スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

His First and Last Recordings/アール・フッカー

ブルース・ギタリストとして、とても影響力があり、職人、名人、達人。。。等々と呼ばれる、シカゴのブルース・シーンで活躍した、アール・フッカー。手にしたアルバムは、

His First and Last Recordings

His First and Last Recordingsアーフーリー盤の中古の輸入盤を手にしました。

アルバムタイトルを通りに、実際に最初と最後かは分かりませんが、収録曲の録音年度を見ると、
1952年・1953年が4曲/1968年・1969年が4曲、
となっていて、初期と後期に分かれてます。

初期の曲を聴いても、ギターテクニックとしては後期となんら遜色なく、ストレートに演奏している分、かえって爽快だったりします。
この時代で、このテクニックは凄い…

A面最後の「Guitar Rag」(1953年)、B面最初の「Earl's Boogie Woogie」(1953年)とかのインストは、陽気でご機嫌なギターを聴かせてくれていて、本領発揮の楽しさですね。

後期では、ワウワウを使用したり、トーンに変化をつけたりと、より職人ぽいです。

アルバムB面の2曲、「Improvisations On Dust My Broom」(1969年)、「Improvisations On Frosty」(1969年)はタイトルに“インプロヴィゼーション”とある通り、ギターを弾きまくっている比較的長めの曲。

前者はワウワウを効果的に使い、トーンを自在に操るミディアムブギのインストで、後者はちょっとジャジーにスイングする軽快なインストで、なかなか聴き応えがあります。

アール・フッカーは元々歌はあまり歌わず、このアルバムでもやはり歌は初期の2曲のみで、あとはインストです。
まあ、その分、ギタ−がたっぷり楽しめるというわけですね。

それに、アール・フッカーはそのスライド・ギターも達人として有名ですが、まあ、歌わなくてもギターで喋る、といったところでしょうか。

そのギターの上手さから、多くのセッションにも参加したようです。
ジョン・リー・フッカーは従兄とのこと。

アール・フッカーは1929年生まれで、1970年に41歳で他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、このCDは、以前このブログで出てきた「Two Bugs And A Roach」と、このアルバム「His First and Last Recordings」とのカップリングですね(そうか〜、このCD1枚で済むのか…)。

◆Amazonでアール・フッカーをチェックする。

◆iTunes StoreでEarl Hookerをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : アール・フッカー Earl Hooker His First and Last Recordings

The Guitar Wizard 1935-1953/タンパ・レッド

ジャケットの写真を見ると、その風貌は何だか気のいいおじさんのようにも見えるのですが、実にシャレたブルースを聴かせてくれる、タンパ・レッド
一般的には戦前シティ・ブルースという位置づけのようですね。手にしたアルバムは、

The Guitar Wizard 1935-1953

The Guitar Wizard 1935-1953中古の輸入盤を手にしました。
タイトルの通り、アルバムは1935年から1953年の間のレコーディングを収録したものです。

基本的には、本人の歌とギター(それとカズー)にピアノとベース(時にドラム)が加わるスタイルですね。

1935年からの戦前録音の曲なんかは、いかにも戦前シティ・ブルースといった感じで、粋で雰囲気たっぷりと、時に味わい深く、時に楽しげに、聴かせてくれます。

A面4曲目のお馴染み「It Hurts Me Too」(1940年録音)は、なんともいい雰囲気です。

アルバム後半は戦後の録音ですが、録音状態のせいもありますが、やはり演奏自体もモダンになってきますね。
B面4曲目には「Sweet Little Angel」(1946年録音)が収録されてます。

後期の演奏を聴くと、バンド・サウンドへの過渡期のブルースなんでしょうね。
ただ、シカゴ・スタイルとはまた違って、スマートな印象です。

タンパ・レッドといえば、やはり華麗なスライドを始めとする達者なギターが有名ですよね。

伴奏としてのギターももちろん巧みですし、更にピアノとの絡みがまた絶妙で、ピアノにはビッグ・メイシオが数曲で共演しているのですが、タンパ・レッドのギターとの絡みは秀逸ですね。

本人が吹くカズーも、これまたいい味出してます。

アルバム最後の2曲(1953年録音)には、それぞれハープでサニー・ボーイ・ウィリアムソン(録音年から“II”ですかね)とウォルター・ホートンの名前もあります。

このブログでは先日登場した、単音弾きのスライド・ギターの名手「ロバート・ナイトホーク」に影響を与えたということで、名前が出てました。

何やら1928年〜1960年に、350曲以上もの録音を残しているそうですが、残念ながら手にしたアルバムはこの一枚のみです。

タンパ・レッドは1904年生まれで、1981年にシカゴで亡くなっています。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆AmazonでTampa Redをチェックする。

