スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのライブ・アルバム「Pack Up The Plantation - Live!」

これまで出てきたミュージシャンと若干イメージが違うようにも感じられますが、おじさんの中では一緒なんです。

元々、トム・ペティはニュー・ウェイブ系のような扱いで登場してきたようですが、そもそも最初に耳にしたアルバムが1985年発表の「Southern Accents」からの曲で、渋い曲からポップな曲まであり、純粋にアメリカン・ロックをストレートに聴かせてくれるミュージシャンという印象でした。

で、最初に手にしたアルバムなんですが、その「Southern Accents」ではなくて、次に出たアルバムです。
トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの、

Pack Up The Plantation - Live!

Pack Up The Plantation: Live!1986年発売の2枚組のライブ・アルバムですね。

1曲目の、バーズの「ロックン・ロール・スター」からしてそうですが、そのバーズのカバーや南部の香りのする曲等もあったりして、この人の基本はやはりそこら辺、愛すべきアメリカン・ロックにあるのかなぁ、と再確認したものです。

何と言っても、ストレートなバンド・サウンドが魅力ですが、ちょっと鼻がつまったような甲高い声に、好みが分かれる所かもしれません。
しかし、それも含めて気に入ってしまいました。

レコードの中で観客が大合唱している「ブレイクダウン」なんかはライブの魅力いっぱいで、是非、スタジオ・ヴァージョンも聴いてみたくなりましたね。
それに、何と言ってもマイク・キャンベルをはじめとしたハートブレイカーズの演奏が臨場感たっぷりで良いですね。

このアルバムでもう一人、参加している人で気になる人物がいて、それが、スティービー・ニックス。

言わずと知れた、フリートウッド・マックのヴォーカリストですが、この頃は、ソロ活動を活発に行っていた時期のようですね。

フリートウッド・マック自体は、この時点では、アルバムは持っていなかったのですが、お決まりのカセット・テープでよく聴いていて、この人の歌声が好きだったんですよね。
トム・ペティとの掛け合いが、何ともハマっています。

トム・ペティは何だか気に入ってしまって、この後も結構聴く事になりました。
ただ、このライブ・アルバムは特別で、個人的に何故かしら聴くと元気の出るレコードで、勢いつける時によく聴いていました(笑)。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでTom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ Pack Up The Plantation トム・ペティ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。