スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Legend In His Own Time/ライトニン・ホプキンス

テキサス・ブルースの巨人、ライトニン・ホプキンス、「不良おやじ」ですね。

購入時期は覚えていないんですが、昔はブルースというレコードを手にすること自体が難しかったので(特に地方では)、このようなブルース史上で大きな足跡を残している人のアルバムを一生懸命探したものです。

で、手にしたのは、一見誰のアルバムか分からない、

Anthology of the Blues
“LIGHTNIN' HOPKINS”
A Legend In His Own Time

A Legend In His Own Time中古の輸入盤を購入しました。
ジャケットには黒人の子供が写っており、ジャケットの文字をよく読まないと誰のアルバムか分からないんですよね。
なので、ライトニン・ホプキンスのアルバムだと確認できた時はちょっと嬉しかったですね。

KENTレーベルの“ARCHIVE SERIES”というシリーズでリリースされているもののようですが、発売年を含めて詳細は分かりません。

裏ジャケットを見ると、録音はテキサス州のヒューストンで1950~51年に行われたもののようで、先に登場したアルバム「STRUMS THE BLUES」が1946~48年の録音ですから、そのすぐ後ですね。
まだ初期とも言えますが、ちょうど録音を多数残していた時期でしょうか。

全曲弾き語りですが、低音を鳴らしながら高音部のメロディーやリズムをスムーズにかき鳴らすギターは相変わらず上手いですね。
対してヴォーカルは相変わらずダーティに唸ってます。
一曲だけピアノを弾いているようで、なかなか芸達者なんですね。

ただ、数曲で、ほのぼのとしたカントリー・ブルースも聴かせてくれていて、「ローダウン&ダーティ」とは違った面も見られましたし、全体的にもやや軽快な印象も受け、聴きやすいとも言えるかもしれません。

とはいっても、やっぱりライトニン・ホプキンスのディープな世界です。
深いです。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。
◆Amazonでライトニン・ホプキンスをチェックする。

◆iTunes StoreでLightnin' Hopkinsをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ライトニン・ホプキンス A Legend In His Own Time Lightnin Hopkins

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。