スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Country Blues

高校生の頃から、じわりじわりとハマっていった戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

2回続けて名前が出てきたポール・オリヴァーと並んでブルースについての様々な著書を出している、サミュエル・チャーターズ(Samuel B.Charters)。
中でも有名な彼の著書「The Country Blues」(1959年)は残念ながら、読んだ事はないのですが、今回引っ張り出してきたのは、これと同じタイトルのオムニバス盤、

The Country Blues

The Country Blues輸入盤で詳細がほとんど分からないのですが、ジャケットにはサミュエル・チャーターズ編集のアルバムとなっていますので、恐らく前回の「THE STORY OF THE BLUES」と同様のタイアップのアルバムでしょうか。

中の英語の解説にも名前がありますが、英語が苦手で、詳細が…。残念。(どこかに情報があるだろうか)

RBF Recordsから1966年に出されているようです。
とにもかくにも、深い深いブルースの源流、戦前カントリー・ブルースがそこに流れているんですよね。

初めて聴くロニー・ジョンソンの洗練されたブルースには興味がひかれました。
憂歌団もやっていた、メンフィス・ジャグ・バンドの「スティーリン、スティーリン」を聴く事ができます。
ジャグ・バンドは賑やかで楽しいですよね。ギター中心のデルタ系やシティー系の他、そっち方面も気になりました。

ビッグ・ビルの名曲「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」はやはりいいですねぇ。
その他、ブラインド・レモン・ジェファーソン、スリーピー・ジョン・エスティス、ロバート・ジョンソンやブッカ・ホワイト等々、それぞれ一曲ずつの収録ですが、全14曲で聴きごたえがあります。

この頃は、戦前ブルースマン単独のアルバムを見つけることは、地方では至難の業でした。
なので、このようなオムニバス盤を手にできた事は、戦前ブルースを知るのに本当にラッキーだったと思います。

ただ、なかなか続けて手に入らなかったんですよねぇ。
もどかしかったです。

それにしても何ででしょうかね、詩の内容も分からず、歴史的背景もさほど知らず、なのにこれだけ惹かれるのは。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : The Country Blues サミュエル・チャーターズ 戦前カントリー・ブルース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。