スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leadbelly/レッドベリー

先日の「THE STORY OF THE BLUES」に収録されていたブルースマンのレコードはいつも気にして探していたのですが、やはり当時は地方ではほとんど見かける事はできなかったですね。

しかし、ある時、その中の一人の名前をレコード店で発見してしまいました。
本当は他の有名なロック・アルバムを買いたいところでしたが、これを逃しては次は無いかもしれないと、「THE STORY OF THE BLUES」で一曲しか聴いた事の無いその人のアルバムに手を出しました。
それがレッドベリーの、

Leadbelly
(Includes Legendary Performances Never Before Released)

Leadbellyうろ覚えでいい加減なことを書いてしまったら申し訳ないのですが、分かる範囲でちょっと調べてつぶやきます。

この人、経歴がもの凄すぎて、ただでさえ昔の話なのに追いかけきれませんからね。
数回投獄されていて(顔もかなり厳つくて、怖いですね)、そこで黒人音楽家として「発見」されているようで、黒人音楽紹介のために国会図書館用にかなりの録音を残しているようですね。

この人の場合、ブルースマンというより、当時の様々な黒人大衆音楽や伝統音楽を歌い、演奏していた「ソングスター」と呼ばれるようで、それをレコードに残し後世に伝えた重要なミュージシャンですね。
フォークソングのスタンダードも数多く残しているようです。
だからこそ、ブルースだけではなく、当時の黒人音楽の様子をより一層うかがう事ができますよね。

ブラインド・レモン・ジェファーソンとも一緒に行動していて、ブルースについては影響も受けているようです。

購入したアルバムは輸入盤で、やっぱり内容詳細は残念ながら良く分からないのですが、どうやら音楽学者のジョン・A・ロマックスとアラン・ロマックスの親子によって1936年に収録されたもののようで、やはりブルースという範囲だけではなく、フォーク・ソングともいえる素朴な曲も聴かせてくれています。

12弦ギターを使用していますが、そのテクニッックは素晴らしいですね。見事な演奏です。
スライドも弾いていて、収録曲の「C.C.Rider」は非常にいい感じです。
武骨に、時に朗々と歌い上げるそのヴォーカルも、また味がありますよね。

この人のレコードを聴いて、ブルースに限らない黒人音楽という世界がちょっとだけ広がったような気がしました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでLeadbellyをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : レッドベリー Leadbelly ソングスター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。