムの内容に触れることができたのは嬉しかったですね。

5作目の「1+1+1=4」(1970年)からは、Wayne Douglas(ウェイン・ダグラス)名義でシングル発売された「Be Real」など4曲が収録。

続く「The Return Of Doug Saldaña」(1971年)はサンアントニオに戻って作られたものですが、この頃バンドは解散状態だったとのことで、ルーツに還った実質ソロ・アルバムに近い作品のようです。このアルバムからは6曲収録。

そして「Rough Edges」(1973年)は、シングル「Dynamite Woman」と過去の未発表曲を合わせたアルバムで、その「Dynamite Woman」を含む5曲が収録されてます。

以上にシングルとしてリリースされたと思われる、「Michoacan」と「Westside Blues Again」の2曲を加えた、全30曲が収録されていて、聴き応え十分。

ルーツ・ミュージックがごった煮的で、曲によってはバタ臭く、一見、演奏は粗く聴こえるものの、実に気の利いたアレンジ。
迫力があり、時に唸るような、時に包み込むような、ダグ・サームの独特で魅力的な歌声。

サー・ダグラス・クインテットの、そして、ダグ・サームの初期の音楽をたっぷりと楽しむことができました。










※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。ちなみに当アルバムと「Rough Edges」は見つけられませんでした。
※このベスト・アルバムのジャケットは「The Return Of Doug Saldana」の写真と同じものですね。


◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


◆iTunes StoreでDoug Sahmをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ダグ・サーム サー・ダグラス・クインテット Sir Doug's Recording Trip

Together After Five/サー・ダグラス・クインテット

テキサス出身で“キング・オブ・テックス・メックス”とか“テキサス音楽伝道者”なんて呼ばれたりする、ダグ・サーム率いるサー・ダグラス・クインテット。今回のアルバムは、

Together After Five

Together After Five1970発表で、中古の輸入盤を手にしました。
前作「Mendocino」に続いて出された、バンドとしての4作目ですね。

そのダグ・サームは、日本の表記では、ダグ・サムとかダグ・ザームなどとも呼ばれるようです。

バンドは当時はサンフランシスコで活動していて、その頃の時代背景もあり、サウンドにはサイケの香りも漂わせていましたが、このアルバムでは、基本はフォーク・ロックといったサウンドを展開しています。

ただし、当然ですが、そこに、テックスメックスの流れがあって、時にソウルフルに、時にブルージーに、そして何より豊潤なサウンドが聴くことができます。

収録曲では、アルバム1曲目の陽気な「Nuevo Laredo」、しみじみとゆったりとした2曲目の「Dallas Alice」、そして軽快なB面1曲目の「Seguin」なんかは、曲のタイトルがどうやらテキサスやメキシコの地名がついていて、もろにテックス・メックスの香りを漂わせていますね。

A面3曲目のご機嫌な「T-Bone Shuffle」を聴けは、やはり根底にはブルースというのも流れてるんだろうな〜、と思わせます。

A面4曲目の「I Don't Want To Go Home」ですが、こういうミディアムテンポの時のダグ・サームの歌声は何ともしみてきて、結構好きなんですよね。

ちなみに、B面4曲目では、ディラン「One Too Many Mornings」をカバーしてます。

それにしても、オルガンが効いてます。オージー・メイヤーズですね。
時々絡んでくる、チープにも聴こえるこのオルガンの音が、サウンドにアクセントをつけてるんですよね。

時代的な背景もあるのでしょうが、取り込まれている様々なアメリカン・ルーツ・ミュージックは混沌としていて、どこかごった煮的で、演奏は粗いですが、生み出される音楽は、本当に何とも言えず魅力的で、気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSir Douglas Quintetをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : サー・ダグラス・クインテット ダグ・サーム Sir Douglas Quintet Together After Five

Black Rose/J.D.サウザー

1970年代のウェストコースト・ロック・シーンで、イーグルスやリンダ・ロンシュタット、ジャクソン・ブラウンと関わりが深く、楽曲の作者としてもその名前をよく目にした、J.D.サウザー(ジョン・デヴィッド・サウザー)で、アルバムは、

Black Rose」(黒いバラ)

Black Rose1976発表のソロ2作目です。中古の国内盤を手にしました。
やはりアサイラムからですね。

J.D.サウザーといえば、アルバム「You're Only Lonely」(1979年)が大ヒットして、個人的には、そのアルバムがJ.D.サウザーを初めてちゃんと聴いたアルバムでした(残念ながら、盤は持ってません)。

その後からこのアルバムを聴いた訳ですが、やはり印象的なのは、繊細で優しいこの人の歌声ですよね(ちょっと神経質な感じもしますかね)。

ウェストコーストのシンガーソングライターですが、サウンドには、ジャズやクラシックの雰囲気も感じられ、他のウェストコーストのミュージシャンでよく聴かれる、カントリー色はないですね。収録曲は全曲本人作です。

演奏は、バンド・スタイルにストリングスが加わったりもしてますが、ストリングスと管楽器にベースとアコースティック・ギターという編成の、A面4曲目「Faithless Love」とB面2曲目「Silver Blue」は、サウンドもさることながら、聴かせる曲ですね。

