スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女たち/ローリング・ストーンズ

ストーンズのレコードはパラパラと持っているのですが、当然購入時期はさっぱり分からなくなってしまっています。

なので、どうしようかなと思ったのですが、これまでこのブログには「ラヴ・ユー・ライヴ」と「アンダーカヴァー」が出てきたので、この間にリリースされたスタジオ・アルバム3枚について、順番につぶやきたいと思います。
となるとまずは、

女たち」(Some Girls

女たち1978年発表。
アルバムとしてはライヴの「ラヴ・ユー・ライヴ」の後で、スタジオ・アルバムとしては「ブラック・アンド・ブルー」(1976年)の次ですかね。
このアルバムはかなり評価が高いんですよね。実際カッコいいですし。

といっても正直、1曲目の「ミス・ユー」を初めて聴いた時は、サウンドを変えたのか~と、ビックリしましたね。
これって、当時流行し出したディスコ・ビートというやつですものね。

しかし、聴き込んでいくと、その他、ストレートなロックや横揺れのロック等、バラエティに富むも、極上のストーンズ・サウンドがアルバム通して聴く事ができますよね。

とにかく、良い曲ばかりなんですよね、収録曲が。
個人的には「ビースト・オブ・バーデン」とか、こういう曲が好きなんですよね~。体が横揺れしてきます。

まあ、ストーンズについては、ここで今さらどうのこうの言わなくても…、というところですよね。
久しぶりに、スカッとアルバムを楽しみましたし。

ちなみに、前作「ブラック・アンド・ブルー」でロン・ウッドが初めて参加していますが、正式なメンバーとしてのスタジオ・アルバムはこれが初めてなのかな?
このアルバムでもキースとの抜群のギターの掛け合いを聴く事ができますよね。
ご機嫌です!(すいません、ロン・ウッドが好きなもんで…)


あれ?この記事を書いていて思い出したんですが、このアルバムは友人から譲ってもらった物かも…。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSome Girls (Deluxe Video Edition) - ザ・ローリング・ストーンズをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ローリング・ストーンズ 女たち ミス・ユー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。