スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shades/J.J.ケイル

昨年(2013年)、74歳で他界した孤高のミュージシャン、J.J.ケイル
そのシンプルだけど味わいあるサウンドに、何故か惹かれるんですよね。で、今回のアルバムは、

Shades

Shades1981年にシェルターからリリースされた、通算6枚目のアルバムです。

輸入盤ということもあって、相変わらず情報が全然ありません(汗)
ジャケットの裏を見ると、参加ミュージシャンの中にはジム・ケルトナー(ds)、ジェームズ・バートン(g)、レオン・ラッセル(p)らの名前がありますね。

アルバム通してリラックスしたサウンドは、相変わらずのマイペースぶりで、ツボを押さえたギターと、哀愁漂う押さえ気味のヴォーカルはやっぱりいいんですよね(基本的にサウンドはいつも押さえ気味ですけどね)。

J.J.ケイルのサウンドには、様々なルーツミュージックを感じ取れますが、このアルバムについては、ブルースやジャズのエッセンスが強く漂ってます。
まあ、結局はJ.J.ケイルの世界なんですけどね。

ブルースをベースにした曲などでは、結構ギターソロが多いですね。
この人のいぶし銀のギターは大好きなので、嬉しいかぎりです(まあ、渋すぎですが…)。

ただ、人によってはやっぱり飽きちゃうんでしょうね、この淡々とした世界は(汗)

収録曲では、1曲目の「Carry On」は、カントリータッチの、アルバム内では一番キャッチーな曲かもしれません。

A面4曲目「Pack My Jack」は、かなりどっぷりとしたブルースナンバーで、渋いギターソロもたっぷり聴けます。
ただ、途中のギターソロは違うな?と思ったら、ジャケット裏を見たら、ジェームズ・バートンですね。

B面1曲目「Mama Don't」はアップテンポで、J.J.ケイルにしては激しいナンバーですね(笑)
もう一人のギター、レジー・ヤング(すいません、詳しくしりません)と共に、結構ギターを弾いてます。

B面3曲目「What Do You Expect」のピアノにレオン・ラッセルの名前がありますね。そのせいか、ちょっとスワンプっぽいかな。

どの曲もこの人のつぶやくようなヴォーカルは、何とも染みてくるんですよね。
アルバム最後の「Cloudy Day」は、どんよりクラウディな哀愁を帯びたインストでした。

ということで、このアルバムもいつもながらの我が道を行く、J.J.ケイルの世界にどっぷりでした。

それにしても、J.J.ケイルが亡くなったのは、何とも残念ですね。
※J.J.ケイルは2013年7月26日、カリフォルニア州ラホヤの病院で心臓発作で亡くなってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでShades - J.J.ケイルをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : J.J.ケイル Shades 6枚目

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。