スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ishman Bracey(1928-30)/イシュマン・ブレイシー

戦前ブルースのレコードについて、続けてつぶやいています。

当時は戦前ブルースマンの予備知識はほとんどなく、当然その音も聴いた事がないのですが、ジャケットに記載されている、その年代を目にするとどうしても手が出てしまうんですよね。
是非、聴いてみたい、これを逃すともうお目にかかる事ができないかもしれないと…。

ということで手を出したのが、かろうじて名前だけ聞いた事のあったイシュマン・ブレイシーの、

Ishman Bracey(1928-30)

Ishman Bracey(1928-30)チョビヒゲの顔がなかなか強烈ですね(すいません)。
中古の輸入盤ですが、裏ジャケットにはポール・オリヴァーの文章が…。ただ、英語が良く分からない…(情けない…)。

イシュマン・ブレイシーはミシシッピでもデルタではなくジャクスンで活動したブルースマンですね。
ジャクスンのブルースではトミー・ジョンソンが有名ですが、彼と交流のあったこのイシュマン・ブレイシーもまたジャクスンのブルース・シーンを代表する存在のようです。

そのブルースはデルタ系程の重々しさはないですね。個人的には牧歌的な感じさえもします。
ちょっと潰れたような、細かいヴィブラートがかかったヴォーカルは、力強くなかなか味わい深いです。

A面では、勉強不足でよく知らないのですがチャーリー・マッコイという人のギターの伴奏がつく曲が特に聴きごたえがあります。
(イシュマン・ブレイシーはギタリストとしては、特に傑出していたわけではないようです)
その他の弾き語りの曲も含めて、力強いヴォーカルが素晴らしく、良いですね。

B面はニューオーリンズ・ニハイ・ボーイズ名義でクラリネットとピアノが加わった曲が多く収録されていて、モダンな感じが面白い作品ですが、ちょっと散漫な印象もしてしまいます。というか、ヴォーカルがあまり表に出てこないので残念。ただ、曲は楽しいですね。

その後、イシュマン・ブレイシーは歌は捨てて、説教師になっちゃったそうです。
1960年代に「再発見」されてもブルースは歌わず、1970年に他界しています。

数回にわたって続けていた戦前ブルースのつぶやきは、一旦ここで終わりにします。
またそのうちに。

※いつものように、Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介しようと思ったのですが、見つけられませんでした。

◆iTunes StoreでIshman Braceyをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : イシュマン・ブレイシー Ishman Bracey(1928-30) ジャクスン・ブルース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。