スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Howlin' Wolf/ハウリン・ウルフ

何はともあれ、一度聴いたら耳から離れない、その印象的なダミ声ですよね。
絞り出すように、歪んだ歌声、まさに吠えるような迫力のブルースがたまらない、ハウリン・ウルフ。今回のアルバムは、

Howlin' Wolf(ハウリン・ウルフ)

Howlin' Wolf1962年発表の、チェスからの2枚目のアルバムですね。
但し、手にしたのは、1984年再発の中古の輸入盤です。

収録されているのは、1957〜1961年にレコーディングされたもので、全12曲。

ジャケット写真にはロッキン・チェアとアコースティック・ギターが写っていて素朴な印象ですが、内容は、ゴリゴリのエレクトリック・ブルースですね。

収録曲では、ローリング・ストーンズがカバーする「The Red Rooster」やクリームで知られる「Spoonful」といったブルースの名曲が収録されてます。

その他にも「Who's Been Talkin'」(ロバート・クレイがカバー)や「Wang Dang Doodle」、「Back Door Man」等、印象的な曲が並び、聴き応え十分です。

バックではギターのヒューバート・サムリンが鋭い、切れのあるギターを聴かせてくれてます。
ヒューバート・サムリンとは1950年代中頃から、最期まで相棒だったようですね。

さらに、キーとなるのは、やっぱりウィリー・ディクスンでしょうか。
ベースはもちろんですが、ほとんどの曲を手がけてます。

それらの曲は、普通に演奏すると結構モダンでシャレた曲調なんでしょうが、ハウリン・ウルフの荒々しい歌声にかかると、唯一無二の実に迫力のブルースとなりますね。

ハウリン・ウルフは1910年ミシシッピ生まれで、メンフィスを拠点に音楽活動を初めて、1952年にシカゴへ移ってます。

デルタから始まるそのディープなブルースは、エレクトリックのバンド・サウンドをバックに激しく吠えていて、この時代にして、ロッキン・ブルースとも言える強烈さですね。

このアルバムもまた名盤で、かなりのお気に入りです。
ハウリン・ウルフは1976年に満65歳で他界しています。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
ちなみに右のCDは「モーニン・イン・ザ・ムーンライト」と今回の「ハウリン・ウルフ」のカップリングですね。


◆iTunes StoreでHowlin' Wolfをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : Howlin' Wolf ハウリン・ウルフ

Muddy, Brass & The Blues/マディ・ウォーターズ

戦後のシカゴ・ブルースの立役者で、偉大な、いや伝説のブルーズ・マン。
その影響力の大きさから、ロックの父ともいえるかもしれないですね、マディ・ウォーターズ。今回のアルバムは、

Muddy, Brass & The Blues

Muddy, Brass & The Blues1966年発表。もちろんチェスからですが、手にしたのは1989年再発の輸入盤です。

このアルバムの発売年度前後のマディのアルバムを見てみると、

The Real Folk Blues」January, 1966
Muddy, Brass & The Blues」October, 1966
More Real Folk Blues」January, 1967

となっていて、初期の録音を収録したアルバム「The Real Folk Blues」や「More〜」なんかは、ディープでかなり強烈なデルタの香りが漂うブルースで、名盤と名高いですよね。

対して、今回のアルバムはジャケットを見ると、レコーディングが1966年で、いわゆる、オリジナル・アルバムとも言えるかな。
時期的には、聴衆が白人まで広がり、ロック界でも影響力が顕著になっていた頃でしょうか。

アルバム・タイトルの通り、マディのブルースに、ブラス(ホーン)を導入しスタイルで、ホーンは翌日にオーバーダブされているようです。

そのせいか、曲によっては演奏が、デルタ系のどっぷりディープなブルースというよりは、都会的なモダン・ブルースといった仕上がりになってますね。

とはいえ、歌っているのが、マディですから言わずもがな、です(^_^;)

A面3曲目のミディアム・スローの「Black Night」なんか、濃いですね。

B面2曲目ではB.B.キングでお馴染みの「Sweet Little Angel」なんかもやってます。

ピアノにオーティス・スパン、ハーモニカにはジェイムズ・コットンの名前がありますね。

マディのシカゴ・ブルースを、珍しくホーンをバックに楽しめますが、他の数ある名盤に比べると、ちょっと目立たないアルバムなのは否めません。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このCDは1966年の今回のアルバムと、73年の作品とのカップリングですね。


◆iTunes StoreでMuddy Watersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : マディ・ウォーターズ Muddy Waters Muddy, Brass & The Blues

訃報/憂歌団の島田和夫さんが死亡

訃報です。ビックリしました。

憂歌団のドラマー、島田和夫さんが、2012年10月2日死亡したとのこと。
まだ、58歳とのことです。

憂歌団は、1998年に活動を休止してますが、私が言うまでもない、日本のブルース・シーンの礎を築いた、もう、伝説のバンドと言ってもいいですよね。
初期のアコースティックのブルースなんか圧巻です。

憂歌団には、個人的に非常に思い入れがあるんです。


ーーーここからは、完全に思い出話ですのでご勘弁をーーー


私が学生の頃の、二十数年前の随分と昔の話ですが、その頃はバンドなんかも結構真剣にやっていて、ブルースも好きで、時には憂歌団の曲なんかもコピーしたりしてたんです。

そんな時、学園祭に憂歌団を呼ぶという、何ともビッグ・ニュースが飛び込んできました。

このチャンスを逃してはいけないと、私は学園祭の実行委員長に“前座”をやらせてくれと無茶を承知で頼み込んで、当初はまったく予定になかった前座の時間を、無理矢理組み込んでもらったんです。

憂歌団のBluesアルバムもちろん、憂歌団の曲を演奏するわけにはいかないので、憂歌団がカバーしていた古いブルースを数曲演奏させてもらったわけですが、意気込んで無理矢理前座の時間を取ってもらった割には、演奏は散々で、実は今もあまり思い出したくない出来でした(苦笑)

ただし、その後の憂歌団のライブはもちろん最高で、そして何より、前座を務めさせてもらったという満足感(圧倒的な自己満足ですが…)。

更に、打ち上げで憂歌団4人のメンバーの皆さんとご一緒させていただくという、夢のような時間も過ごすことができたんです。

それまでもよく聴いていた憂歌団ですが、それ以来、一層思い入れが深くなったのは言うまでもありません。

その後、私は東京に長い間いたのですが、ライブもよく観に行ったんですよね〜


本当に憂歌団が奏でるブルースは最高でしたが、もう4人が揃うことがないと思うと、残念でなりません。

島田和夫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
このブログ内の関連記事

tag : 訃報 島田和夫 憂歌団

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。