スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン(JOHN MAYALL AND ERIC CLAPTON)

ギター少年がクラプトンに興味を持つと、次はブルースと言うのがどんな音楽なのかと気になりだす。
おそらくこのパターンは結構多いと思います。私もその一人。

そして、そのパターンでおそらく手にする人が多いだろうアルバムが、

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトンオリジナルは1966年発売ですが、私が購入したのは「ブリティッシュ・ロック名盤1600シリーズ」というシリーズで(当然価格は1,600円で、高校生でも何とか買えました)、LONDONレコードから1978年に再発されたもので、ラーナーノートは何とクラプトンの奏法解説が中心という、まさに「ギター少年達よこのアルバムを聴け~!」という感じです。

曲はオーティス・ラッシュの「オール・ユア・ラブ」にフレディ・キングの「ハイダウェイ」にと名曲揃いの上、クラプトンのブルースギター満載で、まさに教則本といったところです。

ジャケットの背には「JOHN MAYALL AND ERIC CLAPTON」と書いてあるだけなんですが、色々種類があるのかな?(ここら辺が勉強不足で曖昧です)
ちなみに、帯は「エリック・クラプトンとジョン・メイオール」と順番が逆になっていて、確かにジョン・メイオールは知名度でいうとクラプトンより落ちるのかもしれないが、今見るとちょっと納得いかないですね。

ジョン・メイオールのところには、ピーター・グリーンやミック・テイラーまでもが在籍していたんですから、本当にブリティッシュ・ブルースの父ですよね。

そういえば表ジャケットのタイトルが「~WITH~」ではなく「~AND~」というのがあったような…。う~ん、曖昧ですいません。どこかに詳しい方がいるだろうから調べてみよう。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

※画像等を追加しました(2011.1.12)

◆iTunes StoreでBluesbreakers With Eric Clapton (Deluxe Edition) - ジョン・メイオール & The Bluesbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョン・メイオール エリック・クラプトン JOHN MAYALL AND ERIC CLAPTON

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。