スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリームの素晴らしき世界(Wheels of Fire)/クリーム〜ジャック・ブルースの訃報

先日、元クリームのメンバーとして有名なベーシスト、ジャック・ブルースが、10月25日(2014年)に亡くなったという訃報が流れました。享年71歳でした。

ジャック・ブルースは1943年スコットランド生まれで、1966年に結成したご存知クリームでヴォーカル、ベースを担当し、そのソロを弾くような圧倒的なベースと迫力のヴォーカルで知られていますよね。

その後、ソロとして活動していますが、個人的にはクリームの頃しか聴いたことがなく、しかも、所有しているクリームのアルバムは、残念ながら「クリームの素晴らしき世界」だけなんです。

クリームの素晴らしき世界(Wheels of Fire)

Wheels of Fire1968年発表の2枚目のアルバムですね。
名盤と知られているこの2枚組を買ったのは、確か中学校の頃だったと思うのですが、「ERIC CRAPTON オリジナル名盤」という国内盤での再発シリーズで、2枚組が2,500円だったので、頑張って買った記憶があります。

当時はエリック・クラプトンを一生懸命聴いていた時期で、アルバムの中でも、正直、クラプトンのソロがふんだんに聴くことのできる曲に注目してました。「ホワイト・ルーム」や「クロスロード」、「スプーンフル」といったところですね。

2枚組のアルバムは、1枚はスタジオ盤で、1枚はフィルモアでのライブです。
で、実際、アルバムを聴いてみると、まずは、1960年代にこの内容のアルバムが完成しているというのが驚きですね。

1曲目から、あの名曲「ホワイトルーム」ですからね。
最後のギターソロに入る前の間が、なんともゾクゾクするんですよね。

アルバムには「トップ・オブ・ザ・ワールド」や「悪い星の下に」、「クロスロード」、「スプーンフル」といったブルースの名曲をアレンジしたものも収録されているのですが、改めて聴いてみると、時代を反映してか、サイケデリックの香りが結構しますよね。

中でも、ジャック・ブルースのグイグイ引っ張っていくベースと、迫力あるボーカルは、かなりそのサウンドに効いてます。

1966年から68年のたった2年程の活動ですが、きっと当時のそのインパクトは計り知れないものだったのでしょうね。

今回、ジャック・ブルースへの哀悼の意をこめて、久しぶりにこの「クリームの素晴らしき世界」を聴いたのですが、やっぱり名盤ですね。
カッコいいです。

偉大なベーシスト、ジャック・ブルース氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


参考:クリームの活躍で知られるベーシスト、ジャック・ブルース(Jack Bruce)が死去のニュース。享年71歳。 | ローカルブロガーのメモ帳

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでWheels of Fire (Remastered) - クリームをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
このブログ内の関連記事

tag : クリーム ジャック・ブルース 訃報 クリームの素晴らしき世界 Wheels of Fire

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。