スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE STORY OF THE BLUES

前回の内容を受けて、戦前ブルースのレコードについて、何枚か続けてつぶやきたいと思っています。

その前回登場した書籍、ポール・オリヴァーの「ブルースの歴史」(記事はこちら)。
先にこの本を読んでいたのですが、この本に刺激を受けて、より一層ブルースを深く知りたくなっていたところで見つけたのが、今回登場するアルバムです。

見つけたときはかなり興奮しましたね。そのドキドキ感は分かる方には分かってもらえると思うのですが。
何と言ってもその本とタイアップしているアルバムですから。

THE STORY OF THE BLUES

THE STORY OF THE BLUES輸入盤で、発売年度等はちょっと分からないのですが、2枚組で、当然、ほとんど初めて聴く曲ばかりでしたが、戦前ブルースを中心にディープな世界が展開されています。

各面はそれぞれテーマによって分けられています。

A面は「ブルースの起源」
いきなり、ガーナのフラ・フラ族による歌から始まるA面には、大御所チャーリー・パットン、ブラインド・レモン・ジェファーソンらのカントリー・ブルースの名演が収録されています。

THE STORY OF THE BLUES裏B面は「ブルースとエンターテイメント」
テーマの通り、ベッシー・スミスやジャグ・バンド等のバンド演奏を聴く事ができます。

C面は「30年代、都市と田舎のブルース」
当時のシティ・ブルースとデルタ・ブルースですね。
シティ・ブルースではリロイ・カー、デルタ・ブルースではロバート・ジョンソンやブッカ・ホワイトらが収録されてます。

D面は「第二次世界大戦と戦後」
ビッグ・ビル・ブルーンジーらを聴く事ができますが、さすがに戦後となるとそうそうカヴァーできないですよね。とりあえずエルモア・ジェイムスらが収録されています。

パチパチとしたノイズとややこもった音の向こうにブルースの歴史が流れていて、その時代の音に触れる事のできた感動は強かったですね。

ヴォーカルにギターにと、普通の言い方ですが上手いんですよね。その技術の高さにまず聴き入ってしまいます。
これは、本当に深くてとんでもない世界に足を踏み入れた感じです。
しかも、当時は取り憑かれてしまったんですよね、この世界に。

各ブルースマンは一曲ずつの収録ですから、その特長が分かるとまではいきませんが、これをもとに自分なりに気になったブルースマンを改めて追いかけたものです。
といっても、当時はそのようなアナログ・レコードはそう簡単に見つけられるものでもなかったですが…。

ちなみに国内盤はジャケット違いで出されているようですね。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
後半の曲がレコードと違い、曲もかなり追加されているようですが、元は同じ物と思うのですが…。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : THE STORY OF BLUES 戦前ブルース ポール・オリヴァー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。