スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レット・ミー・アップ/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

アメリカを代表するロックバンドのトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズで、トム・ペティも大御所といった感じですが、何だか日本ではそれほどの人気を感じられないんですよね。

トム・ペティの独特のつまったような声質にもよるのかな〜、なんてことも思いますが、個人的にはそのシンプルなバンドサウンドをベースにした、時にストレートで、時に味わい深いサウンドはかなり好きで、初期のアナログ盤もそこそこ揃えて聴き込みました。で、今回のアルバムは、

レット・ミー・アップ
Let Me Up (I've Had Enough)

レット・ミー・アップ1987年発表のアルバムです。輸入盤を手にしました。
「サザン・アクセンツ」(1985年)の後にライブアルバム「パック・アップ・ザ・プランテーション-ライヴ」(1986年)が出て、その後のアルバムになりますね。
スタジオ盤としては7作目になります。

プロデュースはトム・ペティとマイク・キャンベル。
ちょうどこの頃の1986年に、バンドはボブ・ディランのバック・バンドとして活動している時期です。

アルバムは「ジャミン・ミー(Jammin' Me)」の軽快なナンバーから始まりますが、全体的にキャッチャーで粒ぞろいうの印象的な曲が多いですね。

B面2曲目のミディアムナンバー「オール・ミックスト・アップ(All Mixed Up)」はちょっとチープなキーボードも聴いていると染みてきて、何だか黄昏れちゃいます(笑)
こういう曲も、このバンドの持ち味ですよね。

最後のアルバムタイトル曲「レット・ミー・アップ-Let Me Up (I've Had Enough)」もシンプルで、渋いスライドギター等を織り交ぜて実にロックしてます。

商業的にはどうだったのか分からないですが、ストレートながらもでバラエティに富んだサウンドは聴き飽きず、結構気に入っているアルバムです。

ちなみにこの後、トム・ペティはボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成したり、1989年には初のソロ・アルバム「フル・ムーン・フィーヴァー」を発表したりと、しばしソロの活動が続きますね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズをチェックする。

◆iTunes StoreでTom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ レット・ミー・アップ Tom Petty & The Heartbreakers Let Me

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。