スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Juke Joint Jump/エルヴィン・ビショップ

良い意味で、なんとなくあか抜けない感じが、何とも親近感がわく、そんなイメージを勝手に抱きつつ、そのギターや曲に惹きつけられる、エルヴィン・ビショップ。今回のアルバムは、

Juke Joint Jump

Juke Joint Jump1975年発表で、中古の輸入盤を手にしました。
〜グループや〜バンド名義も含めて、ソロになってから5枚目のアルバムで、前作「Let It Flow」から、レーベルが南部のキャプリコーンですね。

基本にある、ブルージーでソウルフルなサウンド、そして、ギターの相変わらずのご機嫌さは変わりませんが、泥臭さやどっぷりとしたブルースという感じではありません。
(どうしても、バターフィールド・ブルース・バンドの頃のイメージと比べてしまいます)

アルバムは、1曲目のタイトル曲「Juke Joint Jump」から、歯切れのいいギターとリズムがまずはいいですね。とても印象的です。

A面3曲目「Rollin' Home」の、会話のように何やらやりとりしながら進むラフな曲も、何ともこの人らしいです。

前作の肩の力の抜けた、南部色の強いサウンドを引き継ぎつつも、このアルバムでは、より陽気にファンキーに、そして、曲によってはかなりポップ路線も聴かれます。

B面1曲目の「Sure Feels Good」なんかがその路線で、実はこういうポップな曲も結構得意とするところなんですね。

ちなみに、このアルバムでは、B面4曲目のジョン・リー・フッカーの「Crawling King Snake」以外は、共作1曲を含め、全て自作ですね。

収録されている曲調自体は、結構バラエティに富んでいる、とも言えるのですが、結局、ファンキーな曲もポップな曲も、何と言いますか、この人の歌とギターとノリによって、心地の良い素朴さが漂い、何とも人懐っこい感じがしてきます。

それが、エルヴィン・ビショップの味わいになってるような気がしますし、実際、そこらへんに惹かれるんでしょうね。

ところで、ちょっと目にしたのですが、今年(2012年)のフジロック・フェスティバルにエルヴィン・ビショップが来日してたんですよね。
しかも単独ライブもあったとか。
北海道には来ないよな〜。あ〜、都会はうらやましいべさ〜


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
このアルバムと、次に出された「Struttin' My Stuff」を一緒にしたCDがあるんですね(勉強不足ですいません)。「Juke Joint Jump & Struttin My Stuff


◆iTunes StoreでElvin Bishopをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : エルヴィン・ビショップ Juke Joint Jump

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。