スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Papa Charlie Jackson 1925-1928/パパ・チャーリー・ジャクソン

戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

他にまだまだ先に聴いた方がよいブルースの名盤があるのは分かっているのですが…。
手にした当時は、自分でもちょっとマニアックだったかな~、と思いました(笑)
でも、せっかく出会ったんですからね、このアルバムと。

それが、前回のビッグ・ビル・ブルーンジーの話でも出ました、彼にギターを教えたというパパ・チャーリー・ジャクソンの、

Papa Charlie Jackson 1925-1928

Papa Charlie Jackson 1925-1928当然、中古の輸入盤で、このアルバム自体は1972年に発売されたもののようです。

1920年代からのベッシー・スミスら女性歌手による、クラシック・ブルース全盛の頃、なかなか男性ブルース・ミュージシャンが注目されることがなかったようなのですが、きっかけになったのが、このパパ・チャーリー・ジャクソンだったそうです。

ブルース以前の伝承的なスタイルも聴かれるその音楽は、プリ・ブルースと呼ばれるようですね。

使っているのはギターではなく、6弦バンジョーなんですが、これが何とも曲調にハマってるんですよね。
当時の大衆音楽というのはこんな感じだったのでしょうかねぇ。

ソングスターといわれる、当時の黒人大衆音楽や伝統音楽を歌い、演奏するスタイルと、ブルースという音楽が形作られていった時期の、ちょうど過渡期に活躍していたミュージシャンということなので、民間伝承的なレパートリーの中にもブルースの香りが漂っている、という感じでしょうか。

ブルース前史を語るのに欠かせないミュージシャンということですね。
それにしても、レコードのパチパチというノイズの向こうは、1920年代に録音された音楽なんですからね。当時に思いを馳せてしまいます。

ただ、改めて聴くと、そんな事抜きでも充分楽しめる音楽、そしてアルバムでした。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでPapa Charlie Jacksonをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : パパ・チャーリー・ジャクソン Papa Charlie Jackson 1925-1928 プリ・ブルース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。