スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒船/サディスティック・ミカ・バンド

前回まで脱線ながらも高中正義特集だったので、その関連という事で。

高中正義さんを追いかけていた高校生の頃、元々参加していたバンドだということで気にはなっていたのですが、もちろんどんなサウンドかは知りませんでした。サディスティック・ミカ・バンドです。
で、レコード店で見つけて買いました。

黒船

黒船1974年発表でしょうか。買ったのは中古の国内盤です。
サディスティック・ミカ・バンドとしてはセカンドアルバムですね。

メンバーが、加藤和彦・ミカ・高橋幸宏・小原礼・今井裕・高中正義。う~んすごいです。
プロデューサーのクリス・トーマスも有名なんですよね(よく知りませんが…)。

このアルバム、完成度が高くてセンスが良くて、本当に素晴らしいですよね。

黒船(裏)当時、日本のロックというのはあまり聴いてなかったんですが、この時代に日本にもこんな凄いバンドがいたんだと、嬉しくなったのを思い出します。
(これをきっかけに、日本のロックも少しは聴くようになりましたからね)

ファースト・アルバムがロンドンで評判となり逆輸入という形で日本でも評価されたというのは有名な話ですが、まだまだ当時の日本にこの音を受け入れる下地がなかったんでしょうかね。
やはり加藤和彦氏がすごいんでしょうね。

曲はどれも良いですが、「黒船」のメドレーはかなり好きです。
「タイムマシンにおねがい」は当時から好きでしたが、2006年に木村カエラをボーカルに迎えてCMに出てきたときは、食いついてしまいましたねぇ。実はCDも買っちゃいました。
(そういえば、桐島かれんをヴォーカルに迎えてアルバムを出した事もありましたね)

サディスティック・ミカ・バンド関連のアルバムで持っているのは残念ながらこの1枚のみですが、2009年に加藤和彦氏の訃報を聞いた時には、改めてこのアルバムを聴いたものです。

最後の曲の「さようなら」が何だか心にしみます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes Storeで黒船 - サディスティック・ミカ・バンドをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : サディスティック・ミカ・バンド 黒船 加藤和彦 高中正義

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。