スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Naptown Blues 1929-1934/リロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェル

戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

いつものようにレコード店を巡っていて、「この名前は確か!」って感じで、この頃はまずは古いブルースのレコードに優先して手を出していました。
何と言っても、戦前ブルースのレコードは地方ではなかなか手に入りませんでしたから。

今回も先に登場済みの「THE STORY OF THE BLUES」(記事はこちら)で一曲だけ耳にしたブルースマンのアルバムです。
そうそう、「The Country Blues」(記事はこちら)でも一曲収録されていました。

手に入れたアルバムは、リロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェルの、

Naptown Blues 1929-1934

Naptown Blues 1929-1934中古の輸入盤で、Yazooからのものです。このレーベルにも随分とお世話になりましたねぇ。

何と言っても、名シンガーでありピアニストであるリロイ・カーです。
「メランコリック」、「甘酸っぱい美しさ」なんて言葉をよく目にします。

相棒の名ギタリスト、スクラッパー・ブラックウェルとのデュエットで都会的で洗練されたスタイル、シティ・ブルースを確立した歴史的にも偉大なブルースマンですよね。

その洗練されたブルースは戦前ブルースと言っても、やはりカントリー・ブルース系とはまったく趣が違いますね。
アルバム・タイトルにもあるように、1929-1934の録音ですが、この時代にこの音楽性ですからね。凄いです。
何だか、ちょっとシャレたブルースです。

ステディなピアノの伴奏の上に、ギターが絡んでくるというこのスタイル、そしてそのブルースは歴史的にもかなり重要で、明らかに後のバンド・サウンドに大きな影響を与えているような演奏ですよね。
また、当時の様々なブルースマン、例えばロバート・ジョンソンなんかにもかなりの影響を与えているそうです。

それと、どうしてもギターに耳がいってしまうんですが、歌やピアノに絡んでくるスクラッパー・ブラックウェルのギターは素晴らしいですね。その後のブルース・ギターの伴奏そのものですよね。
チョーキングなんかも使ってます。

リロイ・カーのアルバムとしては「Blues Before Sunrise」が有名ですが、残念ながら、持っているのはこの1枚のみです。
が、今回改めて聴いて、やっぱりいいですね。もうちょっと聴きたくなりました。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでLeroy Carrをチェックする。

◆iTunes StoreでLeroy Carr & Scrapper Blackwellをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : リロイ・カー スクラッパー・ブラックウェル Naptown Blues シティ・ブルース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。