◆iTunes StoreでTampa Redをチェックする。


珍しいですが、今回はこちらも。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : タンパ・レッド Tampa Red The Guitar Wizard 1935-1953

やはり今日はジョン・レノンを

もうすぐ、ジョン・レノンの命日が終わりますね。

昔は、12月8日ともなれば、街のあちこちでジョンの曲がかかっていて、その話題を口にする人も多かったと思うのですが、最近はそれもあまり聴かなくなってしまいましたね。

ジョンが40歳で銃弾に倒れたのが、1980年のこの日ですから、今年で没後32年ですか。
それは、確かに随分な年月で、あまり話題に上らなくなるのもやむを得ないですかね。

そういう私も残念ながら、ビートルズはリアルタイムでは聴くことができなかったんですよね。

で、ジョン・レノンが5年のブランクを経て、ついに活動を再開するというニュースが流れ、リアルタイムでやっと聴くことができると大喜びし、そして、実際にその音を耳にした矢先の悲報でしたからね。

ビートルズの、そして、ジョンの熱心なファンではなくとも、ロックを通った者なら必ず耳にしたであろう、「イマジン」を始めとする名曲の数々。
確かに,最近はあまり聴かなくなってしまいましたが、この日ぐらいは聴きたいと思います。

といっても、正直にいいますと、ジョン・レノンは友人から借りてばかりで、残念ながら盤あまり手にはしてないんですけどね(汗)

ということで、本日はいつもと違ってつぶやきのみでした。

まあ、この偉大なミュージシャンについて、改めて私がどうのこうのと言うこともないですからね。


ちなみに、昨年のこの日のブログは、
→「ダブル・ファンタジー/ジョン・レノン&ヨーコ・オノ


◆AmazonでJohn Lennonをチェックする。
◆iTunes StoreでJohn Lennonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョン・レノン 命日

Bricks In My Pillow/ロバート・ナイトホーク

スライド・ギターの名手で、戦前はロバート・リー・マッコイの名で活動していた、ロバート・ナイトホーク。手にしたアルバムは、

Bricks In My Pillow

Bricks In My Pillow中古の輸入盤を手にしました。

前回紹介したアルバム「Black Angel Blues」が、1948年から1950年録音(2曲のみ1964年)のアリストクラット/チェスでの作品で、今回のアルバムは、1951年と1952年のユナイテッド/ステイツでの録音です。

チェスの時の「Black Angel Blues」は、シティ・ブルースの香りを漂わせる演奏の中にも、素朴で田舎っぽさが残る感じで、どちらかというとダウンホームな印象がありますかね。

対してこちらのアルバム「Bricks In My Pillow」は、雰囲気たっぷりのシティ・ブルースといったところで、より濃厚で、味わい深くディープな印象です。

録音年度はわずかな差ですが、録音状態のせいもあり、演奏の輪郭がくっきりしているのも、その印象を強くしているかもしれません。
バックの演奏もより洗練されてますね。

エルモア・ジェイムズらとは違った、単音弾きのスライド・ギターが有名ですが、このアルバムでは、全編スライドという訳ではないです。

半分はアップテンポな曲が揃い、ブギするギターが楽しいA面6曲目のインスト「Nighthawk Boogie」や、軽快なB面1曲目「Kansas City」など、なかなかノリのいい曲も聴くことができます。

しかし、やはりロバート・ナイトホークは、時に暗く陰があり、時に粋に奏でる、ミディアム・スローやスローなブルースがなんとも魅力的ですね。
また、そういう時のスライドが何ともいいんですよね。

1曲目の「Crying Won't Help You」なんかは深い歌声といい、泣きのスライドといい抜群です。
他にもA面5曲目「The Moon Is Rising」やB面2曲目「You Missed A Good Man」等々。ちょっと粋なヴォーカルには深みがあって、ねっとりした感じもして、実に味わい深いです。

タンパ・レッドのスライド・ギターの影響を受け、そのブルースはトミー・ジョンソンに強く影響を受けているとのことです。

ロバート・ナイトホークのアルバムで所有しているのは、「Black Angel Blues」と今回の「Bricks In My Pillow」の2枚だけです。
録音がそもそも少ないようですが、ライブ盤があるので、聴いてみたいですね。

ロバート・ナイトホークは1909年アーカンソー州ヘレナ生まれで、1967年に同地で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
今回は同じジャケットのものは見つけられませんでした。


◆iTunes StoreでRobert Nighthawkをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロバート・ナイトホーク Bricks In My Pillow Robert Nighthawk

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。