スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Man And The Blues/バディ・ガイ

バディ・ガイ関連のアルバムで最初に手にしたのは、メンフィス・スリムと一緒に演奏していて、どちらかというとサポートにまわっていたアルバムでした(詳しくはこちら)。

すっかりそのギターが気に入ってしまい、単独アルバムを聴いてみたいと思っていたのですが、初めて手にした単独のアルバムは結構経ってからで、それが、

A Man And The Blues

A Man And The Blues元は1968年発表のようですが、購入したのは1987年再発の輸入盤です。
レーベルがチェスからヴァンガードへ移って最初のアルバムですね。

1曲目のタイトル曲のねっとりしたブルースから始まるこのアルバムは、バディにしては抑え気味なのかもしれませんが、セッションしているような緊張感も感じられ、かなり楽しめます。

アルバムとしては初期の録音ですが、既にバディの魅力一杯です。
エレクトリッック・ブルース・ギターの見本のようなそのギターはたまらないですね。
絞り出すような、ヒステリックなヴォーカルもなかなか迫力があり、この人の魅力ですよね。
(好みは分かれるところですがね)

以前このブログでも出てきた、スティーヴィー・レイ・ヴォーンがアルバム「Texas Flood」でカバーしている「Mary Had A Little Lamb」はお気に入りの曲です。

1950年代後半にオーティス・ラッシュ、マジック・サムとともに、シカゴ・ブルースの新世代として登場して、活躍したバディ。
マディ・ウォーターズのバンドのギタリストにもなってましたね。

1980年代は活動が鈍るも、1990年代からのバディ・ガイは怒濤の勢いで活動が活発になってきますよね。
ロック系のギタリストとの交流も盛んになり、普通のロックファンにも人気急上昇でした。

当然、私もその流れに乗っかって、CD買ったり、来日コンサートを観に行ったり、すっかりバディにやられてしまいました。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
◆Amazonでバディ・ガイをチェックする。

◆iTunes StoreでBuddy Guyをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : バディ・ガイ A Man And The Blues Mary Had Little Lamb

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。