スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beware of the Dog/ハウンド・ドッグ・テイラー

ライブとなると、元々ダーティで荒々しい演奏が、より一層激しさを増しますね。
エルモア・ジェイムス直系(いや、もっと激しいですね)、ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズのライブ盤、

Beware of the Dog

Beware of the Dog1976年のリリースでしょうか。
もちろん、アリゲーターからで、録音は1974年のライブからのようです。
中古の輸入盤(イギリス盤)を手にしました。

アリゲーター・レーベルは、創設者のブルース・イグロアという人がハウンド・ドッグ・テイラーのレコードをリリースするために立ち上げたレーベルということですから凄いですよね。

アルバムは、1曲目の「Give Me Back My Wig」からご機嫌にブギーしまくって、スライドも炸裂しています。

ハウンド・ドッグ・テイラーの有無を言わさぬ、強引とも言えるスライドは、実際、時に不協和音にもなってるんですが、そういう聴き方を超越してしまう迫力ですよね。
それに、陽気で、聴いていて楽しいです。

バンドは、2人のギターにドラムスという変則トリオ編成で、基本的にはセカンド・ギターのブリュワー・フィリップスがベース・ラインも弾いてます。

ただ、A面3曲目のインストナンバー「Kitchen Sink Boogie」では、そのブリュワー・フィリップスがリード・ギターを担当しているのですが、なかなか切れ味鋭いソロを聴かせてくれています。
かなりカッコよくて、この人がリードでも問題ないくらいですね。

それに、そのサイド・ギターはファンキーで、かなりの割合でサウンドを特徴づけてますね。

ベースがなくて、最初は何だか違和感を覚えつつ聴いていたのが、途中から、ベースがいないのが全然気にならなくなるんですよね。
このトリオならではの魅力ですね。

その他、A面4曲目では、やってますよ「Dust My Broom」。
本家、エルモア・ジェイムスより強烈です。

B面に入っても怒濤のブギーを聴かせてくれますが、B.B.キングで有名な「Rock Me」や、最後の曲「Freddies Blues」ではミディアム・スローの曲も生々しく演奏してます。

とにかく細かいことは気にせず、豪快に弾き放つそのスライドには圧倒されます。これはロックですね。
ただ、きちんとした演奏でないとダメな方は聴かない方が良いかも(笑)

ハウンド・ドッグ・テイラーは1975年にシカゴで亡くなっており(満60歳)、このアルバムは死後のリリースとなってしまったようです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆AmazonでHound Dog Taylorをチェックする。

◆iTunes StoreでBeware of the Dog! (Live) - Hound Dog Taylor & The HouseRockersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : ハウンド・ドッグ・テイラー Hound Dog Taylor and the Houserockers Beware of

ホウク・スクワット!/J.B.ハットー

シカゴで活躍し、エルモア・ジェイムスばりのブルーム調の荒々しいスライド・ギターが何といっても魅力の、J.B.ハットー。手にしたアルバムは、

ホウク・スクワット!(Hawk Squat)

Hawk SquatP-VINEから再発された国内盤を手にしました。
元は1968年録音のデルマーク盤ですね。

自己のバンドであるホウクスを率いたこのアルバムは、“J.B. Hutto & His Hawks with Sunnyland Slim”と表記されていて、ピアノ/オルガンでサニーランド・スリムが全面参加してます。

エルモア・ジェイムスの後継者とも呼ばれたJ.B.ハットーですが、アルバム1曲目の「Speak My Mind」から、そのスライド・ギターを威勢良く聴かせてくれてます。
(エルモア・ジェイムスのスタイルといえば、ハウンド・ドッグ・テイラーもいますね。)

そのブルースは、エネルギッシュでタフで粗くて、言うなら洗練されてない感じが、かえって生々しくていいですね。

激しく、時にシャウトする、ちょっとネットリな感じのヴォーカルもなかなかです。
ちょっとバディ・ガイと似てますかね。

アップ・テンポのいかにもというスライドの他に、A面2曲目「If You Change Your Mind」やB面2曲目「The Feeling Is Gone」、B面4曲目「Too Late」のようなスローな曲でも、熱いスライドを聴かせてくれていて、案外そちらの方が迫ってくるものがあったりします。

A面5曲目のミディアム・スローの「The Same Mistake Twice」なんかは、スライドは使ってませんが、基本的にそのブルースは濃厚なシカゴ・スタイルのもので、B面3曲目の「Notoriety Woman」なんかは、まるでマディのようなノリの良いディープなブルースです。

アルバム通して演奏が臨場感たっぷりで、なかなか聴き応えがあります。

J.B.ハットーは1926年生まれで、1983年に他界してます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆AmazonでJ.B.ハットーをチェックする。

◆iTunes StoreでHawk Squat - J.B.Huttoをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : J.B.ハットー J.B. Hutto ホウク・スクワット!

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。