スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Stone Down Blues」/ギター・スリム・グリーンって誰?

誰なんだ!あなたは!って感じです。今でも。

ギター・スリムと間違ったわけではない…、と言いたいところなんですが…。

そのギター・スリムのアルバムのライナー・ノーツに、中村とうよう氏がギター・スリムと間違ってギター・スリム・グリーンを買ったという事が余談で書いてあって(記事はこちら)、まさにそんな感じなんです。

つまり、間違えて買った、
ギター・スリム・グリーン(Guitar Slim Green)の、

Stone Down Blues

Stone Down Bluesジャケットには何とジョニー・オーティスと息子のシュギー・オーティスの名前があるんですよ。
With Johnny and Shuggie Otis となってますからねぇ。

そういえば、シュギー・オーティスが参加した「クーパー・セッション」の記事を書いた時は忘れていたのですが、彼の演奏はここでも聴いていました(詳しくはこちら)。

それにしても、ギター・スリム・グリーンという人のことがまったく分かりません。

曲はというと、ジャケットの素朴さに比べて、いきなりモダンな音が聴こえてきてビックリです。
Otis親子は完全なサポートとして、バックを支えている感じですが、それにもよるんでしょうね。

シカゴ・ブルースを思わせる、ギターとヴォーカルを聴かせてくれていて、かなりどっぷりと迫ってきます。
ただ、それ以上でも以下でもないといった感じが正直なところですが…。
アルバムは3人だけで録音されているようですが、それもよく分かりません。

購入したのは輸入盤なので、詳しいことは本当に分からないんですが、どうやらNorman G. Greenという名前で、1920年テキサス生まれで、このアルバムは恐らく1970年のもののようです。
(1975年にロサンゼルスで他界しているようです)

誰なんだ!あなたは!

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ギター・スリム・グリーン Stone Down Blues ジョニー・オーティス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。