スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Southern Accents/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

前も書きましたが、ニュー・ウェイブ系のように扱われた初期の頃のイメージが良くないんですよね。
けど、実際はそんな事は無く、今やアメリカを代表するロック・ミュージシャンで、その音楽性は懐が深いですよね。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズです。手にしたアルバムは、

Southern Accents

Southern Accents1985年発表のアルバムです。輸入盤を購入しました。

トム・ペティで最初に手にしたのは、1986年発表の「Pack Up The Plantation - Live!」ですが(記事はこちら)、そもそもトム・ペティの音楽が最初に気になり出したのは、このアルバムからの曲でした。

「Rebels」とか「Don't Come Around Here No More」、「Make It Better (Forget About Me)」等、どの曲もよく耳にしていましたし、ライブ・アルバムを聴いて更に気に入ってしまって、追っかけでこのアルバムを手にした訳です。

基本的にはストレートなロック・ナンバー主体ではあるのですが、いいんですよね、この人。
このアルバムに関してはバラエティに富んでいるとも言えますが、南部の音はもちろん、それらをベースにした様々なロックの創世記の音をリスペクトした音作りのように聴こえてくるんですよね。

相変わらず、鼻が詰まったような甲高い、ちょっと甘ったるい声でシャウトしてるんですが、やっぱりそれも含めていいですね。
この声質ゆえ、敬遠されるところもあるのでしょうが…。

アルバムの中では特に「Southern Accents」が大のお気に入りです。渋いです。
しみじみ聴いてしまうんですよね。

なんか、音楽に対する誠実さが感じられるとでも言うんでしょうか、それがバンドの音として出てきていて、こちらも惹き付けられるんですよね。
(それがかえってかっちりした印象にとられるところもあるようですが)
おっと、マイク・キャンベルをはじめとするハートブレイカーズの演奏も忘れてはいけませんね。

それにしても、トム・ペティはリッケンバッカーが似合ってるんですよね~。
結構、憧れてしまいました(笑)

実は、トム・ペティはこの後もかなりハマりました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでSouthern Accents - Tom Petty & The Heartbreakersをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ Southern Accents トム・ペティ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。