スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラネット・ウェイヴ/ボブ・ディラン

ディランのアルバムは多すぎて、聴きたいと思っても何に手を出すか、なかなか迷ってしまいます。
そんな中で、やはりこういうアルバムに、まずは手が伸びますよね。
ザ・バンドがバックを務める、

プラネット・ウェイヴ」(Planet Waves
※現在は「プラネット・ウェイヴズ」の表記ですね。

プラネット・ウェイヴアサイラム・レーベルに移籍し1974年に発表した、初のビルボードNo.1になったアルバムですね。
中古の国内盤を手に入れました。

このアルバムの前辺りの活動が、レーベルの移籍問題も絡んでか、今ひとつすっきりしていなかったようなので、再びザ・バンドと組むという事と、更にこのアルバム発売と同時にザ・バンドと全米ツアーを行うという事で、かなりの話題になったようです。
(このツアーの模様がライブ盤「偉大なる復活」ですね)

ザ・バンドをバックにするのは、スタジオ盤としては初ですが、もちろん旧知の仲ですから、息もぴったりではないでしょうか。。
何だか聴いていてにんまりしてしまいます。
好みはあるんでしょうが、個人的にはこういうラフな感じが好きなんですよね~。

ちなみにザ・バンドは「ムーンドッグ・マチネー」(1973年)の後になりますね。
バンドとしては既に後期で、結果的には解散も近くなっている時期ですが、演奏自体は充実していてやはり素晴らしいですね。この後には私も大好きな「南十字星」(1975年)を発表してますからね。

代表曲でもある「いつまでも若く」(Forever Young)がA面最後とB面最初に2ヴァージョン入っていて、A面が耳慣れたゆったりしたテンポの方で、B面がアップテンポですね。名曲です。

バックの演奏が気になる所ではありますが、アルバム最後を飾るアコースティック・ギターのみの曲「ウェディング・ソング」(Wedding Song)は、演奏と歌に臨場感があって、とても感銘を受ける印象深い曲です。

ザ・バンドの演奏でディランを聴く事ができて、ちょっと得した気分、というのが正直なところで、聴き方が浅すぎかな。
こうなると当然、「地下室(ザ・ベースメント・テープス)」も聴きたくなりますよね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでPlanet Waves - ボブ・ディランをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ボブ・ディラン プラネット・ウェイヴズ Forever Young ザ・バンド

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

いや、ザ・バンドをバックにディランはお得って感じでいいんじゃないですかね(笑)。
「フォーエバー・ヤング」は明らかにおっさんが唄う歌っぽくてあんまり好きではなかった筈なんですが、何故か頭の中ではヘビーローテーションでかかってます(笑)。好きなんかな‥‥。

Re: はじめまして

はじめまして、よしのさん。
はい、お得ということでお願いします(笑)
私もすっかり「フォーエバー・ヤング」がしみてくるようになりました。
やっぱり好きなんでしょうね、この曲。
プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。