スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chain Gang Songs/ジョッシュ・ホワイト

ほとんど前情報無しで買ってしまいました。
時々やってしまうんですよね。内容を確認もせず、何となく「きっとこれは~!」って手を出してしまう…。

かろうじて、書籍「ブルースの歴史」で名前を目にしていたくらいでしょうか。
というか、この人がその人なのかも良く分からないくらいですね。

それが、ジョッシュ・ホワイトJosh White)の、

Chain Gang Songs

Chain Gang Songs中古の輸入盤ですが、アルバムについては今でも全然分かりません。

ジャケットはこのようなタイトルになっていますが、よく見ると、A面がChain Gang Songsで、B面がSpirituals and Bluesと分かれています。裏ジャケットのタイトルも「Chain Gang Songs,Spirituals and Blues」となってますね。

いや~、さっぱり分からないですね。ここまで分からないのも困ったものです。
ジョッシュ・ホワイトという人を「ブルースの歴史」で調べてみると、

子供の頃から、盲目の歌手が街角で歌ったりする際に、彼らの「眼」となって彼らの手を引いて歩いていたそうで(11年以上もの間とのことです)、その中には、ブラインド・レモン・ジェファーソンやブラインド・ブレイクらもいたそうです。
そうこうしているうちに、自分でもギターが弾けるようになり、歌うようにもなったそうです。
(参考:「ブルースの歴史」/ポール・オリヴァー著)

その後の活動はやはり良く分からないのですが、1950年代終盤から60年代初頭のフォーク・リヴァイヴァル・ブームの中、黒人民謡を白人聴衆向けに歌い、人気を博したようですね。

で、今回のアルバムを聴いてみると、その頃の演奏でしょうか。
全編通して、艶やかなヴォーカルとブルージーというかジャジーなアコースティック・ギターを弾いていて、そのオシャレなバンドによるサウンドはかなり洗練されています。

真っ先に思い浮かんだのが、ライ・クーダーですね。そっくりです。
ライ・クーダーも影響を受けているのでしょうか。

聴いた感想はそれとして、結局、このジョッシュ・ホワイトという人の事は定かでないですね。勉強不足です。
もし、間違っていたら、どなたかに教えてもらいたいくらいです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。ていうか、AmazonにCDがあってビックリしました。

◆iTunes StoreでJosh Whiteをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ジョッシュ・ホワイト Josh White Chain Gang Songs

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。