スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tops/オーティス・ラッシュ

マディらが築いたシカゴ・ブルース・シーンに、新しい世代として1950年代後半から、マジック・サム、バディ・ガイらとともに登場した、オーティス・ラッシュ
初期のコブラ・レーベルの録音が有名ですが、手にしたのはライブ・アルバムの、

Tops

Tops1988年リリースですが、録音は1985年9月15日のサンフランシスコ・ブルース・フェスティバルのステージでのものです。
1980年前後に活動が停滞していたようですが、このライブあたりから、また活動を活発化したようですね。

このアルバムでは、ホーンを含むバンドをバックに、熱いモダン・ブルースをライブで聴かせてくれています。
時に甘く、時に激しく、深みがあって感情豊かなヴォーカルと、それに呼応する渾身のギターが響いてきますね。

ギターは、左利きながらアルバート・キングと同様に右利き用に弦を張ったギターをそのまま左で弾いているので、何だかチョーキングやビブラートが独特の音に聴こえるんですよね。
って、そもそもこの人の、抑えていた感情が爆発するようなギターが特別なんでしょうけど…

ねっとりとしたスロー・ブルースが有名ですが、このアルバムでも1曲目の「Right Place, Wrong Time」から、歌とギターがしっとりじっとりと迫ってきて、曲のドラマチックな展開もあいまって、聴き応えあります。

ただ、アップテンポのノリのいい曲も、かなりいい感じに仕上げていて、2曲目の「Crosscut Saw」は、やはりアルバート・キングと比べてしまいますが、こちらもかなりファンキーでソウルフルな仕上がりで、のびやかに弾き放つギターがかっこいいですね。

アルバム・タイトル曲のA面3曲目の「Tops」は テンポのよいモダン・シカゴ・ブルースといった曲調で、インストなので、好調なギターを十分楽しむことができます。

B面1曲目の「Gambler's Blues」もいいですね〜
ねっとりの見本のような曲で、放たれるギターも抜群のスロー・ブルースです。

アルバム最後の「I Wonder Why」は8分近いインストのミディアム・スローのブルース・ナンバーなんですが、時に豪快に、時に繊細に、実に気持ち良さそうにギターを弾いてるんですよね。

アルバム通して、迫力の歌声といい、重く鋭いギターといい、貫禄の演奏です。

コブラ・レーベルに残した初期の録音「I Can't Quit You Baby」「All Your Love」「Double Trouble」などが特に有名で、時期によっては出来不出来の差が大きいと言われてますが、このライブ・アルバム「Tops」のパワフルな臨場感は、モダン・ブルースとして、かなり聴き応えがあるのではないでしょうか。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでオーティス・ラッシュをチェックする。

◆iTunes StoreでTops - オーティス・ラッシュをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : オーティス・ラッシュ Tops トップス ライブ

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues/バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズ

シカゴ・ブルース、というかブルース界を代表するこの2人、バディ・ガイジュニア・ウェルズ
1960年代後半からはコンビで活動しているのも有名ですが、今回はその中の一枚です。

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues

Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues1972年リリースで、中古の国内盤を手にしました。
このアルバムは、プロデュースにエリック・クラプトンとトム・ダウドの名前があり、クラプトンはバックで控えめにギターでも参加もしています。

で、アルバムは1曲目の「A Man Of Many Words」からインパクト大で、バディのシャウトする歌と、たたみかけるギターにゾクゾクしますね。

続く「My Baby She Left Me (She Left Me A Mule To Ride)」と「A. Come On In This House〜B. Have Mercy Baby」では、ジュニア・ウェルズが歌ってますが、その歌声は艶やかでブルース・フィーリング溢れていて、ここでの演奏は正統派モダン・シカゴ・ブルースという感じです。
そして、もちろんハープは相変わらず抜群です。

何というか、ジュニア・ウェルズ対して、バディ・ガイはやっぱり歌といい、ギターといいぶっ飛んでますね。
時にヒステリックにも聴こえる演奏は、やはり印象的ですが、ジュニア・ウェルズのバックの演奏の時には、実にハマったギターを弾くんですよね。
このコンビは、そのバランスがいいのでしょうね。

B面1曲目のジュニア・ウェルズが歌う「Messin' With The Kid」なんかも、貫禄のヴォーカルにバディのギターが絡んで、実にカッコいいですね。

それにしても、A面最後の4曲目「T-Bone Shuffle」とかB面3曲目の「I Don't Know」なども含めて、アルバム収録のどの曲もどこかで耳にした記憶があるような馴染みの曲で、それが実にカッコ良く演奏されているのて、これはロックファンにもすんなり受け入れられそうなアルバムですね。

ちなみに、収録曲の録音は基本的に1970年なのですが、B面2曲目の「This Old Fool」と5曲目の「Honeydripper」(インスト)は別の1972年の録音で、バディ・ガイが、J・ガイルズ・バンドをバックに従えたものです。

アップテンポの「This Old Fool」なんかは、もちろんロックンロール色の強いストレートなサウンドになってますが、これはこれで、なかなか生き生きとした演奏を聴かせてくれて、いいですね。

ということで、元々がギタリスト中心でアルバムを聴いていたもので、ついついバディ・ガイ中心でアルバムを聴いてしまいましたが、シカゴ・ブルースの新世代として1950年代後半に登場して活躍したバディは、1980年代には活動が鈍ったものの、1990年代から活動がとても活発になって、その後ロック系のファンの心も掴んでますよね。

ジュニア・ウェルズはファンキー色の強いブルースマンとして活躍していましたが、1998年1月15日に満63歳で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでバディ・ガイをチェックする。
◆Amazonでジュニア・ウェルズをチェックする。

◆iTunes StoreでBuddy Guy & Junior Wells Plays the Blues - バティー・ガイ & ジュニア・ウェルズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : Buddy Guy & Junior Wells Play The Blues バディ・ガイ ジュニア・ウェルズ

訃報/アルヴィン・リー(Alvin Lee)

訃報が入ってきました。

テン・イヤーズ・アフターのギタリスト、アルヴィン・リーが、2013年3月6日に死去したとのこと。68歳。

シネマトゥデイの記事「テン・イヤーズ・アフターのアルヴィン・リーさんが死去 68歳」から引用させていただくと、

1960年代から70年代にかけて活動したロックバンド、テン・イヤーズ・アフターのアルヴィン・リーさんが現地時間6日、死去した。オフィシャルサイトによると、「通常の手術の後、予期せぬ合併症により死去した」とのこと。


Ten Years After img言わずと知れた、イギリスのブルース・ロック・バンドとして人気を博した、テン・イヤーズ・アフターのギタリスト、アルヴィン・リー。

トレードマークのES-335を抱えて、当時は超絶速弾きギタリストとして有名でしたよね。
ただ、早いだけでなくて、やっぱりカッコ良かったんですよね。

残念ながら、私はリアルタイムの世代ではないのですが、リバイバルの映画で見た、1969年のウッドストック・フェスティバルでの「I'm Going Home」のパフォーマンスは、今でも強烈に印象に残ってます。

心よりご冥福をお祈り申し上げます 。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

◆Amazonでテン・イヤーズ・アフターをチェックする。
◆AmazonでAlvin Leeをチェックする。
◆iTunes StoreでTen Years Afterをチェックする。

◆iTunes StoreでAlvin Leeをチェックする。


このブログ内の関連記事

tag : アルヴィン・リー 訃報 テン・イヤーズ・アフター Ten Years After Alvin Lee

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。