スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク/ザ・バンド

ザ・バンドの記念すべきデビューアルバムであって、歴史的名盤でもありますね。

ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク

ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク1968年の発表ですが、国内再発盤を手にしました。

この前の話(ブログ記事はこちら)の続きですが、映画「ラストワルツ」を観てザ・バンドのファンになって、代表的なこのアルバムをまずは購入したんですよね。

ただ、土の香りのするシンプルで力強いサウンドは、手にした時に高校生だった私にはちょっと早かったのかも知れず、最初に聴いた時は、映画で観たときのような高揚感は実はなかった、というのが正直な気持ちなんです。

当時一番聴いていたクラプトンがこのアルバムを気に入っているとか、映画「ラストワルツ」でのロビー・ロバートソンのギターに痺れてしまったとかの準備はあったのですが、あまりに渋くて…
ちょっと背伸びしすぎた感じでしたね。

ただ、年を重ねて聴けば聴く程、その味わい深いサウンドに引き込まれていく感じで、何度も何度も繰り返し聴いたものです。

名曲「ザ・ウェイト」と「アイ・シャル・ビー・リリースト」は当然ながら、このアルバムは何回聴いてもいいですよね。

ボーカルは主に3人がとってますが、個人的にはリチャード・マニュエルの歌声が大好きだったので、1986年に自殺したとの報を聞いたときはショックでした。

その後一度だけ東京にいるときにライブを見る事ができたんですが、ロビー・ロバートソンは当然いないものの、リチャード・マニュエルの声が聞けなかったのが本当に残念でした。
その後、リック・ダンコも亡くなっているんですよね(2012年4月には、リヴォン・ヘルムも亡くなってます)。

ただ、ザ・バンドは今でも大好きなバンドのひとつです。

ちなみこの時購入したアルバムは再発の「ROCK GREATEST 1800」というシリーズで、値段が1,800円と安くなっており、時々名盤シリーズと銘打って再発されるこのようなシリーズは小遣いでやり繰りしていた高校時代の私には本当にありがたかったです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

※画像等を追加しました(2011.1.12)

◆iTunes StoreでMusic From Big Pink - ザ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ザ・バンド ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク ザ・ウェイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。