スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimme Some Neck/ロン・ウッド

ストーンズを聴きだした頃は、ギタリストはミック・テイラーからロン・ウッドに変わった頃だったんですが、キース以上にロン・ウッドのギターが気になってしまいました。

フェイセズにいたことは知っていたものの、当時はフェイセズのアルバムはまだ聴いた事がなく、更にソロ・アルバムについてはまったく状況を知らなかったのですが、高校生の頃に、レコード店で何気にソロ・アルバムを発見して手を出しました。

Gimme Some Neck

Gimme Some Neck1979年発表。
輸入盤を購入したので詳しい事は分からず、今もよく分かってないのですが、ソロとしては3作目なのかな。
年度を見ると、既にストーンズのメンバーになっていますね。
「女たち」と「エモーショナル・レスキュー」の間ですかね。

ミック、キース、チャーリー・ワッツにイアン・マクレガン等も参加しているようです。

この人の演奏は、どうのこうのではなく、ストレートにロックを楽しんでいる感じが伝わってくるんですよね。
ギターもラフなんですが、何だかカッコいいし、スライドもいいです。
歌は上手いわけではないんですが、しゃがれた声が妙にサウンドに合ってるんですよね。

1曲目の「Worry No More」は土臭く、南部っぽい音でいい感じです。
B面1曲目にはボブ・ディラン作の「Seven Days」が収録されていますが、思いっきりラフに演奏してますね(笑)。

肩ひじ張らず、リラックスしていて、何だかフレンドリーな気がして、そのように感じさせてくれる音に、何だか惹かれます。
それもこれも、交友関係がとても広いことからも伺える、この人の人柄なんでしょうかね。

初めて手にしたロニーのソロ・アルバムという事もあって、ご機嫌なロックを楽しめるこのアルバムは結構気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでGimme Some Neck - ロン・ウッドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ロン・ウッド ソロ Gimme Some Neck Ronnie Wood

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。