スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーン・イン・ザ・U.S.A./ブルース・スプリングスティーン

「ボス」の登場です。
間違いなく“アメリカ”を代表するロッカーですね。
ブルース・スプリングスティーンです。

ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born In The U.S.A.

ボーン・イン・ザ・U.S.A.1984年発表の7枚目のアルバムで、言わずとしれた大ヒット作です。

その人気を決定づけた、誰もが認める世界的スターへと押し上げたアルバムですね。
実は、弟がハマりまして、これは弟所有のアルバムで、便乗して聴かせてもらいました。

前作はアコースティック・ギターとハーモニカによるアルバムだったため、バック・バンドであるEストリートバンドを従えては、3年9ヶ月ぶり(かな?)のアルバムです。

正直言いますと、サウンドやメッセージ性の高さを含めてストレート過ぎて、聴いていてちょっと気恥ずかしいところがあったんですよね。

ただ、そのロックン・ロールに対する純粋な姿勢、演奏、魂のこもった激しく叫ぶヴォーカル等、迫力あり、説得力があります。
デビュー以来バックを務める、Eストリートバンドの演奏もそれらを見事にサポートしていますね。
(Eストリートバンドは1988年に発展的解散)

タイトル曲の「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born in the U.S.A.)や「ダンシン・イン・ザ・ダーク」(Dancing In The Dark)等、ノリの良い曲も渋い曲も、どの曲も印象的で、実際、半分以上がシングルカットされていて、どの曲もヒットしたのではないでしょうか。

そのタイトル曲の「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」の歌詞の内容を見るとベトナム戦争後の苦悩を扱っていますが、そのサビのフレーズの勢いのせいで、愛国歌というように捉えられて、政治にも利用されそうになっていたようですね(レーガン大統領のキャンペーンでしたか)。

日本でも、メディアはアメリカの代弁者として、どちらかというとアメリカの愛国歌みたいに扱っていたようにも思います。

そう考えると、私自身がそのメディアが植え付けたイメージをモロに受けてしまった気がします。
情けなく、お恥ずかしい話ですが、そうとなれば、過去のアルバムもきちんと聴かないとダメですね。


※Amazon.co.jpのアソシエイトプログラムでCDを紹介していますが、もちろん記事中の所有のものとは同じものではないのでご了承願います。

◆iTunes StoreでBorn In the U.S.A. - ブルース・スプリングスティーンをチェックする。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 人気ブログランキングへ
このブログ内の関連記事

tag : ブルース・スプリングスティーン ボーン・イン・ザ・U.S.A. Bruce Springsteen

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アナログおじさん

管理人:アナログおじさん

昔はバンドをやっていたという、よくあるパターンのおじさんです。
長い間東京にいたものの、現在は北海道小樽市在住。
マニアでも専門家でもないので内容の曖昧さはご勘弁を。

Sony Music Shop
Sony Music Shop
Ranking
ランキングに参加中。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
このブログ内を検索する
最新記事
iTunes 検索
Amazon
チケットぴあ
チケットぴあ
カテゴリ
CCR (3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。