スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Big Bill Broonzy 1935-1941/ビッグ・ビル・ブルーンジー

戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

今回もまた、先に登場済みの「THE STORY OF THE BLUES」(記事はこちら)と「The Country Blues」(記事はこちら)とで一曲ずつ耳にしたブルースマンのアルバムです。

購入時期は忘れましたが、いつものように名前を目にして、何はともあれ、とにもかくにも、手にしました。
ビッグ・ビル・ブルーンジーの、

Big Bill Broonzy 1935-1941

Big Bill Broonzy 1935-1941中古の輸入盤ですが、詳細はさっぱりわかりません。どうやらオーストリア盤のようです。
有名なアルバムは他にもあるようですが、そう都合良く見つける事はできませんからね。

戦前ブルースというくくりでいうなら、後期になりますね。
この人はレコーディングを大量に残しているようですが、このアルバムの時期が全盛期のようです。

ここでも「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」が収録されているのですが、どうしてもこの曲に耳がいってしまうのは、やむを得ないですね。
ただ、このアルバムにはグループ名義の作品が多く収録されていて、ちょっとメインの作品群ではないのかな?

ビッグ・ビルはミシシッピ生まれですが、アーカンソーに移り、後にシカゴに移った頃から本格的にブルースを“勉強”していったようです。そのせいか、彼のブルースにデルタ系の香りはほとんどしませんね。

前回のリロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェルに続く、シティ・ブルースなのでしょうが、そのサウンドは既に後のシカゴ・ブルースの原型ともいえるスタイルでしょうか、バンド形式の演奏が聴く事ができます。
その中でのギターがまた良いですよね。

ちなみに彼にギターを教えたのは、パパ・チャーリー・ジャクソンというミュージシャンだそうで、また新しい名前が出てきてしまいましたが、まあ、こうやって、色々とミュージシャンの名前を覚えていくんですよね。

1950年代にはヨーロッパを広範囲にわたってツアーし、白人の観衆たちの前でソロでのフォーク・ブルースを演奏していたそうです(それを求められたという事のようです)が、1958年に亡くなってます。

ブルースの歴史上、偉大なブルースマンですね。

※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。ジャケットは同じですが、所有のものは1935-1941で、こちらは1935-1947と収録年の範囲が広く、収録曲も多いようです

◆iTunes StoreでBig Bill Broonzyをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ビッグ・ビル・ブルーンジー Big Bill Broonzy 1935-1941 戦前ブルース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。