スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーグルス・ライヴ

何とも抜けていると言うか、何と言うか。
肝心要のアルバム「ホテル・カリフォルニア」は気がつけば所有してないと言う、残念な状態なんです…。

イーグルスは随分と聴いていたつもりではいたんですが、以前のアルバムも含めてカセットテープでという、いつものパターンなんですよね。
けど懐かしいです。中学生の時に知り合いから「ホテル・カリフォルニア」を借りて、カセットテープで一生懸命聴いたのを。

で、イーグルスのアルバムとして手にしたのが、

イーグルス・ライヴ」(Eagles Live

イーグルス・ライヴ1980年発表のイーグルスとしては初のライブ・アルバムで2枚組ですね。
発表としてはアルバム「ロング・ラン」(1979年)の後になりますが、収録は1976年と1980年のライブからです。

1曲目の「ホテル・カリフォルニア」から最後の「テイク・イット・イージー」までベスト・アルバムとなる選曲で、イーグルスのサウンドをライブで堪能できます。

ジョー・ウォルシュのソロからの「この人生に賭けて」が、アルバムの中ではライブとしてちょっとハードで、いいアクセントになっているのではないでしょうか。

演奏は見事に完コピです。
それはそれで本当に凄いですよね。演奏はさることながら、コーラスなんかも完璧ですからね。

けど、それってスタジオ・ヴァージョンがいかに完成度が高いかという事ですよね。
それとそれをステージで再現できる素晴らしさ。
アルバムでは、その完成度をライブの熱気と演奏の臨場感を感じながら聴く事ができるんですから、これはたまりません。完璧最高です。

ここで、いちいち説明するのもヤボですし、どうのこうの言える程、詳しくありませんが、イーグルスは1971年に結成し、このブログでも時々出てくるロサンゼルスを拠点としていたアサイラム・レコードからデビューしていて、ウェストコースト・ロックといえば真っ先に名前が挙がる、歴史的にも本当に偉大なバンドですよね。

それに、こうやって年代を見ると随分と昔から活躍してるんですよね。

とにかくイーグルスは楽曲が本当に素晴らしいです。
ベスト・アルバムとなる選曲と言いましたが、これを聴くと、やはり初期のカントリー色の強い頃のサウンドもちゃんと聴きたくなりますよね。

結局、この後さかのぼることになるんです。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでEagles Live - イーグルスをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いします。
このブログ内の関連記事

tag : イーグルス ライブ Eagles Live

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。