ちなみに「Silver Blue」のダブル・ベースはスタンリー・クラークです。

この2曲ともリンダ・ロンシュタットが既にアルバム「悪いあなた(Heart Like A Wheel)」と「哀しみのプリズナー(Prisoner in Disguise)」にそれぞれレコーディングしていますね。
更に、B面1曲目の「Simple Man, Simple Dream」は翌年1977年のアルバム「Simple Dreams」で取り上げてます。

当時のウェストコーストのミュージシャンつながりからなのか、参加しているメンバーが興味深いですね。
先のスタンリー・クラークの他に気になったところをあげてみると。

A面2曲目「If You Have Crying Eyes」では、リンダ・ロンシュタットが参加。

A面5曲目「Baby Come Home」では、ジョー・ウォルシュがスライド・ギターを弾いていて、サウンドに粘り気をあたえてくれてますね(^^)。バックヴォーカルにはデヴィッド・クロスビーの名があります。

B面3曲目「Midnight Prowl」では、今度はローウェル・ジョージが渋いスライド・ギターを弾いていて、派手に弾いているわけではないですが、効いてますね。ジャズ・トランペッターのドナルド・バードがフリューゲル・ホルンで参加してます。

アルバム最後のタイトル曲「Black Rose」では、ワディー・ワクテルとダニー・コーチマーのギターを大きくフィーチャーしていて、よりロックよりのサウンドに仕上がってます。バックグラウンド・ヴォーカルには、グレン・フライ、ドン・ヘンリーが参加してますね。

といった感じで、他にも様々なミュージシャンが脇を固めてます。

他のミュージシャンへの楽曲の提供やアルバム参加等の協力が本当に数多いですが、J.D.サウザー本人の作品数は少ないようです。
所有しているアルバムは、これ1枚だけです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBlack Rose - J.D. Southerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : J.D.サウザー John David Souther J.D. Black Rose

Simple Dreams/リンダ・ロンシュタット

このアメリカの歌姫の歌声を初めて耳にしたのは、ラジオから流れる「It's So Easy」でした。
アメリカの国民的女性ヴォーカリスト、リンダ・ロンシュタット。今回のアルバムは、そのヒット曲「It's So Easy」を収録した、

Simple Dreams」(邦題:「夢はひとつだけ」)

Simple Dreams1977年発表。中古の輸入盤を手にしました。
ヒットした前作「Hasten Down The Wind」に続いて出され、全米No.1を獲得したアルバムですが、この頃は立て続けに大ヒットアルバムを出していた頃なんですね。

前作では、元々イメージとして持っていたカントリー・テイストはあまり感じられず、切々と、時にしっとりと歌い上げる、その感動的な歌声が印象的でしたが、本作では、再びカントリーやフォークを基本にといった趣に戻ってます。

そのせいか、全体的には貫禄を見せつつも、肩の力が抜け、気持ち良さそうに歌う歌声が、彼女の魅力を一層引き立てているようにも感じられます。
曲によっては、優しく柔らかい雰囲気も感じられますね。

バックの演奏は、シンプルなバンドサウンドだったり、アコースティックな肌触りだったりで、ギターではワディ・ワクテルが活躍してますね。

収録曲では、まずはバディ・ホリーのカバー曲「It's So Easy」が印象的で、アルバム1曲目ということで、このアルバムを強く印象づけてます。
個人的に、リアルタイムのリンダ・ロンシュタットとなったこの曲は、とにかくよく耳にしました。

そういえば、前作でもバディ・ホリーの「That'll Be The Day」をカバーしてましたね。

A面3曲目の「Simple Man, Simple Dream」はJ.D.サウザーの曲で、彼のアルバム「Black Rose」(1976年)に収録されてます。

B面1曲目のロイ・オービソンの「Blue Bayou」は、ミディアムスローでしっとりと聴かせて、実にいいですね。

B面4曲目にはストーンズの「Tumbling Dice」をカバーしていて、いいノリです。

その他、ウォーレン・ジヴォン作の「Carmelita」(A面2曲目)と「Poor Poor Pitiful Me」(B面2曲目)は、前年(1976年)に発表されたウォーレン・ジヴォンのアルバム「Warren Zevon」に収録されている曲です。

ちなみに、リンダ・ロンシュタットの前作のアルバム・タイトル曲「Hasten Down The Wind」も、ウォーレン・ジヴォンのそのアルバムの収録曲なんですよね。
かなりのお気に入りだったのでしょうかね。

軽快な曲や、ミディアムでしみじみ聴かせる曲もあり、カントリー色が強いというのも、個人的には心地良さを増して、これはさすがにいいアルバムですね。

ちなみに、最初はロスの歌姫とも言われたリンダ・ロンシュタットを、いわゆるウエスト・コースト・ロックという視点で見ると、この1977年はイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」(1976年)が出された翌年で、シーンも最盛期、いや最終章の頃ですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSimple Dreams - リンダ・ロンシュタットをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : リンダ・ロンシュタット Simple Dreams 夢はひとつだけ

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。