スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーライン/ライ・クーダー

スライド・ギターの名手。アメリカをはじめルーツ・ミュージックを見事に取り込んだボーダーレスの音楽性。
とにかく、この人の音楽は懐が深いです(って、前回も言ってましたね。ボキャブラリー不足です…)。

ライ・クーダーです。今回のアルバムは、

ボーダーライン」(Borderline

ボーダーライン1980年発表。
これまでこのブログに出てきた「バップ・ドロップ・デラックス」(1979年)と「スライド天国」(1982年)の間に出されたアルバムですね。
手にしたのは中古の輸入盤です。

アルバム全体を聴いてみると、どちらかというとロックというかリズム&ブルースよりの音作りともいえますが、テックス・メックス等のルーツ・ミュージックの要素もやはり取り入れられてますね。
ゴスペル調のコーラスが相変わらず入ってきていて、これもこの人の特徴ですよね。

1曲目の「634-5789」から、歯切れのよいリズムとギターがご機嫌ですが、このアルバムのギターは特に渋くて、ペキペキした音質で、控えめながらも見事にサウンドを支えている感じでしょうか。
スライドは当然として、ギターは相変わらず巧みで、自由自在でカッコいいですよねぇ。

A面4曲目の「Down In The Boondocks」のような、この人のミディアム・テンポでリズムの効いた曲は本当にたまりません。
ジム・ケルトナーのドラムも効いてますよね。

それに、先の2枚でもそうなんですが、B面1曲目の「The Way We Make A Broken Heart」のようなしみじみとした曲は、豊潤で本当に心にしみてくるんですよね。大好きです。

レコード盤を見ると、B面4曲目の「Borderline」以外は他の人の作品のようです。輸入盤で原曲の事は良く分からないのですが、カバーだとしても、どの曲もきっと見事にアレンジがされてるんでしょうね。

ライ・クーダーのアルバムは全て聴いているわけではないですが(共作やサウンドトラックも多いですしね)、個人的な音楽の好みもあって、この頃のアルバムは特に気に入ってます。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorderline - ライ・クーダーをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ライ・クーダー ボーダーライン Ry Cooder

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。