スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガスト/エリック・クラプトン

前作「ビハインド・ザ・サン」では、それ以前と随分とサウンドが変化して、正直言うとちょっと興味が離れた所はあったのですが、新譜が出たとなるとどうしても手が出てしまいました。
何と言っても、私をこちらの音楽に導いてくれたミュージシャン、クラプトンですから。

オーガスト」(August

オーガスト1986年発表ですね。
前作に引き続き、プロデューサーにフィル・コリンズを起用していて、この時代に合ったポップな音作りは変わらず、やはり“渋い”系の音は見当たりません。

ただ、このアルバムには興味深い曲が結構有ります。

「イッツ・イン・ザ・ウェイ・ザット・ユー・ユーズ・イット」(It's in the Way That You Use It)は、国内盤タイトルが「ザ・ギフト」となっていますが、映画「ハスラー2」の主題曲で、ロビー・ロバートソンとの共作ですね。
    
「ティアリング・アス・アパート」(Tearing Us Apart)はティナ・ターナーとのデュエットが話題になり、メディアでもよく目に耳にしました。

「バッド・インフルエンス」(Bad Influence)は、この頃人気が出てきたブルースマン、ロバート・クレイの曲ですね。ただ、かなりさらっとやってますが。

「ホリー・マザー」(Holy Mother)は副題で「リチャード・マニュエルに捧ぐ」となっています。1986年3月4日に自殺したリチャード・マニュエルに捧げたものですが、個人的にも彼のヴォーカルは大好きなので、この曲、さすがにこのギターにはグッときますねぇ。

「ビハインド・ザ・マスク」(Behind the Mask)はなんとYMOのカバーですね。更にマイケル・ジャクソンによりメロディの追加と補作詞されたヴァージョンとのことで、元々マイケルが「スリラー」に収録するという話があったものです。
(昨年、マイケルのオリジナル・ヴァージョンが発表されていました)

前作からのこの時期の音作りが大きく変わったのを、“最近のクラプトンは…”なんて思っていたのですが、もう25年も前の話なんですね。
改めて聴いていくと、なかなか面白いアルバムではありますね。

この頃のクラプトンの活動自体はかなり充実した時期でもあったと思います。
これで、ますます広くロック界のスターとなっていったのは間違いなかったですからね。

ただ、やっぱりちょ~っとポップだなぁ~。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。
CDにはボーナス・トラックで「グランド・イリュージョン」という曲が収録されてるんですね。


◆iTunes StoreでAugust - エリック・クラプトンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : エリック・クラプトン オーガスト August トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。