スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビハインド・ザ・サン/エリック・クラプトン

この頃はクラプトンも現在進行形で聴いていたので、新譜で購入しました。

ビハインド・ザ・サン」(Behind the Sun

ビハインド・ザ・サン1985年発表です。
マネー・アンド・シガレッツ」(1983年)の次のアルバムですが、このアルバムから、サウンドが大きく変わりましたね。

ギターの音もハードになって、音作りもポップで重厚な一般受けしそうなサウンドになっています。

従来からのクラプトンファンにはちょっと…、というのが正直なところでしょうか。
プロデュースにフィル・コリンズの名前がありますし、シンセも大幅に取り入れられています。

ただ、やはりクラプトンです。
「フォーエヴァー・マン」とかヒットしましたよね。テレビでよく観ましたし、なんだかメディアでの取り上げられ方がそれまでと違う感じがしました。持ち上げ方が凄かったような記憶があります。

このアルバムあたりから、クラプトンがよりメジャーに、ギターの神様としてだけではなく、より音楽界一般に広く知れ渡り始めたのでないでしょうか。
そういう意味では転機になったアルバムかもしれませんね。

ただ、「セイム・オールド・ブルース」等のギターを聴けば、クラプトン健在といった感じで弾きまくっていて、嬉しくなってきます。

個人的には元気なクラプトンを聴く事が出来て、よかった、という感じでしょうか。

それにしても、実は久しぶりにこのアルバムを聴いたのですが、レコード盤がピカピカでした(笑)。
(聴いてないんですね…)


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBehind the Sun - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エリック・クラプトン ビハインド・ザ・サン フォーエヴァー・マン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。